kufura(クフラ) 仕事も家庭も、私らしく!を叶えるヒント

恵比寿講に十三夜…「二十四節気」で知る10月の上手な暮らしの工夫【谷口令の暦歳時記10月】

はてなブックマーク facebook Twitter LINE

日本の暦には、日本の四季に合わせた二十四節気があります。二十四節気は小さな季節の移り変わりを知らせるサイン。実は、この“サイン”は、暮らしを楽しむための大切なヒントといえます。

毎月1回、国際日本文化協会理事で、風水心理カウンセラーでもある谷口令さんに、暦を意識した暮らしについて教えてもらうこの連載。10月は、どんな月なのでしょうか?

10月…秋が深まり、冬への準備を少しずつ始める季節

10月の和名は「神無月」。諸説ありますが、10月は島根県にある出雲大社に全国から神様たちが1年のことを話し合う会議のため、その土地を留守にするということから「神無月」になったといわれています。

ちなみに神様が集まる島根県では「神在月」といわれています。

また、10月は衣替えの季節。衣替えは平安時代の宮中行事として始まったもので、旧暦の4月1日と10月1日に行われるようになりました。10月に入ると朝晩の空気に冷たさを感じるようになり、着る服も少しずつ変わってきますよね。

10月の行事…恵比寿講と十三夜

全国の神様が総出で出雲大社に集まる10月ですが、唯一出雲に出向かない「留守神」とされる「恵比寿神」を祀る行事。右手に釣竿、左手に鯛を抱えた恵比寿神に商売繁盛や五穀豊穣、大漁を祈願します。この「恵比寿講」は主に10月20日、11月20日に行われ、秋の季語としても用いられています。

西宮神社(栃木県足利市)、桐生西宮神社(群馬県桐生市)の恵比寿講などは規模が大きく行われているため有名です。

また都内ですと、中央区日本橋にある「寳田恵比寿神社」一帯、渋谷区恵比寿にある「恵比寿神社」にて、名物のべったら漬けが売られる「べったら市」が開催されますが、これも起源は恵比寿講です。

そして「十三夜」(10月中旬頃。2018年は10月21日)。9月の「十五夜(中秋の名月)」は中国の風習に由来するものですが、こちらは日本独自の慣習。諸説ありますが、宇多天皇が十五夜から約1カ月後の月を「無双(二つとない優れたもの)」と言ったという説や、醍醐天皇時代に催された「観月の宴」が風習化されたという説などがあります。

十五夜の月が「芋名月」と言われるのに対し、十三夜の月は「豆名月」「栗名月」などと言われ、旬を迎える大豆や栗をお供えします。

<10月の二十四節気>

寒露(かんろ)

二十四節気の17番目。

10月8日頃のことで、草木についた露が寒さで凍りそうになる頃という意味。この頃、ちょうど秋の長雨もおさまり、朝晩の冷えを感じるようになりますね。菊の花が隆盛を誇り、雁などの冬鳥が飛来し始めます。

ですから寒露の頃の天気がいい日、まさに“秋晴れ”の日に衣替えや虫干しをしておくといいでしょう。

また「三香木」の1つである、金木犀が咲き始めます。「三香木」とは香りのいい木のことで、金木犀のほか沈丁花とくちなしを指します。

<旬の植物>

金木犀、菊、コスモス、ムラサキシキブ

<旬の野菜、果物>

柿、きのこ、かぼちゃ、ぎんなん、里芋、青梗菜

<旬の魚介>

秋刀魚、はたはた、ほっき貝

<季節の行事>

10月8日 体育の日

10月22日 鞍馬の火祭(京都・由岐神社)

霜降(そうこう)

二十四節気の18番目。

10月23日頃のこと。秋が深まり、朝晩の冷え込みが厳しくなってきて、初霜が降りるほど寒くなってきます。紅葉が深まり、公園や山では色鮮やかな景色が楽しめるのもこの時期。

約1週間後にはハロウィンもありますね。

ハロウィンはキリスト教の記念日「万聖節」の前夜祭ですが、最近では楽しいイベントとしてすっかり日本にもなじんでいます。

<旬の植物>

すすき、コキア、フィーバーフュー、フジバカマ、トウガラシ

<旬の野菜、果物>

柿、みかん、ざくろ、にんじん、落花生

<旬の魚介>

牡蠣、かじき

<季節の行事>
11月1日、13日、25日(2018年) 酉の市

※次の二十四節気は11月7日の立冬のため、霜降の期間に今年の酉の市は始まります。

来月は11月。

暦の上でも冬が始まります!

 


【取材協力/監修】

谷口令

国際日本文化協会理事、風水心理カウンセラー。学習院短期大学卒業後、東京海上火災保険(現東京海上日動火災保険)、日本IBM、第一生命保険などに勤務。OLの傍ら、風水気学の大家・宮田武明氏に師事。風水心理カウンセラーとして40年以上のキャリアを持ち、カウンセリング数は1万件以上に及ぶ。暦や着物など日本独自の文化を世界に伝える「国際日本文化協会」の理事でもある。9月27日に新刊『シンクロですべての幸せが叶う』(KADOKAWA)を上梓。

谷口令の風水学 http://www.taniguchirei.com/

谷口令の風水ブログ https://ameblo.jp/taniguchirei/

構成/児玉響子

はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載