kufura(クフラ) 仕事も家庭も、私らしく!を叶えるヒント

夏休みは親子で「モネの魅力」を横浜美術館で再発見!

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

いよいよ夏休み! 幼稚園や小学生のお子さんをお持ちの方は、長い休みをどうやって過ごそうかと頭を悩ませていませんか? せっかくなら普段は忙しくてできないことにもチャレンジしたいですよね。

横浜美術館、東京新聞、テレビ朝日の主催にて、2018年7月14日(土)から9月24日(月・休)まで、横浜美術館(横浜市西区みなとみらい)にて「モネ それからの100年」展が開催中です。

画像:クロード・モネ《睡蓮》1906年 油彩、キャンヴァス 81.0x92.0㎝ 吉野石膏株式会社(山形美術館に寄託)

いまも生き続けるモネの魅力

印象派を代表する画家クロード・モネ(1840-1926)が、最晩年の集大成《睡蓮》大装飾画に着手してから約100年。本展では、モネの初期から晩年までの絵画と、後世代の26作家による作品を展覧します。両者の時代を超えた結びつきを浮き彫りにし、いまも生き続けるモネの魅力に迫ります。

子どもたちが展覧会をより楽しく理解できる2つのツール

1.ジュニアガイド「モネのジェットコースター人生」

起伏の多かったモネの人生をジェットコースターになぞらえて紹介。モネ展公式ウェブサイトからダウンロードして、作品鑑賞のお供に活用できます。出品作に関するワークシートもあるので、夏休みの宿題にも使うことも!

2.子ども解説パネル

鑑賞のヒントになるトピックをわかりやすく紹介。大人も子どもも、さらに作品を楽しめます。

【参加者募集】美術をたのしむ!こども探検隊2018

横浜美術館で、作品をみたり・つくったりすることも! 対象の小学4~6年生の皆さんを案内をするのは、中高生のための長期プログラムに参加している、お兄さん・お姉さんたちです。モネ展を舞台に、中高生が企画した、とっておきの展覧会ツアーとワークショップを一緒に楽しめます。

「美術をたのしむ!こども探検隊」の様子 2016年 photo:加藤健
「ヨコトリ2017で世界の現代アートをたのしむ!こども探検隊」の様子 2017年 photo:御厨慎一郎

【こども探検隊2018 概要】

日程:2018年8月22日(水)10:00~14:00(ランチ交流を含む)

対象:小学4~6年生

定員:30名(要事前申込、抽選)

参加費:無料 ※お弁当をご持参ください。

会場:横浜美術館

申込方法:横浜美術館ウェブサイトより、お申し込みください。※8月9日(木)申込締切
https://yokohama.art.museum/event/index/data-547.html

なぜ、モネの絵画に魅せられるのか――。ツールを利用して、こども探検隊2018に参加して、モネの魅力を再発見してみましょう。

【開催概要】

『モネ それからの100年』

会期:2018年7月14日(土)~9月24日(月・休)
休館日:木曜日(8月16日は開館)
開館時間:10:00~18:00
ただし9月14日(金)、15日(土)は20:30まで(入館は閉館の30分前まで)
会場:横浜美術館
主催:横浜美術館(公益財団法人横浜市芸術文化振興財団)、東京新聞、テレビ朝日
料金:一般1,600円、大学・高校生1,200円、中学生600円
※小学生以下無料
※65歳以上の当日料金は1,500円(要証明書、美術館券売所でのみ販売)
※毎週土曜日は高校生以下無料(要生徒手帳、学生証)
※障がい者手帳をお持ちの方と介護の方(1名)は無料
※観覧当日に限り本展のチケットで「横浜美術館コレクション展」も観覧可
WEB:http://monet2018yokohama.jp

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載