子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

保存法で美味しさが変わる!お米のプロと共同開発した「極お米保存袋」が新発売

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

みなさんはお米をどのように保存していますか? お米は鮮度が大切です。保存方法によって美味しさが変わってくるとか。そこで、生活雑貨メーカー株式会社マーナより開発されたのが『極(きわみ)お米保存袋』です。2019年8月下旬より発売予定。さっそく、そのこだわりをみてみましょう。

一般的なお米の保存法には間違いが多い!?

日本人の主食であるお米。

今回の商品は、お米のプロである全米販(※1)やお米マイスター(※2)と開発者が出会い、ご飯を炊く際に欠かせない手順を学ぶことで、開発がスタートしたのだとか。

そんな中、

「従来の米袋は空気抜けの細かい穴が開いており、保存には不向き」

「米びつは中身が減ってくると空気接触が増え、お米の酸化につながる」

「保管場所がシンクやコンロの下では湿度が高く、お米に臭いがうつる不安がある」

など、一般的な保存法に間違いが多いことを知り、お米の鮮度保持にこだわり、おいしさが長持ちする『極お米保存袋』が開発されましたそうです。

※1:全国米穀販売事業共済協同組合の略。米穀卸売業者で組織する全国団体。

※2:お米の博士号とも言える資格

使い勝手抜群の保存袋

『極お米保存袋』は、ポリエチレン・PET・アルミニウムの3層構造で光・空気・臭いを遮断し、上部のジッパーで密封ができます。

また、逆止弁付きで中の空気が抜けるので、お米が酸化しにくく、お米の量に合わせて省スペースで収納できるのも便利です。

お米の保存場所は、温度や湿度が一定の冷蔵庫の野菜室がおすすめだそう!

そのため、野菜室から出し入れしやすいようにマチ付きで自立するような形状に。

袋は繰り返し使えるというからエコですね。

希望小売価格は980円(税抜き)。お米3kg分が入る袋が2枚入りなので、5kgのお米を分けたり、銘柄違いのお米の保存等にも使えます!

 

これから新米の季節。美味しいお米を味わうために、保存方法にもこだわってみましょう!

【商品概要】

商品名 : 極お米保存袋

価格 : 980円+税

サイズ : 約300×300mm、厚さ/約0.09mm

 

マーナ公式オンラインショップ:https://shop.marna-inc.co.jp/shopdetail/000000001784

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。

kufura編集者募集
kufura members募集中
連載

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。