子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

「義実家とのお付き合い」年末年始は今後を左右するので、よく考えて行動しよう!「ママトモ同志#24」

コミック連載『ママトモ同志』第24 話!

もうすぐ年末年始ですね、みなさんは実家に帰省する派ですか? それともどこにも行かず、のんびり過ごしますか? 各家庭、いろんな年末年始の予定があるようです。

ここでの行動が「義実家とのお付き合い」に繋がっていくので、よ~く考えて動きましょうね。

実家に帰る組は手土産をぬかりなく

null

この機会にしっかり投資組

null

山田シャルロッテです。

ご愛読ありがとうございます。今年1月から開始した『ママトモ同志』、早いもので、今回が令和5年最後の回……! 大人になると1年があっという間ですよね。

さてみなさま、年末年始はどのように過ごされますか? 帰省や忘年会、新年会などで、ふだんはなかなか会えない人と会う機会も出る時期ですよね。今回の漫画では「お年玉」と「年末年始の過ごし方」の2テーマを扱ってみました。

まずは「お年玉」のお話。子持ち勢はいざ遭遇した時に慌てないよう、あらゆる方向性から「お年玉対応策」を事前に考えておくと安全でしょう。

子どもがいる同士や親戚関係で、「お年玉は一切贈り合わない」などの協定を結ぶケースもあると思います。先方から言われた場合は私もうなずいて合わせますが、特に決めごとのないお相手から頂いたら、私は、ありがたく受け取らせるようにしています。親がもらうものではなく、子どもに贈ってくださる新年の縁起物ですから、いったん出してくださったところで辞退するのは、あまり気持ちのいい方法ではないな~……という考えからです。

独身や子どものいない方がお年玉をくださった時には、漫画のように「お年賀の品物」を渡したり、急に頂いた場合は後で贈り物をしたりして、お礼の気持ちを返すようにしています。必ずお返しすべき、というものでもありませんが、「もらいっぱなしは気になる」というタイプの方には、事前対策をおすすめします。

逆に、子持ち同士の場合で、先方にお年玉の用意がなさそうな場合は、こちらが用意して持っていても、出さないようにしています。先方に急いで気を遣わせたりして、ややこしいですものね。

2つめは「年末年始の過ごし方」。実家や親戚の家に集まる……など、習わしがある御宅もあると思いますが、筆者の友人家族に「近場でもホテルに泊まって過ごす」という合理的な人々がいるので、一例的に漫画でもご紹介してみました。

日本古来、「おせち料理」というものがありますが、あれって昔は「主婦がせめて3が日は休めるよう、日もちのするごちそうをたっぷり作っておく」という意味もあったと聞きます。どこかの家に集まれば、なんだかんだとその家の人は働かざるを得ないので、「集まりたい人はみんなホテル集合」と割り切るのも、一つのやり方かと思います。

前述の知人家族は、「ある年に親族で年末年始に旅行に行ったら、旅行以上に“すべて宿まかせ”が快適だったので、それ以降「近場であっても集まる場合は宿をとるようになった」のだそう。宿代はお高めなシーズンですが、新年らしいお料理やイベントなどを行う宿が多く、年末年始恒例の家族のお楽しみになっているのだそうです。

みなさま、よいお年をお迎えください。

山田シャルロッテ
山田シャルロッテ

ライター&イラストレーター・漫画家。1児を高齢出産後、都内で子育て中。
仕事をしながら子どものお稽古事やスポーツ活動の委員、PTA活動などもけっこう参加するので、ママ友多数。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
大特集・連載
大特集・連載