子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

とら、トラ、寅!2022年のお年賀は寅グッズで決まり!【プチプラ極上ギフト#1月】

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

ママたちの暮らしに何かと欠かせないギフト。わたくし、庶民派フードジャーナリストの中田ぷうが、毎月ホントに使えるプチプラギフトを紹介していくこの企画。
新年明けましておめでとうございます! 2022年の干支は寅! 年始のご挨拶で渡すなら、ぜひ縁起のいい今年の干支が描かれたものがおすすめです。そこで下は150円から買えるものをセレクト。ただし“干支もの”は関東だと1月7日あたり、関西では15日あたりまでとどちらも“松の内”までしか販売していないので、必要な人はお早目にご用意くださいね。

税込み150円から買える、干支珈琲&干支お茶

まずは気軽に買える金額のものから。

『カルディ』の「カフェカルディドリップ 干支珈琲」(寅赤・ラオス、寅緑・グアテマラ、寅黄・百年樹珈琲)各150円(税込)と、「干支茶 寅(5パック入り)」180円。どちらも100円台で買えるものなので、渡す方ももらった方も負担がないのがいいところ。でもどちらもちゃーんと寅が描かれていてかわいいんです。

毎年出ている「花王」の干支せっけんもおすすめ

『花王』の干支石けんは、いつも正月2日に銭湯の“初風呂”に参戦しては“お年賀”としていただいていたもの。いつもかわいいなぁと思い、いつしか私も“お年賀”として使うようになったアイテムです。

石けんって必ず使うものですからもらっても負担にならないし、しかもこんなにかわいいパッケージに入っていると、もらったときうれしいですよね。私は去年末に近所のドラッグストアで3個セット164円(税込)で買いました。

目上の人や仕事の人にも渡せる、ブランド干支スイーツ3選

まずは私がお年賀に必ず使う、『とらや』の小形羊羹(いつもサポートしてくれる母や親せき、仕事先の人にお渡ししています)。毎年、年末年始に売り出される小形羊羹のパッケージにはその年の干支が描かれているのですが、これがかわいくて、お年賀にするとすごく喜ばれるんです。

しかも今年は虎柄の限定化粧箱入り5本セットが発売(1,620円・税込)。なんでこんなにも今年、「とらや」の気合が入っているのかと思ったら、そうでした! 12年に1度の寅年こそ「とらや」を楽しんでいただきたい!というコンセプトだったんですね(笑)。

これは年始にうれしいギフトですよね。

そして『両口屋是清』の「干支羊羹<半棹>」972円(税込)。こちらの干支羊羹は華やかで愛らしいタイプ。煉羊羹(ねりようかん)に錦玉羹(きんぎょくかん。寒天と水を煮溶かし、砂糖を加えて冷やし固めるため、透明感ある美しさを持つ)と上南羹(錦玉羹に、きめ細かい米粉である上南粉を加えたもの)を合わせて作られた羊羹で、竹林にたたずむ虎たちが描かれています。松の内にふさわしい、華やかな和菓子です。

バームクーヘンで有名な『クラブハリエ』からは、「バームmini4個入ニューイヤー」1,728円(税込)。このド迫力な紙箱! でもどこか愛嬌があるかわいらしい寅が描かれています。

『クラブハリエ』のアニマル紙箱と言えば、以前この連載でもご紹介した、池袋東武店でしか購入できないフクロウの紙箱もあり、こちらも多いときは1日500個売れるという人気商品。この“ニューイヤー干支箱”も数量限定ですので、欲しい方はぜひお早目に!

中には『クラブハリエ』らしいしっとりとしたおいしい、食べきりサイズのバームクーヘンが入っています。切り分けないでバームクーヘンが食べられるところもギフトとしてぴったりですよね。

 

年ごとにめぐってくる干支は、まさにその年の福を呼び込む縁起もの。中でも寅は、昔から絵や民芸品の題材としても親しまれ、災いを除ける動物として親しまれてきました。ぜひ縁起のいいものを贈って、まわりに“福”をまいてくださいね。

撮影/中田ぷう

※掲載商品はすべて中田さんが個人的に購入されたものです。

※限定商品のため完売の場合もあります。ご了承ください。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
人気の記事
連載・特集