kufura(クフラ) 仕事も家庭も、私らしく!を叶えるヒント

照明コンサルタントが教える「リビングが一気にオシャレになる」ライトの選び方

はてなブックマーク facebook Twitter LINE

リビングは家族のくつろぎの場所。特に毎日仕事に家事に忙しい女性にとって、居心地のいい空間であって欲しいものですよね。そこでリビングを素敵空間にするため、照明に目を向けてみませんか? 明かりが変わると空間自体の雰囲気が一変し、またデザイン性の優れた照明はオシャレのアクセントとなります。

今回は、照明コンサルタントの筆者が“電気工事なしでリビングのオシャレ度を一気にあげるライト”を3点ご紹介します。

1:スタンドライト

備え付けの照明だけで部屋の明るさを確保できる場合や、リビングにシーリングライトを使っているお宅では、取り立てて必要性のないスタンドライトですが、今回はスタンドライトを使った間接照明の素敵な演出をご提案します。

小ぶりなスタンドライトをテレビの後ろや大型家具、観葉植物などの後ろに配置して、光源が直接視覚に入らないようにします。夜間、シーリングライトの明るさを落としてスタンドライトを点けると、リビングに新しい演出効果をもたらしてくれます。

もちろんリビングの天井がダウンライト(天井に埋め込む形で設置される照明、下の写真参照)というお宅でもOK。

点灯させるダウンライトの数を減らしてスタンドライトを併用すると、お部屋は落ち着いた雰囲気になります。

 

2:変形型シーリングライト

お部屋に引掛けシーリング(シーリングライトを設置するための電源)しかない場合、ちょっと変わったシーリングライトを用いるのも一案です。

(1)シーリングファンライト

多くは電気工事を必要とするシーリングファンですが、引掛けシーリングに取り付けられるタイプのものもあります。天井が高めのお宅にオススメです。

(2)布で覆われたシーリングライト

布で覆われているだけで間接照明の効果を得ることができ、落ち着いた空間に仕上がります。ただ、通常のシーリングライトよりも明るさが抑えられてしまうので、好みやライフスタイルにもよりますが、やはりもっと明るさを確保したいということであれば、ここにフロアスタンドライトをプラスしてみましょう。

フロアスタンドライトは手元を照らすものだけでなく、壁面を照らすものや床に直置きして天井を照らすものなどがあり、補助照明としての役割に加えおしゃれな空間を作るアクセントとなってくれます。

3:照明をオブジェのように

おしゃれ演出のために、照明をオブジェのように飾るのもオススメです。明かりをつけてもよし、つけなくても置いてあるだけでお部屋を格上げしてくれます。

こちらは観葉植物を入れることのできるフロアランプです。LED電球ですので熱を持つこともなく、安全に使用できます。せっかくお部屋に観葉植物を飾るのであれば、新たな演出として明かりを加えてみるのはいかがでしょうか。

また、和室にもオブジェとしての照明を用いることでモダンな雰囲気を作りだすことができます

床に和テイストなフロアランプを置くことで和室の雰囲気が一変し、柔らかい落ち着いた空間を演出することができます。和紙や竹、陶器などの素材を使った照明であれば和室になじみ、部屋全体をまとまりあるものに仕上げてくれます。

 

いかがでしたか? 照明器具をプラスするだけで、リビングの雰囲気が変わります。今よりおしゃれなリビングにしたい、くつろげる空間にしたい、と思っている方、ぜひ紹介したアイデアを取り入れてみてくださいね。

【取材協力】

コイズミ照明株式会社

はてなブックマーク facebook Twitter LINE