子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

かいわれ大根の食べ方、まだまだあった!「意外だけど美味しい」アレンジレシピ

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

1年を通して出回るかいわれ大根は、家計に優しい主婦の味方。しかし「サラダや薬味としてしか使えない」と積極的に使えていない方も多いのではないでしょうか?

そこで今回『kufura』では女性358名を対象に、かいわれ大根を使った美味しいレシピを教えてもらいました。さまざまな用途を知れば、食べる機会が増えて栄養をプラスでき、家計にも嬉しい効果が期待できそうです。

寒い季節にぴったり!「味噌汁」

「かいわれ大根のみそ汁。みそ汁の味に少しアクセントが入れられて、見た目も良くなり、食感もみそ汁の熱でしなっとなって美味しいです」(41歳/主婦)

「かいわれのお味噌汁。少しシャキシャキした状態が美味しい」(22歳/女性)

「かいわれとジャガイモのお味噌汁。おいものやわらかな甘みにかいわれのピリッとした辛味が合わさり、とても美味しいお味噌汁になります」(52歳/その他)

「しめじ、かいわれ大根、わかめの味噌汁。食感が良くておいしいです」(43歳/主婦)

かいわれ大根の辛味が、味噌汁にアクセントを与えてくれます。シャキシャキとした食感を楽しむのであれば、最後に入れるといいでしょう。体を温めてくれるお味噌汁は、これからの季節に大活躍してくれそうです。

あっさり食べたい「大根おろし+ポン酢」

「さっとゆでて、大根おろしとポン酢で食べる。あっさりしていておいしい」(31歳/総務・人事・事務)

「カイワレサラダのおろし和え。大根おろしの上にカイワレを散らしてポン酢をかける。簡単だしあっさりしている」(60歳/主婦)

大根おろしとポン酢で和えるだけの簡単レシピも人気です。さっぱりした食材同士で、軽く食べることができます。副菜としてあと一品というときにもお勧め。大根はおろす以外にも、千切りにしてもgood! お好みでお召し上がりください。

お手軽ランチや副菜にも「パスタ」

「ツナポンパスタ。茹でたパスタにツナを缶づめごといれ、その上にポン酢をかけて、かいわれ、ネギを散らす」(35歳/主婦)

「かいわれ大根とツナ、玉ねぎの和風パスタ。上に刻みのりを乗せてもおいしいですし、おろしポン酢をかけてもあいます」(24歳/その他)

「かいわれとツナの和風パスタサラダ風。ポン酢だけかけて食べて、和食の副食にします」(52歳/主婦)

「かいわれとしらすの和風パスタ。かいわれとしらすをバター醤油で味つけ。かいわれの辛味としらすの塩気、バターのコクが加わり美味しい」(42歳/主婦)

主食として食べるのであれば、パスタという選択肢も。ここでも人気の味付けはポン酢のようですが、しらすと和えてバター醤油というこってりめの味付けも相性がいいようです。簡単に作ることができるのも魅力ですね。

どんな味にも相性がいい「スープ」

「かいわれのコンソメスープ。アクセントになって彩りも良い」(29歳/弁護士)

「カイワレ大根入りのかきたまスープ。柔らかくなって美味しい」(28歳/金融関係)

「かいわれと卵の中華スープ。鶏ガラとの相性がよくてこれからの時期には体も温まるスープです」(39歳/主婦)

「かいわれスープ。白だしでスープを作って、竹輪やかいわれ大根と鶏肉を入れて飲むと、色味の鮮やかさもあって美味しいです」(44歳/主婦)

スープとして食している人も多いよう。だしで和風に仕上げるほか、コンソメで洋風、鶏ガラで中華風と、どんな味付けにも合うのが嬉しいところ。彩りとしての役目も果たすので、食卓に緑が不足しているときにはスープに散らしてみてはいかがでしょうか?

辛味がいい役目に!「チャーハン」

「かいわれ大根と鶏肉の味噌チャーハン」(53歳/主婦)

「かいわれ大根のチャーハン。カイワレ大根をこまかくきり、他の野菜と一緒にチャーハンにいれる。彩りもよく、野菜をたくさんとれるのがよい」(44歳/その他)

「ひき肉とカイワレ大根のチャーハン。カイワレは細かく切っていれます。しゃきしゃき食感と辛味が、ひき肉のコクと合わさっておいしいです。塩コショウで味付け」(53歳/主婦)

「チャーハンに、かいわれ大根を生のままふわりと乗せる。アクセントになって美味しい」(42歳/主婦)

チャーハンにかいわれ大根を入れると、その辛味がチャーハン全体を引き締めてくれます。もしくは好きな食材とともにご飯を炒めて、最後にかいわれ大根を乗せると見た目にも映えそう。余り食材の消費にも使えますので、困ったときはチャーハンにしてしまいましょう。

彩りがキレイで美味しい「卵焼き」

「かいわれの卵焼き。卵焼きを焼くときに、かいわれを入れて巻いて焼くだけ。長いまま芯にしてもよし、刻んで混ぜて焼いてもよし。ピリッとした味と触感がよいアクセントになります」(58歳/主婦)

「卵焼き。溶き卵に塩と1~2センチ幅に切ったカイワレを混ぜて焼くだけ。彩りも良く卵とカイワレの風味が抜群」(79歳/主婦) 

「卵焼き。甘めの卵焼きに細かく刻んだカイワレを入れて、色味も綺麗で、美味しいです」(49歳/主婦)

卵焼きにかいわれを混ぜて焼くと、彩りのキレイな卵焼きのできあがり。卵焼きの甘さの中に、かいわれ大根のピリ辛がアクセントとなって、少し大人な卵焼きといったところでしょうか。いつもの卵焼きにマンネリを感じたら、かいわれ大根をプラスしてみてください。

もっとシンプルに混ぜるだけ!その他の回答

「かいわれ大根と塩昆布を混ぜるだけで昆布のだしがきいて、とてもおいしい一品になる」(68歳/主婦)

「かいわれだいこんと、カニかまあえ。胡麻油でまぜるだけ」(45歳/主婦)

「カイワレに鰹節をかけて、シンプルに食べる」(66歳/主婦)

「サバの水煮缶にカイワレをのせてマヨネーズをかけて食べる」(54歳/主婦)

「かいわれとキムチを混ぜたもの」(38歳/その他)

「クリームチーズと、おかかであえて醤油をたらす」(43歳/主婦)

手間をかけずに食べたい人は、混ぜるだけのレシピはいかがでしょうか? 簡単に作ることができるので、あと一品足りないときの救世主となってくれます。時間もかからず、あるものでできてしまうので、忙しいときにも重宝します。

 

かいわれ大根はなかなか使う機会がない、と思っていた人も、ご紹介したレシピが参考になれば幸いです。スーパーでかいわれ大根を見た際には、ぜひお手にとって新しいメニューをお試しくださいね。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
人気の記事
連載・特集