kufura(クフラ) 仕事も家庭も、私らしく!を叶えるヒント

1000円台で買える本格ショコラを「サロン・デュ・ショコラ2019」で探してきました!2000円以下の美味ショコラ10選

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

国内最大級のチョコレートの祭典「サロン・デュ・ショコラ 2019」が、2019年1月23日(水)から1月29日(火)まで、新宿NSビル地階・イベントホールにて開催されます。

日本では滅多に買えないショコラも集まる一大イベントだけに、どれもこれも美味しそうで、何を買えばいいか迷っちゃう! そんなあなたのために、『kufura』編集部が「1,000円台で買えちゃう本格ショコラ」を厳選。家族に、友だちに、自分へのご褒美チョコに……うれしい価格の美味ショコラ10選です!

「サロン・デュ・ショコラ2019」会場は、過去最多の112ブランドが集まり、大盛況。こんなにたくさんのショコラを見ると、なんだかテンションが上がって色々買いたくなってしまいますよね。

今回は、一流ショコラティエの商品なのに2,000円以下で気軽に購入できる!というお手軽ショコラを、編集2名がそれぞれにセレクトしてみました。

※価格は全て税込価格

「こだわり素材ショコラ5選」サロン・デュ・ショコラ2019のテーマからセレクト!

<~パリ発・チョコレートの祭典~サロン・デュ・ショコラ2019>

ショコラは、自然が私たちにくれるさまざまな素材からできています。
主役となるカカオ、そのほかの果実やナッツ、ミルクやハーブなど。
それぞれが、それぞれの魅力を生かしながら、ショコラはさらに美味の翼を広げます。
世界中の人々を心から満足させるショコラの深遠なるパワー。
サロン・デュ・ショコラで、自然が私たちにくれた美味しい「贈りもの」との出逢いを楽しんでください。

編集Sはサロン・デュ・ショコラ2019テーマ「Tous les gouts sont dans la Nature! ショコラは自然の贈り物 」から、素材が大きな魅力となっている商品をセレクトしてみました。

「ダリケー カシューチョコ」(100g)1,080円

チョコレートでコーティングされたカシューナッツの大きな粒がゴロゴロ入った、カシューナッツのチョコレートです。

<カカオと同じ産地=インドネシア・スラウェシ島特産の大粒カシューナッツを丸ごとチョコで包みこんだ定番&人気の一品。カカオの風味豊かなビターチョコレートとカシューナッツの優しい甘みが、なんとも言えない抜群のマリアージュを魅せています>

(以下<>内は商品紹介より)

定番のナッツ×ショコラ。アーモンドももちろんいいのですが、こんな大粒なカシューナッツのショコラは滅多にお目にかかれません! カシューナッツはローストせず、生の粒を使っているので柔らかいのが特徴。

「ラーカ バーボン カスク エイジド」(51g)1,201円

こちらは香りが豊かなタブレット。

<バーボンの古樽にカカオニブを入れ約4週間香りづけ。スモーキーな香りを愉しめるローチョコレート>

こちらのバーボン以外にも、ペルー産のカカオを赤ワインで蒸し上げることで芳醇な香りとレーズンを思わせる味わいを楽しめる「カベルネ ソービニヨン」(51g)や、スパイスのような風味を持つドミニカ共和国産のカカオ豆とお茶のマリアージュを味わえる「グリーンティー クランチ」(51g)など多くの種類があります! お好みで選んでみてくださいね。

「ベルアメール京都別邸 瑞穂のしずく(5個入)」1,512円

先ほどは洋酒メインだったので、今度は日本酒のショコラをご紹介!

<枡のカタチの美ショコラ。ブランドの代表的なショコラ=京都の日本酒シリーズ。新たに“大鷹二条城”も加わりました>

枡を模したショコラに入ったお酒がキラキラして本当に美しいです。味はもちろん、香りも芳醇。

「ヨシノリ・アサミ ショコラ ゴールデンベリー」1,512円

こちらは、まだまだ珍しい“ゴールデンベリー”のチョコレート。ゴールデンベリーとは食用ほおずきのこと。食用のほおずきって、とっても甘くておいしいんですよ。

<スーパーフード ゴールデンペリーにビターチョコレートをかけた新商品。ほろ苦く甘酸っぱいほおずきとビターチョコレートの相性が抜群です>

完全にセレクトした編集Sの趣味ですが、ほおずきが大好きで選んでしまいました! まだ食べたことないかたはぜひ、この機会に“ほおずきデビュー”してみてください。

「アンティカ・ドルチェリア・ボナイユート ゴマのプラリネ・クロッカンテ」(4個入)1,620円

こちらはちょっと和っぽい食材、ゴマを使ったショコラです。

<斬新なゴマのプラリネ。ゴマのクロッカンテをホワイトチョコと合わせてプラリネにしました。香ばしいゴマの香りと風味>

ゴマを使っているので、日本のショコラティエなのかな?と思っていたのですが、こちらはイタリアの老舗ショコラティエのもの。普段から食べているゴマの新しい魅力を感じることができそうです!

