子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

冬っぽさ満点!「チェック柄」オトナの取り入れ方は?【kufuraファッション調査隊】

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

冬のおしゃれの楽しみといえば「柄物」。とくに「チェック柄」はあるだけで冬っぽさが楽しめる優秀アイテム。ひとつは持っておきたいアイテムながら、どのアイテムでチェック柄を取り入れるか悩みますよね。そこで今回のkufuraファッション調査隊では、Instagramで見つけた素敵なチェック柄のコーディネートを調査してきましたよ! それでは早速ご紹介していきます。

まずは手軽にマフラーで取り入れる

まず取り入れやすいアイテムといえば「マフラー」ではないでしょうか。@tsu.lp_39さんのように寒色カラーのチェックなら、子どもっぽくならず大人でもシックに持てますね!

チェック柄アウターの選び方は色と大きさ

@kazuha_y5さんのコーディネートをご紹介しました。アウターでチェック柄を取り入れるって勇気がいるかと思いきや、シックな色味を選べば間違いなし! 『White Collection(ホワイトコレクション)』で購入したコートは程よい柄の匙加減で、大人コーデにピッタリなコートです。

@say011さんのコートは『TODAYFUL(トゥデイフル)』のもの。チェック柄が細かいので、面積の大きなコートでも主張は控えめです。チェック柄のコートを探すときには、柄のサイズにも注目したいですね。

大きめのチェック柄コートなら、コーディネートの主役に! @love.we.arさんのコートは『Birthday room(バースデイルーム)』のもの。カジュアルに着まわせるコートはひとつ持っておくと、シンプルコーデがパッと映えます。

いつものパンツをチェック柄に変えてみる

@emi_pierrotさんのコーディネートをご紹介しました。スタイルアップするハイウエストのパンツも定番となりましたよね。いつものパンツもチェック柄にするだけで、一気に秋冬っぽく。手持ちのニットとの相性も抜群です。

@miyapumiさんのチェック柄パンツは『しまむら』のもの。キャスケットをあわせてフレンチシックな印象に。パンツ以外のアイテムは、シンプルにまとめることが、バランスよく見える秘訣です。

 

コーディネートの主役に「チェックスカート」

ロイヤルブルーのきれい色ニットとチェックスカートが美しい@iwao_nolさんのコーディネートをご紹介しました。『NOLLEY’S(ノーリーズ)』のものだそうです。端正な印象のあるチェックとロイヤルブルーの組み合わせは、ぜひ真似したいアイデアです。

@____sappi____さんのスカートは『しまむら』のもの。絶妙なフレアシルエットとウエストゴムが楽ちんで、とにかくはきやすいそう。人気インスタグラマー@terawearさんとしまむらコラボ商品「terawear emu」です。

@aka_wear__さんのコーディネートをご紹介しました。スウェットとあわせたチェックスカートは『しまむら』のもの。こちらも人気インスタグラマー@terawearさんとしまむらコラボ商品「terawear emu」。カジュアルなスタイルも端正なスタイルも両方使えるチェックスカートは、着回し力抜群です。

タートルネックニットとスカートコーデをご紹介してくださった@rococo39さん。右下のチェックスカートは『Sylph(シルフ)』で購入されたそうです。冬らしいチェック柄とタートルネックの組み合わせはぜひ真似したい! 本格的に寒い日のおしゃれとして楽しみたいですね。

『LOWRYS FARM(ローリーズファーム)』のチェックスカートを着こなした@___3e____さん。カーキのお色味がこの上なくシック! 大人っぽいチェック柄アイテムは、色選びも気をつけたいですね。

@karepyosさんも同じくスウェットにチェックスカートをあわせたコーディネート。チェック柄スカートは『LAKOLE(ラコレ)』のもの。大人気のプリーツスカートにもチェック柄を取り入れると、より今っぽく。

チェックスカートといっても、フレアやプリーツなどシルエットや素材感も様々なので、ぜひなりたい印象で選んでみたいですね。

 

以上Instagramで見つけた素敵なチェック柄アイテムをご紹介しました。マフラー・アウター・ボトムス……とチェック柄が豊作な今年。ぜひお気に入りの1着を見つけてください!

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
人気の記事
連載・特集

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表記の場合もあります。

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表記の場合もあります。