子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

海外旅行に行けない今…代わりにこんなことして楽しんでます!

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

海外旅行を楽しみにしている人も少なくないかと思います。でも海外旅行に行くのが難しくなった今のご時世、行きたくても行けない!というモヤモヤを皆さんはどう解消していますか? 『kufura』では20代から50代の女性151人にアンケート調査を実施し、海外旅行に行けない今、代わりにして楽しんでいることを聞きました。

オンラインで海外の風を

「海外のラジオを聞く」(39歳/学生・フリーター)

「インターネットで海外の友人と連絡を取る」(33歳/その他)

「オンラインの海外イベントを楽しんでいます。行ったつもりで、好きな国の料理を作ったりしています」(41歳/その他)

「今はオンラインの英会話が格安なものが多いので、仕事の幅を広げるためにやっています。仕事もコロナの影響で減っていて時間もあるので」(54歳/その他)

映画を吹き替えなしで見たり、海外のラジオを聞いたり、外国語が聞こえてくるだけで異国気分を味わえますよね。海外のラジオチャンネルが聞けるアプリもあるので、気分によっていろんな国のラジオにチャンネルを変えて聴いてみてはいかがでしょうか。

語学勉強も時間がある今だからこそ、行ける日に備えて準備しておきたいものです。

映像でバーチャル海外旅行

「YouTubeで旅系の動画を観て、バーチャル海外旅行を楽しんでいます。旅上手な人の動画は、次に自分が旅行するときにも役立ちます」(45歳/その他)

「タイ在住の日本人のブログやYouTubeなどを見て楽しんでいる」(50歳/その他)

「VRで楽しむ」(46歳/その他)

「グーグルマップのストリートビューでいろんなところを歩いてる気分に浸っている」(32歳/総務・人事・事務)

「ネットで行きたいところの美しい景色を眺める」(57歳/その他)

「リビングで『世界遺産』のDVDを見ます」(36歳/総務・人事・事務)

「ハワイが好きで今年も行く予定でしたが、出発の前日に渡航自粛要請があり断念。YouTubeなどの動画を見て楽しんでいます」(53歳/主婦)

「ネットで旅行ガイドをみて、イメージトレーニングしています」(56歳/コンピュータ関連技術職)

美しい景色や町並みを取り上げた紀行番組もいいですが、現地の人のブログやYouTubeはよりリアルな暮らしぶりが伝わってきて現地に暮らしている気分に浸れそうです。
グーグルマップのストリートビューは以前に増して画質もクリアになり、面白いのでゲーム感覚でついついやってしまって何時間も経っていた、なんてことも。

また映像でバーチャル海外旅行を楽しむ人がいる一方、写真や旅行記、音楽などから想像力を働かせて妄想旅行を楽しんでいるという人もいました。

「海外の写真を見て、行った気になる」(37歳/公務員)

「世界の絶景や海外の景色、街並みがわかる写真のある本を読んでいる」(28歳/主婦)

「旅行記を読んで、コロナ終息後に行けそうな旅行先について調べることを楽しんでいる」(40歳/コンピュータ関連以外の技術職)

「ハワイが大好きなので毎日アロハ音楽をかけて雰囲気だけは味わってます」(42歳/主婦)

旅の思い出に浸る

「昔、海外旅行をした時のアルバムを見返しています」(31歳/その他)

「子供がもう少し大きくなったら海外旅行へ行きたいねと夫婦で話し、新婚旅行で行ったモルディブ、シンガポールの思い出を思い返し話したり、写真を見返したりする」(26歳/主婦)

「今まで行った海外旅行の写真を見返して思い出に浸る」(28歳/その他)

「海外旅行で買った服を着る」(44歳/その他)

まだ見ぬ土地を想像する人、旅の思い出を振り返る人。旅の楽しみ方はそれぞれです。
「海外旅行で買った服を着る」という声にはなるほどと思いました。旅先で解放的な気分になって買った服が日本に帰ってきたら一度も袖を通していない、なんてことありませんか? この機会にタンスから引っ張り出して着たら、きっと旅の楽しい記憶が蘇ることでしょう。

各国料理を堪能

料理店で異国情緒を味わう

「海外に行けなくなったのでベトナムやタイ料理屋さんに行って、気分だけでも楽しんでます」(32歳/学生・フリーター)

「韓国が大好きですが行けないので、ガイドブックを見たり、韓国料理を作って食べたりしています」(56歳/その他)