あこがれの…1,000円台で買えるブランドショコラ

編集Mは、やっぱりあこがれの有名ショコラティエのショコラがいい! ということで、1,000円台でも手に入る憧れのブランドショコラを厳選しました。高級感、美しさ、お味……どれも、とても2,000円以下とは思えないものばかりです。

「カカオ サンパカ ルビーロサ」(3個入)1,620円(税込)

やはり今年押さえておきたいのは、ルビーチョコレート。ルビーチョコレートは、ルビーカカオと呼ばれるカカオ豆の色と味を活かしたピンク色のチョコレート。着色料もフルーツも入っていないのに、鮮やかなピンク色で、フルーティーな酸味のあるチョコレートなんです。

なかでもやはりこの「カカオ サンパカ ルビーロサ」の美しさは絶品。

<ロマンティク・ピンク! ローズ風味のダークガナッシュを、ベリーのようにフルーティーな酸味のルビーチョコでコーティング。ほのかな苦味と上品なローズの香りが魅力の数量限定コレクション>

この華やかさはまさに今年の旬。ローズ風味のガナッシュは香りもとっても華やかです。

「パティシエ エス コヤマ テリーヌ ドゥ ショコラ ヘッコンダ」1,674円(税込)

ボンボンやタブレットもいいけれど、チョコレート菓子だって負けていません。「パティシエ エス コヤマ」のテリーヌは、しっとり、どっしりな質感が魅力です。

<あたかも生チョコレートを口にしたようにねっちりと絡みつき、体温でゆるりと溶け、ほのかにビターでほんのり甘い、濃厚なカカオの香りが広がっていきます。その魅惑の食感の素になっているのは、南米原産のカカオ豆が持つ、豊かではっきりとした風味を持つカカオ分70%のショコラ・ノワール。長く口に残る酸味と立ち上がるアロマが、力強くもエレガントな苦みを醸し出します。そんなたぐい稀なる素材を卵で練り上げ、低温でじっくり焼き上げた重厚なるテリーヌ・ショコラ、それが“Hekkonda”です>

満足感の高いテリーヌは、紅茶やコーヒーだけでなく、お酒にも合いそう。パーティーのお持たせにも。

「銀座千疋屋 潮彩」(4個入)1,944円

見てください、この美しさ。和菓子にも通ずる繊細な彩りのショコラです。

<高知県産の柚子×石川県“わじまの海塩”、山形県産紅秀峰×小笠原諸島“ムーンソルト”など。国産の果物をベースにしたチョコと良質な国産の塩を組み合わせた4種のガナッシュ。それぞれ繊細な味わいです。

さまざまな旬の果物の美味しさを伝え続けて120余年。長い歴史をもつフルーツ専門店として伝統を守りつつ、国産果物の新しい楽しみ方をショコラやスイーツでも表現しています。2015年、2016年にはC.C.C.で最高位を受賞しました>

イベントの花形はやはり海外ブランドですけれど、日本のショコラの美味しさ、美しさだって、もちろん引けを取りません。見た目通りに繊細なお味を楽しんで。

「セバスチャン・ブイエ ココットショコラ」(6個入)1,944円

見ただけでうれしくなってしまう可愛いショコラならこちらがおすすめ。お鍋(ココット鍋)の形のキュートなショコラです。

<今年もココット食べよっと! 昨年も“かわいい!”と大反響。ココット鍋型のショコラの中にガナッシュを閉じ込めました。ブロンドの鍋はパッションやマンゴーの風味、ピンクの鍋は苺風味、ノワールの鍋は胡椒とオレンジ風味。ショコラの味わいも新しくなり、BOX自体のデザインもお鍋になってさらにバージョンアップしました>

パッケージまでココットの形で、心がはずんでしまいますよね。もちろん味だってお楽しみです。こちらもキュートな、クロワッサンを模した「クロワッサンショコラ(6個入・1,944円)」も。

「ブノワ・ニアン グランクリュ」(5個入)1,998円(税込)

重厚な箱は、1,000円台とは思えない高級感。家族やお世話になった人へ、感謝の気持ちを込めたチョコにぴったりです。

<産地、生産者へのリスペクトから他の豆とは混ぜないシングルオリジンカカオへのこだわり。これぞカカオ職人、ブノワ・ニアンの世界が味わえるBean to Chocolat厳選5粒>

もちろんお味も本格派。5粒というボリュームもうれしいですね。

番外編!kufura編集部員が選んだ「ベストショコラ」

最後に、編集Sと編集Mがこの日試食した中からそれぞれにベストショコラを選出しました。

編集Sが選んだのは……2,000円をちょっとだけ超えてしまうのですが、「ブノワ・ニアン ブノワMixボタニーク」(5個入/2,160円)のなかの、「ラベンダー」。ラベンダーの香りって、ともするとかなりキツく、芳香剤のようになってしまうところですが、こんなに上品に美味しくするなんて……! まさに驚きでした。

編集Mが選んだのは……「ダリケー カカオが香るチョコレート・トリュフ」(3個入/1,620円)のなかの、「柚子」のボンボン。ジューシーな柚子の酸味と、しっとりしたトリュフの甘みが絶品! とろけるような味わいに思わずうっとり。

そのほかにもご紹介しきれない美味ショコラがまだまだたくさんありました。

サロン・デュ・ショコラは会場だけでなくオンラインでも楽しめます。あなたもぜひ、ショコラの祭典に参加してみて。

【開催情報】

『サロン・デュ・ショコラ 2019』

会場:新宿NSビル地階 イベントホール(東京都庁舎隣り)

一般会期:2019年1月23日(水)~29日(火)

※インターネット上で時間帯別入場チケット(有料)の販売あり。詳細は公式HPで。

サロン・デュ・ショコラ日本公式サイト

~パリ発、チョコレートの祭典~ サロン・デュ・ショコラ 2019 | 伊勢丹オンラインストア

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載