子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

子どもがお弁当で喜んだ!ママたちが100円ショップで買ってよかった「お弁当グッズ」

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

お弁当は、味だけでなく、同じおかずでも詰め方で“美味しそう”と感じる度合いが変わるなど、ビジュアルも大事になってきます。さらに、衛生面にも配慮が必要と、あれこれ考えないといけないことが多すぎる!

そこでぜひ活用したいのが、100円ショップのお弁当グッズ。100円ショップには、ぶきっちょさんでも超簡単にかわいいお弁当が作れるアイテムがたくさん売られています。今回は20~50代のママ257人に「100円ショップで買ってよかったお弁当グッズ」を聞いてみました。「子どもウケも良く、お弁当を残さず食べるようになった」など、リアルなママの意見が集まりましたので、ぜひ参考にしてみくださいね!

「ピック」があれば、刺すだけでいつものおかずもキュートに変身!

「とりあえずピックをつけると、子どもが喜ぶ!」(30歳/総務・人事)

「普通のおかずもピックを刺すだけで可愛くなる」(40歳/営業・販売)

「キャラ弁が作れないので、その代わりに使用している。簡単に華やかになる」(38歳/主婦)

「フォークのかたちのキャラクターピックを愛用。つまようじと違って尖っていないので子どものお弁当にも使えるがいい」(29歳/主婦)

唐揚げや卵焼き、ウインナー、ミニトマトなど、子どものお弁当のおかずってマンネリ化しませんか? そんな時、ピックを利用するだけで、いつものおかずもかわいく変身できちゃいます! 子どもの反応もよく、とりあえずピックさえつけておけば喜ぶとの声もありました。また、子どもの口を傷つけないようなものを選びたいですね。

チェック、レタス柄、キャラクター入り…など種類が豊富な「おかずカップ」

「おかずカップ、大きさもいろいろ揃えると便利」(45歳/その他)

「レタス柄のおかずカップ。生の野菜はあまり入れたくないので、緑で彩りが良い」(41歳/主婦)

「キャラクター物のおかずカップ。子供が喜んで食べてくれる」(37歳/主婦)

「100円の使い捨てのカップは、いろんな色があって種類も豊富」(41歳/その他)

「100円のわりに可愛いし安いので毎日、惜しみなく使える」(48歳/その他)

おかずを入れるのに便利な「おかずカップ」。昔はアルミしかありませんでしたが、今は柄入りの物も多く、色もカラフル! さらに最近は「水分を吸収するカップ。100円なのに水分を吸ってくれて優秀!」(23歳/主婦)と、表面が特殊加工してあり、油や水分を吸収してくれるカップもあるようです。見た目も可愛く、機能面でも優れているので、何種類か用意している方も多いようです。

繰り返し使えてエコな「シリコンカップ」

「何度も使えてゴミを減らせる」(42歳/その他)

「洗って何度も使えるし、蒸しパンやカップケーキの型など、お弁当以外にも使える」(43歳/主婦)

先ほどのおかずカップのシリコン版「シリコンカップ」も人気でした。繰り返し使えるので地球にもお財布にも優しいですね。

昔ながらの「バラン」。今はピンクや柄入りも登場!

「カラフルなバラン。何度でも洗って使えるから」(59歳/主婦)

「レタス柄のバラン。夏のお弁当は、腐りやすいので、見栄えも良く抗菌作用もあって一石二鳥」(44歳/主婦)

おかずの仕切りや彩りとして重宝する「バラン」。写真のような昔ながらのグリーン以外に、今はピンクやイエロー、レタス柄などもあり、カラフルに進化しています! おかずの間にちょっと入れるだけで、見た目が断然よくなる!との意見もありました。

衛生面の不安を軽減!「抗菌シート」&「保冷剤」

「夏場の暑い時期でも具材が傷む心配がなくなった」(37歳/主婦)

「温かい物を入れるので、お昼まで腐敗しないか心配することが減った」(58歳/主婦)

「保冷剤。サイズがちょうどよくキャラクターもので可愛い」(28歳/営業・販売)

食中毒対策で抗菌シートや保冷剤を愛用されている方も多かったです。中には、「本来は抗菌シートですが、透明で可愛いものも多いので、おかずの仕切りに使う。見た目がスッキリしているのと、細長いのでバランより使いやすく、切って調節も出来る」(50歳/主婦)といった方も! 保冷剤も繰り返し使えるので、1つ用意しておくと安心かもしれませんね。

