子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

本日発売!「成城石井」初のオリジナルアイスは、食事の締めにいいらしい。そのお味は…

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

寒い冬はすき焼きやもつ鍋など、こってりとした鍋料理を食べて体を温めたい! と同時に、冷たいアイスが無性に食べたくなったりもしませんか。こってり料理の後でもさっぱりと食べられる「締めアイス」なんてものがあったら、どちらの欲望も満たせて最高ですよね。

そんな食後の新定番として、この度登場したのが「成城石井 アイスクリーム ミルク/チョコレート」。こちらは、成城石井初のオリジナルアイスクリーム商品で、2019年1月8日(火)より新発売です! 「今までのアイスと何かが違う!」そんな今季のイチ押しアイスを早速試食してみました。

成城石井ならではのこだわりアイス

近年、「冬に食べるアイス」や札幌の「締めパフェ」文化が注目を集めており、アイスクリームが暑い夏だけでなく、1年を通して食べられるものになってきましたよね。

一般的に寒い時期に食べるアイスクリームは濃厚でクリーミーな味わいのものが多い中、今回成城石井が開発したのは「すっきりとした味わい」のアイスクリーム。様々な「食」の楽しみ方を提案したいという成城石井の想いから、食後にも手軽に食べられる「締めアイス」を誕生させたそうです。

気になる「締めアイス」のお味は…

ということで、さっそくミルク味を試食してみました。

第一声「ん~さっぱり!」。

一口食べた瞬間は甘さを感じるのですが、後味がとてつもなくスッキリ! 舌触りはなめらかなのに、アイス特有の甘ったるさがないのがすごい。上品な口溶けと爽快感で、スプーンが進みます。

アイスクリームでは初の成城石井オリジナル商品とあって、おいしさはもちろんのこと、クリームや氷砂糖など素材にも気を使っているのが嬉しいです。また、乳化剤・安定剤・香料・着色料が不使用なのも魅力的。これだったら子供にも安心して食べさせることができそうです。

お味は2種類。チョコレートも気になるところです!

「キレのある甘さ」はどこから?

砂糖には、グラニュー糖・上白糖・水あめ・麦芽糖などさまざまな種類があり、それぞれの砂糖ごとに甘さの強さや含まれる成分が異なります。「甘い」と一口に言っても、「さっぱりした甘さ」「コクのある甘さ」など感じ方は異なるそう。

その中で、氷砂糖は甘味のピークに達するまでの時間が早く、「キレのよい甘さ」が特長です。

そんな氷砂糖に目をつけたのが「成城石井 アイスクリーム ミルク/チョコレート」。氷砂糖の特徴を活かすことで、「キレのある甘さ」と「スッキリとした後味」が実現されているのですね。

 

なるほど……あの「アイスクリームとは思えないスッキリ感」の鍵は氷砂糖が握っていたのですね。「締めアイス」がこってり料理の後の新定番になる日も近いかもしれません。皆さんもぜひ試してみてはいかがでしょうか。

【商品概要】

商品名:成城石井 アイスクリーム ミルク/チョコレート

価格:198円(税抜き)

発売日:1月8日(火)

容量:140ml

原材料:【ミルク】乳製品、氷砂糖、卵黄、水あめ

【チョコレート】乳製品、氷砂糖、ココア、卵黄、水あめ、カカオマス

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。

kufura members募集中
連載・特集
人気の記事

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。