kufura(クフラ) 仕事も家庭も、私らしく!を叶えるヒント

ママを悩ます入園・入学準備の「名前つけ」使ってみて楽だったものランキング

はてなブックマーク facebook Twitter LINE

我が子が新生活を迎えるにあたり、避けては通れない大仕事といえば、持ち物全てに記名する“名前つけ”。おむつ1枚から着るものは靴下に至るまで、数も多ければ素材も様々……。巷には便利そうなアイテムがあふれていて何を使えばいいのか迷ってしまいますが、忙しい合間に仕上げることを思うと、やっぱり楽にできるものがイチバンですよね! 

そこで、10歳までの子供がいる女性181人に、以下のアイテムの中から、実際に使ってみて楽にできてよかったものを選んでもらいました(複数回答あり)。よかった理由とともに、ランキング形式で紹介します!

1位:お名前シール(粘着)・・・101票

「名前が印刷してあれば貼るだけでいいので、簡単」(34歳/営業・販売)、「書く手間が省ける」(43歳/総務・人事・事務)と楽ちん度No.1だったお名前シール。

具体的な使い道として、「下地が透明のシールもあって、色が濃い持ち物に使えた」(41歳/その他)、「算数セットなどの細かいものの名前つけが楽だった」(46歳/主婦)という感想もありました!

2位:アイロンシール・・・49票

布モノに記名したいときに便利なアイロンシール。

アイロンを引っ張り出しての作業は大変そうに思いますが、第2位にランクイン! 「簡単だった」という理由が最多で、「しっかりつくし、可愛くできた」(38歳/主婦)、「洗濯しても取れない」(31歳/主婦)と、使用後の満足度も高いようです。

 

3位:名前専用サインペン・・・48票

「専用なので安心して使えた」(41歳/学生・フリーター)、「普通のペンより、にじまず書きやすかった」(20歳/その他)、「はっきり書ける」(36歳/女性)と品質が高評価。また、「結局、どこにでも使える」(36歳/主婦)という感想もあり、持ち物の素材を選ばない万能さで、楽にできたと感じた人が多数でした。

4位:お名前スタンプ・・・45票

「ポンポン押すだけできれいに名前がつけられるから」(27歳/主婦)と、“押すだけ”のワンアクションが人気。

プラスチック製の持ち物には使えないものもありますが、「布モノ、紙モノどちらにも使えた」(38歳/主婦)、「シールやペンも試しましたが、スタンプはおむつに使うのが楽でした!」(28歳/主婦)と使い道を選べば楽ちん度は倍増です。

5位:防水シール・・・28票

「水筒やお弁当箱など水に濡れるものは防水シールを使用した。洗ってもシールがボロボロにならなくてよい」(42歳/主婦)。寝る間も惜しんで名前つけをしたのに、水に濡れてやり直し……なんて、がっかりですよね。濡れそうな物は、先回りして防水仕様にしておきましょう!

効率よく作業するなら、複数持ちがおすすめ

「数が多いので、全部書くと大変。シール系とスタンプ、ペンを使い分けました」(44歳/主婦)、「お名前シール、アイロンシール、防水シール、色々な種類のシールを準備しておくといいです」(45歳/主婦)など、いくつものアイテムをそろえたことで“楽にできた”と感じた人も多かったです。

 

入園か入学によって持ち物の種類にも差があるので、名前つけアイテムを購入する際には、お子さんの持ち物との相性をイメージすると良さそうです。準備万端で親子ともども気持ちよく新生活を迎えたいですね!

 

構成・文/駿河真理子

はてなブックマーク facebook Twitter LINE