kufura(クフラ) 仕事も家庭も、私らしく!を叶えるヒント

働くママが「もっと増やしたい時間」4位育児を超えた1位は…

はてなブックマーク facebook Twitter LINE

仕事からの帰宅後、干してある洗濯物をもぎとり、あわただしく食事の準備をしながら、「もっと時間が欲しい」とため息をついたことはありませんか?

仕事・家事・育児の責任を負いながら日常生活を送る女性は、時間の使い方にどのような悩みを抱いているのでしょうか。

そこで、『kufura』では、子育て中の働く女性150人にアンケートをとり、1日のうちで“減らしたい時間”“増やしたい時間”を選んでもらいました(複数回答可)。

アンケートからは、働くママたちの悩みが浮き彫りになっています。

働く主婦にとっての「料理と掃除」の負担の重さが浮き彫りに…

まず、働くママにとって1日のうちで「減らしたい」と感じるのは、どんな時間なのでしょうか。1位~7位までのランキングをお届けします。

【減らしたい時間ランキング(複数回答可)】

7位:通勤・・・12.7%

6位:洗濯・・・16.0%

5位:スマートフォン・パソコン・・・17.3%

4位:仕事・・・20.0%

3位:ダラダラ、ボーッとしている時間・・・21.3%

2位:掃除・・・22%

1位:料理・・・24%

1位は「料理」という結果に。料理には、買い物、洗い物、後片付けという家事が紐付いてきます。家族の健康を左右することはわかっていても、毎日のこととなると、負担に感じる方が多いと推測できます。

他にも掃除や洗濯といった家事を挙げる女性も多く見られました。

外では、料理や、部屋の清潔感が“お母さんの愛情”や“妻の資質”のバロメータとして機能してしまうこともありますから、なかなか手抜きができずに頑張りすぎてしまう女性も少なくないのではないでしょうか。

一方で、ダラダラしたり、スマホを触っている時間を振り返って「あぁ、時間の無駄づかいをした」と感じる女性もいるようです。ママ友同士のやりとりや、PTAでの連絡事項のためにLINEが多用され、「スマホに時間がとられる」という悩みも筆者の周囲ではよく聞かれます。

 

増やしたい時間から見える「もっと休みたい!」ママ達の声

続いて、1日のうちで働くママが「増やしたい」と感じている時間をお届けします。

【増やしたい時間ランキング(複数回答可)】

7位:読書・・・10.7%

6位:美容・・・12.7%

5位:友人との時間・・・14.0%

4位:子どもとの時間・・・18.7%

3位:配偶者との時間・・・22.7%

2位:ダラダラ、ボーッとしている時間・・・26.0%

1位:睡眠・・・30.0%

およそ3人に1人の女性が「睡眠」を選択しています。夜遅くまで家事をしたり、朝早く起きて家族のサポートをしたりして、睡眠時間を削っている女性は少なくないのでしょう。

同時に、「ダラダラする」と回答した女性も多く見られました。

忙しい時間には、やることがザーザーと降ってきて雑念を抱くヒマさえない“滝修行状態”となりますが、修行の後は、リラックスして心身をリセットすることが大切ですよね。

そして、配偶者や子ども、友人といった“大切な人たち”と向き合う時間を欲している女性も。

仕事や家事を後回しにすれば明日はもっと大変になる。でも、根を詰め過ぎると大切な人の声に耳を傾ける余裕がなくなる。これは、誰もが抱えている悩みなのかもしれません。

 

子育て中の働く主婦が“減らしたい時間”“増やしたい時間”についてご紹介しました。

子育てをしながら仕事をしている女性は、出産前と働き方を変え、夫よりたくさんの家事を担っているという方が多く見受けられるのが現状です。

「やりたいことがなかなかできない」というストレスは、蓄積していくと、やがて大きな“不満”となって一番身近な人にぶつけたくなる日が必ずやってきます。

時には「誰かに頼る」「手抜きする」「優先順位を変えてみる」といった方法で時間をねん出し、「今日はやりたいことができた!」という満足感を得たいものです。

はてなブックマーク facebook Twitter LINE