子どもウケがいいと評判の「おにぎりフィルム」

「コンビニのおにぎりのように包める『おにぎりフィルム』がお気に入り。海苔のパリパリ感が保たれるので美味しい」(36歳/主婦)

「おにぎりを包めるサッカーボール型のフィルム。子供がサッカーをしていて、他のメンバーから羨ましがられていた」(41歳/その他)」

「おにぎりを包む、かわいい柄のラップシート。子供の好きなキャラクターで、喜ぶから」(37歳/主婦)

子どもが食べやすいようにと、ご飯をおにぎりにすることって多いですよね。おにぎりを包むラップを、柄入りのものにするだけで、子どもの食いつきがよくなる!とのこと。最近は専用フィルムや、コンビニのようにご飯と海苔を別々に巻ける「おにぎりフィルム」など種類も増えているので、ぜひチェックしてみください!

海苔がキレイに切れる「海苔パンチ」

「かわいくカットした海苔をつけてあげると子供が喜ぶ」(44歳/主婦)

「アンパンマンの顔が作れて便利!」(32歳/主婦)

「海苔を色んな形に切れる道具。おにぎりに可愛い海苔が付いていたら子供が喜ぶ」(49歳/営業・販売)

パチンと押すだけで目や口などの形が簡単に作れる「海苔パンチ」を推す声も目立ちました。繰り出したパーツを配置するだけで、誰でも簡単にデコ弁ができちゃいます。おにぎりだけでなく、サンドイッチやゆで卵につけても、とってもかわいいですよ!

愛用者続出中!一口サイズのおにぎりが同時に3個できるウワサのアイテム

「小さい子どもが手で掴みやすいサイズのおにぎりが一度に3つできて便利」(31歳/主婦)

「ご飯を入れて振るだけで、手掴み食べにちょうど良いサイズのおにぎりが3つできる」(31歳/主婦)

「フリフリすると小さい一口サイズのおにぎりができる。子供と遊びながら作れて沢山食べてくれる」(38歳/主婦)

子ども用の小さいおにぎりを握るのって、意外と大変ですよね。そんなお悩みを解消してくれるおにぎり用の型「ふりふりごはんボール」を指名する方も多かったです。こちらの商品は、3つの丸い穴にご飯を詰めて振ると、1口サイズのおにぎりが3個できます。均一の大きさのおにぎりができるので、お弁当箱にも詰めやすく、見た目も美しく仕上がります。

行楽、運動会などの時は「使い捨て容器」&「コップ」が便利!

「運動会で使用する大きめの使い捨てランチボックスと小さめのフタ付きカップ。運動会は、祖父母も来て大人数になります。家にある大きい二段のランチボックスでは足りないので、追加で購入。使い捨て容器は、とても便利です。洗い物も減って助かります!」(42歳/主婦)

「使い捨ての紙の容器。しっかりしているしデザインもオシャレで、持ち運びも便利」(39歳/総務・人事)

「かわいい柄の紙コップ。おかずが茶色系で地味な時に使える」(49歳/主婦)

大容量のお弁当箱は保管スペースも必要になり邪魔ということで、100円ショップの使い捨て容器を愛用されている方もいました。紙コップにおかずを入れるアイディアは、子どもも持って食べやすそうでいいですね!

話題!リボンやお花が作れる「ハムカッター」を推す声も

「ハムをカットするカッターみたいなアイテム。ハサミだと使いづらかったり切りにくかったりすることがありますが、そのカッターは思った通りに切れるのでキャラ弁を作る時にめちゃくちゃ重宝します」(31歳/主婦)

「ハムカッター」は、ハムのブーケやリボンなどを簡単に作れるアイテムです。お弁当以外にも、普段のサラダやオードブルのデコレーションにも使えそうですね!

 

カラフルでかわいい100円ショップのお弁当グッズをちょっと取り入れるだけで、見た目はぐーんと華やかになりますので、ぜひ上手に取り入れてみてくださいね!

 

文/鳥居優美

 

※写真はイメージです

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。

kufura members募集中
連載・特集
人気の記事

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。