kufura(クフラ) 仕事も家庭も、私らしく!を叶えるヒント

「台湾夜市の屋台グルメ」おいしかった&苦手だった食べ物ベスト5

はてなブックマーク facebook Twitter LINE

屋台がたくさんあり、安くおいしいものが食べられる台湾。特に夜市は必見で、無数のお店が軒を並べる大規模なものもあり、台湾グルメの食べ歩きが楽しめます。ですが、料理名だけではどんなものか想像がつかない料理や、見た目だけでは味の想像がつかない料理も……。そこで、阪急交通社が台湾夜市に行ったことのある人を対象に実施したアンケート調査を基に、台湾夜市の屋台グルメの中で実際においしかったもの、苦手だったものを紹介します。

「台湾夜市」でおいしかった料理ランキング

アンケートは、「台湾の夜市で料理を食べたことのある方(都道府県、性別、年齢問わず)」224名を対象に実施されました。どんな料理が実際に食べてみておいしかったのか、見ていきましょう!

5位 排骨(パイクゥ)・・・スペアリブ

4位 麺線(ミンシェン)・・・細い麺をスープで煮込んだもの

3位 魯肉飯(ルーローファン)・・・豚肉を煮汁ごと掛けた丼物

2位 鹽酥雞(イエンスージー)・・・台湾風唐揚げ

1位 胡椒餅(フージャオビン)・・・豚肉と葱を皮で包んで焼いたもの

1位は、胡椒をきかせた豚肉の餡と葱を生地に包み釜で焼いた胡椒餅でした。味付けが甘めだったり、スパイシーだったり、屋台ごとにさまざまなバリエーションがあるので、お店ごとに味比べしてみるのも楽しそう!

皆さんの感想は、1位の胡椒餅は「スパイシーで肉汁がおいしかった」、2位の鹽酥雞は「アツアツのまま食べられた。味が香ばしくコクがある感じがした」、3位の魯肉飯は「トロトロのお肉と味付けが日本人好みで美味しかった」、4位の麺線は「日本人にも合う庶民的な味わいで麺と具のバランスも良く美味しく食べられた」、5位の排骨は「ビールと合う」とのことでした。

 

「台湾夜市」で苦手だった料理ランキング

では、皆さんが苦手だなと感じた料理は何だったのでしょうか?

5位 豬血糕(ズーシエガオ)・・・豚の血ともち米をブロック状にしたもの

4位 滷味(ルーウェイ)・・・台湾風おでん料理

3位 蚵仔煎(オアチェン)・・・カキ入りのオムレツ

2位 香腸(シャンチャン)・・・台湾風ソーセージ

1位 臭豆腐(チョウドウフ)・・・発酵汁に漬け込んだ豆腐

1位は臭豆腐でした。特徴である刺激的な臭いが苦手と感じる人が多い要因なのかもしれません。台湾人でも好き嫌いが分かれる料理だそうです。

皆さんの感想は、1位の臭豆腐は「匂いが苦手だった」、2位の香腸は「味は普通だったが匂いがダメ」、3位の蚵仔煎は「牡蠣が苦手だった」、4位の滷味は具体的な感想はなく、ただ苦手だったなど、5位の豬血糕は「血を食べる文化がないのでなんか拒否反応が出てしまった」とのことでした。

 

ちなみに、苦手だった料理1位の「臭豆腐」は、「独特な匂いがあったが、日本では食べられない料理で美味しかった」「好みの味だった」という感想もあり、ハマる人にはハマるようです。

台湾ならではの様々な料理が並ぶ台湾夜市の屋台グルメ。台湾旅行へ行く際は、ぜひ新たな味覚にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

【参考】

台湾夜市の屋台グルメ「おいしいベスト5」「苦手ベスト5」を阪急交通社が発表 – 阪急交通社

 

【関連情報】

阪急交通社の旅行サイト

はてなブックマーク facebook Twitter LINE