「家で海外風のご飯を作る」(28歳/総務・人事・事務)

国内でもいろんな国の料理を楽しめるレストランがあるので、異国情緒溢れる店内で海外に行った気分を味わったり、働いている外国人の方と話をして文化交流を深めるのもありですね。

現地の味をお取り寄せ

「お取り寄せグルメ」(28歳/総務・人事・事務)

「ロブスターを食べにカナダに行きたかったが行けなかったので、インターネット通販でカナダ産ロブスターを買って食べた」(55歳/主婦)

「最近はしてないけれど、行ったことがある台湾のフルーツケーキ、カナダのメープルチョコを通販で買ってました」(36歳/その他)

「食べ物など韓国一色になっています」(25歳/学生・フリーター)

「自宅で過ごすことが多くなったので、インテリアやテンションの上がる食材や飲み物を買って、おうち時間を楽しんでいます」(52歳/その他)

「世界の美味しいものをレトルトなどで食べる」(33歳/その他)

海外のものを気軽に取り寄せられる便利になった世の中。人の行き来はできなくとも現地の味は取り寄せることができるので、味だけでも楽しみたいものです。
また海外の食材を扱っている店も探してみると意外に近所にあったりします。知らない食材で妄想料理を楽しむのも面白いかも!?

海外に行くための貯金

「行けないから行くときのことを想像し、旅行先で贅沢に使おうとひたすらお金を貯めている」(46歳/公務員)

「将来的に海外旅行にいくために貯蓄してます。過去の旅行写真を見て楽しい思い出に浸ることはあります」(38歳/主婦)

「海外に行きたいから、そのために稼ぐ!というマインドになっています。コロナが落ちついて、子供も少し大きくなったらまた行きたい」(35歳/デザイン関係)

海外に行ける日がきたときのために、今はひたすら“貯金”に励んでいる人も。また、「いつかの日に備えて情報収集を怠らずしている」(37歳/その他)という、準備万端な人もいました。

視点をぐっと変えて

国内の旅を楽しむ

「国内ゴルフ旅行に頻繁に行っています」(57歳/主婦)

「リゾートが好きなので海の綺麗なところによく行ってた」(32歳/主婦)

「近場の旅で我慢してます」(34歳/主婦)

「日本の温泉旅行」(37歳/その他)

「国内で良い旅館でのんびりすること」(40歳/その他)

「グアムが大好きで何度も行ってましたが行けずで、京都に行ってます」(42歳/コンサルタント)

「日本は日本で楽しい」(48歳/営業・販売)

旅行というとついつい海外ばかりに目が行きがちですが、見渡してみると日本も良いところがたくさんあります。温泉や旅館など動き回るより滞在型で“のんびり”を楽しんでいる人が多いようです。

地元で楽しむ

「カフェでパンケーキを食べた。国内に目を向けた」(27歳/学生・フリーター)

「近所でおいしいものを食べる」(57歳/その他)

「自分の周りのお店探索などを趣味にするようになりました」(23歳/学生・フリーター)

「地元のホテルに宿泊やランチに行く」(27歳/主婦)

「県内で温泉に行く」(43歳/総務・人事・事務)

ぐっと視野を狭めてみると、”灯台下暗し”で意外と見落としていた地元の名店やお気に入りの場所が見つかりそうです。ネットなどに頼らず、フラフラ歩いてみるのもよいかも。

趣味を楽しむ

「韓国ドラマ」(41歳/主婦)

「ランニングにはまってる」(57歳/企画・マーケティング)

「マンションのベランダでガーデニング」(50歳/総務・人事・事務)

「昔好きだったバンドのレコードやCDを大人買いしている」(51歳/主婦)

「アプリやスマートウォッチで記録しながらウォーキングとダイエットに励んでいる」(51歳/その他)

ドラマ、ガーデニング、ダイエット……と旅は潔く諦め、趣味に走っている人も多いようです。こんなに時間があるのは今だけなので、どっぷり趣味に没頭するのもよさそう。

 

いかがでしたか。バーチャルで海外旅行を楽しんでいる人もいれば、国内に目を向け身近での旅行を楽しんでいる人、また視点をぐっと変えてランニングやガーデニングなどの趣味を楽しんでいる人。みんな上手に思考を切り替え、楽しむ努力をしているようです。いつかまた自由に行き来できる日を待ちわびながら、今できることを楽しみたいですね。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
kufura members募集中
連載・特集
人気の記事