子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

冬の「こたつアイス」の逆バージョン!あえて「夏に食べると美味しい温かいもの」

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

ジメジメ暑いと冷た~い飲み物や食べ物で涼みたいところですが、それとは真逆に暑い日にあえて熱い物を食べたくなる事ってありませんか? 例えるなら“冬にこたつに入って食べるアイス”といった感じです。
そこで今回『kufura』では男女合計500人を対象に「あえて夏に食べる温かい食べ物」を調査しました。

スープに旨味がぎゅっ!辛ウマな「スンドゥブ」

「辛いものを食べると、食欲が刺激される。さらに、クーラーなどで内臓から冷えているので、温まる」(34歳/女性/企画・マーケティング)

「辛いので食べた後、スッキリするし、冷房で冷えた身体や内臓に優しい」(44歳/女性/コンピュータ関連以外の技術職)

韓国料理の中でも、人気の「スンドゥブ」。魚介やお肉、お野菜などの旨味たっぷりのピリ辛スープ×のど越しの良い豆腐の組み合わせは、食欲が落ちる夏も食べやすいと人気でした。特に、冷房で冷えた体を芯から温めてくれると、女性の支持が高かったです。

冬だけでなく夏もおすすめ!「おでん」

「冷房で冷えた体が芯から温まる」(41歳/男性/コンピュータ関連技術職)

「プールで食べるおでんは最高。冷えた体を優しく温めてくれます」(35歳/男性/その他)

「コンビニで見かけると食べたくなる」(35歳/男性/会社経営・役員)

熱々のをフーフーいいながら食べるのが、最高に美味しいと「おでん」がランクイン! 中には、「熱いおでんも美味しいですが氷を入れて冷まして食べるおでんも美味しいです」(44歳/女性/主婦)なんて意見もありました。コンビニでもお店によっては年中扱っていたり、通年営業しているおでん屋さんも意外と多いので、夏おでんのニーズは、一定数あるのかもしれませんね。

ほんわか優しい温かさが魅力「肉まん」

「胃袋に染み渡る感じがいい」(58歳/女性/その他)

「ホッとする」(32歳/女性/主婦)

おでんやお鍋の熱さとは違う、人肌のような優しい温かさも魅力のようで、「冷房で冷えた体を優しく包んでくれる」との声もありました。白くて丸いビジュアルも相まって、肉まんに“癒し”を感じる人が多いようですね。

お疲れ気味の胃にも優しい「うどん」

「弱った胃腸に良い気がする」(45歳/女性/その他)

「体が暖まって気持ちいい」(26歳/男性/コンピュータ関連技術職)

「エアコンの下で食べると罪悪感とともに幸せが来る」(21歳/女性/学生・フリーター)

「カレーうどん。カレーのにおいとスパイスが食欲をそそり、暑い時期でも夏バテ知らずです!」(49歳/男性/総務・人事)

消化が良いので、食欲があまりない時に「うどん」を食べるという意見が多かったです。

一方で、「味噌煮込みうどん」や「鍋焼きうどん」「カレーうどん」など、アッツアツのうどんメニューを推す声も多く、季節関係なく温かいうどんは人気でした!

暑い夏こそみんなで鍋を囲む!人気は「もつ鍋」&「キムチ鍋」

鍋=冬とのイメージが強いですが、「鍋料理全般。冷房をガンガンに効かして食べることが贅沢に思えるから」(42歳/女性 /その他)との声に代表されるように、鍋を推す声も多かったです。

特に人気だったのが、「もつ鍋」と「キムチ鍋」です。

もつ鍋

「スタミナがついて暑さを乗り越えられる」(49歳/男性/その他)

「キンキンにクーラーが効いた部屋で食べるモツ鍋は味といい肉の柔らかさといい格別です! いいダシが効いていて夏バテしないような気がする」(57歳/女性/総務・人事)

キムチ鍋

「汗をかいてフーフー言いながら食べるのがいい」(35歳/女性/主婦)

「大量に汗をかいてスッキリする」(52歳/女性/その他)

「汗をかくが、ビールと一緒に食べると爽快に感じる」(45歳/男性/営業・販売)

食べている時は汗がダラダラだけど、その後の爽快感がたまらない!との声が目立ちました。

冷やし中華もいいけど、やっぱり夏も温かい「ラーメン」との声も!

「担々麺。辛くて更に汗をかくのが爽快。デトックス出来た気になる」(37歳/女性/その他)

「辛味系の温かいラーメン。汗をかきながら食べると体がリフレッシュされるような感じがします」(55歳/男性/その他)

「塩バターラーメン。あえてこってり系を食べて体力をつける。その後、ウーロン茶を飲むとすっきりする」(57歳/男性/その他)

「酸辣湯麵。辛さの中に酸っぱさがあり、暑い時でも食欲が出る」(30歳/女性/その他)

暑い夏こそ、温かいラーメンを食べるという人も多かったです。中でも人気は、担々麺や辛味系など、ピリリッと刺激のあるもの。食欲が刺激されるので、夏にぴったりとの声が多かったです。

スパイスが食欲をそそる!1番人気は「カレー」

「汗だくになって全部出し切った感がある」(45歳/男性/研究・開発)

「食欲増進効果もあり夏バテ防止にもなる」(43歳/女性/主婦)

「香辛料がけだるさを吹き飛ばしてくれる」(59歳/男性/その他)

「ヒーヒー言いながら食べて、汗をたっぷりかく。その後、風呂で汗を流す!これセットです」(51歳/女性/主婦)

「暑い時こそ辛い食べ物を食べ、水分を多目に摂り、新陳代謝をよくする」(57歳/男性/コンピュータ関連技術職)

今回のアンケートで最も多くの人が挙げたのは「カレー」でした。スパイスたっぷりのカレーは、食欲を刺激し、さらに発汗を促すなど、夏に食べるのにぴったりですね。あえていつもより辛く仕上げるとの声もありました。

その他にも、夏にあえて温かい物を選ぶには理由があった!

少数意見もみてみましょう。

「ゆず茶。本来は冬に体を温めるための飲み物だけど、冷房で冷えた時、飲むとほっとする」(49歳/女性/金融関係)

「湯豆腐。もちろん冬場にも食べるが、手作りポン酢で食べる夏場の湯豆腐もおいしい」(58歳/男性/その他)

「チャイ。ホットチャイを飲むと体の中から温まりむしろ外気が涼しく感じる」(39歳/男性/その他)

「豚汁。豚肉は疲労回復に良く、野菜もたくさん摂れるので健康的。冷えた胃腸が温まる」(56歳/女性/主婦)

総じて、「冷房の部屋ばかりにいるので内臓から温める」「汗が出てデトックスされる」との想いから、夏でもあえて温かい物を自主的に食べる人が多いよう。

 

先入観に縛られず、ものは試し。あえてのホットなメニューを楽しんでみるのもアリかもしれませんね。

 

文/鳥居優美

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。

kufura編集者募集
kufura members募集中
連載

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。