子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

胸に秘めた小さな後悔…既婚女性が「新婚時代にいま戻れるのなら」しておけばよかったこと

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

電撃婚、長い恋愛からの結婚、授かり婚、婚活成就婚……。結婚のきっかけはカップルの数だけありますが、「1度の結婚につき、新婚時代は1度きり」というのは、どの結婚にも共通するところですよね。

人生の先輩方は「結婚生活は始まりが大事」なんて言葉をよく使いますが、果たしてその真意とは? 今回は、20~50代の既婚女性191人にアンケートを実施。新婚時代を振り返ってもらい、「新婚時代に戻れるのなら、これをしておけばよかった」ということについて聞いてみました。

結果はランキング形式でお届けします!

新婚時代に「しておけばよかったこと」6位~10位の結果は?

まずは、新婚時代に女性が「これをしておけばよかった」と感じることの6位~10位の回答をご紹介します。

10位・・・生活ルールのすりあわせ(4人)

「いろいろとルールを細かく決めておけば良かった」(46歳・ 主婦)

9位・・・家事をがんばりすぎない(5人)

「少し手を抜いた家事。新婚当時、がんばり過ぎて今さら手を抜けないので」(43歳・主婦)

8位・・・家族計画を立てる(6人)

「家族計画を早めに話しておけばよかった。あいまいなまま過ぎ、結局旦那は子どもを積極的にのぞんでおらず、子どもがいないまま結婚10年。私も34歳になり、早めに話してたら離婚して次とか、色々選択肢があったかなと思う」(34歳・主婦)

同率6位・・・結婚式をあげる(7人)

「金銭面で厳しかったので無理ではあったのですが、やはり結婚式はしておきたかったです。あと、もう少し思い出の写真を撮っておけば良かったと後悔しています」(25歳・総務・人事・事務)

同率6位・・・仕事を続ける(7人)

「仕事をやめるべきではなかった。長い間、専業主婦だと、再就職するのがものすごく不安だから」(44歳・ 主婦)

キャリアや妊娠は、女性の人生計画に大きな影響を与えるできごと。新しい生活が始まり、お互いの生活リズムや2人の空気ができあがってくると、夫婦で真剣に話し合うことが難しくなってくる話題もあるようです。

続いて5位~1位の結果をご紹介します。

5位:料理スキルを磨く(8人)

「料理をがんばっておけばよかった。今はモチベーションが低いので、初々しい関係のうちに腕を磨いておけばよかった」(43歳・金融関係)

「料理は子どもができる前にある程度基礎は知っておいた方が良かったと思う。子どもができると小さいうちは子育てしながらの食事の用意は大変だし、子どもにはきちんとした食事を与えたいと思うので余裕があるうちに料理は身につけておいた方がいいかも」(34歳・主婦)

夫婦が安定した暮らしを送るようになると、2人のために何かを努力してスキルを磨く領域から少しずつ離れていくようです。それが居心地の良さにもつながるのでしょうが、「新婚ならもっとがんばれたのに」という思いを抱えている女性の声が聞かれました。

4位:2人の時間を持つ(11人)

「妊娠する前にもう少しデートなど2人の時間を楽しめばよかった」(29歳・主婦)

「もう少し2人の時間を楽しみたかった」(42歳・主婦)

「“できちゃった結婚”で2人の時間がほぼ無かったので、新婚当初の2人の時間をたくさん持ちたかったなぁと思う」(31歳・主婦)

思い出は時の流れに埋もれていきますが、こと夫婦生活においては、楽しい思い出の共有が2人の絆を強めていくことがあるかもしれません。

3位:夫との家事分担(14人)

「旦那が家事を手伝ってくれるようにしつけておけばよかった。全部自分で背負ってしまって、それが当たり前だと思われて、手伝ってくれない」(48歳・技術職)

「家事全般をがんばり過ぎなければ良かった。それが当たり前になり、感謝されるどころか文句を言われるようになったから」(45歳・総務・人事・事務)

「家事を分担しておけばよかった」(41歳・その他)

妻が家事をすることが“当たり前”になる前に、家事分担をしておけばよかったという回答は、主に40代以上の女性から寄せられています。これは、「結婚生活は最初が肝心」と言われる理由の一つかもしれません。

2位:旅行(21人)

「2人で旅行。子どもがすぐにできたので、時間に余裕がなくなってしまったから」(33歳・主婦)

「夫婦2人だけでもっと旅行など出かけていればよかった。子どもが生まれてからは子どもが行きたい場所はどこか考えてしまうから」(34歳・技術職)

「貯金や節約ばかりしないでもっとあちこち旅行やデートすれば良かった」(40歳・主婦)

4位の“2人の時間”とも通ずるものがありますが、子育てや仕事に追われている女性の多くは、“ここではないどこか”で過ごす時間に思いをはせているようです。

1位:計画的にお金を使う(38人)

今回のアンケートで圧倒的に多かったのが、“お金の使い方”でした。

「もっと貯金しておけばよかった。子どもがいる今は思うように働けないので」(32歳・主婦)

「お金の管理。お小遣い制にしておけばよかった」(31歳・主婦)

「新婚だからと調子に乗ってよく考えずにいろいろと生活家電や雑貨を買い過ぎた。もう少しお金を大切に使っておけば少しはお金に心配の少ない生活になったと思います」(28歳・主婦)

「食費の節約。子どもができてお金がかかるようになってきていて、『あのとき、ぜいたく三昧していなければ……』と思う」(47歳・主婦)

人が1人生きていくのには、お金がかかります。子どもがいればなおさら。だからこそ「もっと貯金しておけば」「もっと夫に節約させておけば」と後悔している声が集まりました。

今回は、既婚女性が「新婚時代にしておけばよかった」と感じていることをご紹介しました。

結果を見ると、2人の思い出をつくって、家事分担をすりあわせて、人生計画を共有して、お金を節約して……と、やっておきたかったことは盛りだくさんでした。とはいえ、今すぐには難しくても、夫婦の状況は変わらないようでいて、刻一刻変わっていきます。もしかしたら、「やっておけばよかった」と感じていることの中には、近い将来できるようになることもあるのかもしれません。

cstock.adobe.com

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。

kufura members募集中
連載・特集
人気の記事

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。