子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

脱マンネリ味!チャーハンがいつもと違う美味しさに変わる調味料を大調査

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

手軽においしくできるチャーハンは、まさに主婦の救世主。休日のランチや、1日疲れたときのお手軽晩ごはんとして、パパっと手早く済ますことができて便利ですよね。ですが、味付けがワンパターン化しがちなのが悩みの種……。

そこで『kufura』では379名の女性を対象に、いつもと違ったチャーハンを作るときの味付けに使う調味料をアンケート調査しました。色んな味付けを知っていれば、チャーハン1つでもさまざまなアレンジを楽しむことができますよ!

日本人ならやっぱりこの味!「だしの素」

「和風の顆粒だし。醤油みたいにチャーハンの色が濃くならないし、美味しいし手軽」(34歳/主婦)

「粉末のだしの素で味付け。塩辛くもなく、和風の味になる」(56歳/主婦)

「いつものチャーハンにジャコ、ネギを入れて醤油、顆粒だしで味付け。卵、小松菜等の具を入れて炒めた後に天かすを入れて混ぜる。和風っぽいチャーハンで美味しい。天かす入りは、食感が変わって美味しい、子供が大好きなチャーハンです」(52歳/主婦)

家庭にあると便利な“だしの素”、味噌汁や煮物に出番が多いかと思いますが、チャーハンに使うこともできます。普段から食べ慣れている味なので、チャーハンも違和感なくおいしく食べられます。

だしパックを使用している方の場合、

「だしパックの中身を取り出して混ぜる。カツオや昆布などだしの風味が出る」(32歳/主婦)

といった意見も。少々荒業な気もしますが、味付けとしては間違いなさそうです。

パラパラチャーハンを作るなら…「マヨネーズ」

「マヨネーズ。炒める前の油の代わりにもなるし、まろやか、風味良しになる」(28歳/主婦)

「マヨネーズを入れる。油と卵と酢が入っているので味付けが簡単」(49歳/主婦)

「高菜と明太子を入れてマヨネーズで味をととのえる。コクと明太子のピリ辛と高菜のシャキシャキで、ご飯が進みます」(47歳/主婦)

隠し味に使う以外に、チャーハンをパラパラにするという理由で、マヨネーズを使用するという意見もあがりました。味は、そこまでマヨネーズっぽさが残らず、コクがプラスされます。

マヨネーズはごはん1粒1粒をコーティングする効果があるため、いつも仕上がりがべちゃっとしてしまうのであれば、炒め油の代わりに少量のマヨネーズをお試しくださいね。

これぞチャーハン!中華にはやっぱり「中華用調味料」

味覇(ウェイパー)

「高菜の漬物を入れて高菜チャーハン。ウェイパー、卵、刻みネギを入れたチャーハン。高菜を入れるとピリ辛になるので、辛いのが好きな人には美味しい味付けになる(私は辛いのが大好きです)。ウェイパーは少し混ぜるだけで中華味が出せるので、簡単で美味しいです」(35歳/主婦)

「ウェイパーを使います。味に深みが出て美味しいです」(64歳/その他)

「味覇を入れる。味覇はお店の味っぽい旨みが出る」(32歳/主婦)

鶏がらスープの素

「鶏がらスープの素を、塩コショウの代わりに振りかけるとおいしい。コクが足りなければ味の素を少々。コクが出るし、市販のチャーハンのような味になる」(47歳/主婦)

「鶏がらスープを入れた炒飯。プロ並みに美味しくできる」(46歳/主婦)

「鶏ガラとレモン。さわやかになる」(50歳/その他)

創味シャンタン

「創味シャンタン。他に味をつけなくてもそれだけでおいしい」(25歳/主婦)

「創味シャンタンの味が好き。得も言われぬ美味しさ」(83歳/主婦)

調味料に中華用調味料を使用するという方が多数。家庭によって使っているものは違いますが、いずれも本格的な味を作ることができると好評です。

チャーハンは中華料理の定番ですので、中華用調味料を用いるのは王道なのかもしれません。

濃厚な旨味をプラス「オイスターソース」

「オイスターソース、チャーシューを煮た後の油で味付け。旨味が増えて美味しい」(48歳/その他)

「オイスターソースをちょこっと入れます。味に深みが出ます」(51歳/主婦)

「オイスターソースを入れてガパオふう。タイ料理っぽくなる」(32歳/学生・フリーター)

オイスターソースもチャーハンの調味料として人気を集めました。メーカーによって味にばらつきがある調味料ですが、みなさん上手に使われているようです。

比較的濃い味付けになりがちですから、少しずつ入れて味を見ながら調整しましょう。

暑い夏に食べたくなる味「カレー粉」

「カレー粉でカレーチャーハン。子供が好きな味になる」(35歳/デザイン関係)

「カレー粉を入れる。カレー粉は洋風な感じがして家族が喜んで食べる」(47歳/主婦)

「カレー粉。チャーハンに辛みが加わりさらにおいしくなる」(18歳/学生・フリーター)

辛いのがお好みの方には、カレー粉はいかがでしょうか? 暑くなるこれからの季節に食べたいですね!

子どもと食べるときには、辛くなりすぎないよう少量から試すといいでしょう。

その発想はなかった!変わり種チャーハン

「梅干しを入れて、炒飯を作る。さっぱりとした和風味に仕上がって、おいしい」(31歳/デザイン関係)

「イタリアンドレッシングを沈殿させ、上に浮いた液体で味付けする。イタリア風の炒めごはんになって、シーフードなどとの具材と合わせると美味しい」(47歳/会社経営・役員)

「チョコレートとシュガーパウダーで甘いチャーハンを作る。甘くなってお米の感じがしない」(30歳/その他)

一通りチャーハンの味付けを試したあとは、こんな味付けはいかがでしょうか? 意外性のある組み合わせが、奇跡を起こすかもしれません。

 

いかがでしたか? その他、ニンニクやごま油、焼き肉のタレなど、意見が多岐にわかれた今回の調査でした。そのときある調味料で作れてしまうのも、チャーハンの魅力なのかもしれません。

これからも頼りになる一品ですから、さまざまな味付けで楽しんでみてくださいね!

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。

kufura members募集中
連載・特集

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。