子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

大人ピンクが素敵な「資生堂パーラーの花椿ビスケット」限定缶が販売中。他にも、魅力的な缶菓子をご紹介!

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

昭和初期に誕生した『資生堂パーラー』の「花椿ビスケット」。通常の赤・青の缶とは異なる限定缶が発売されているのを知っていますか? 現在発売中の限定缶は「ピンクゴールド」色。どこか懐かしさを思い起こさせる“大人ピンク”の缶。ぜひ自分へのご褒美にいかがですか? 缶マニアことフードジャーナリストの中田ぷうが、ほかにも『資生堂パーラー』のおすすめ缶菓子を紹介します。

来年の春ごろまでの期間限定発売

9月10日に販売開始になった「花椿ビスケット24枚入 限定缶ピンクゴールド」(1,809円)。あっという間にこの美しさとかわいらしさが広まり、私も販売開始時は無事購入できましたが、2度目、ギフト用を買いに行ったときはすでに入荷待ち!

でも販売期間は来年の春ごろまでを予定しているようなのでご安心を。

印象的な「花椿ビスケット」の缶は、缶マニアたちの間でも多くのファンが存在します。資生堂のシンボルマークである「花椿」は、初代社長であった福原信三氏が1915年にデザインしたもの。

福原氏は実業家でありましたが、一方で芸術をこよなく愛し、写真家やアーティストとしても活動していました。この福原氏の「花椿」のデザインを元に、現在の形にしたのが日本のグラフィック界の先駆者であった山名文夫氏です。

トリコロールカラーが魅力的な“ビスキュイ缶”

「ビスキュイ20枚入」1,809円(税込)

限定缶以外にも『資生堂パーラー』には魅力的なパッケージに入った商品はたくさんあり、缶マニアである私からはぜひ定番商品の中から素敵な“缶商品”を紹介させていただきたい!

グラフィックデザイナーの大御所である仲條正義氏が、パッケージデザインを手がけています。

●「ビスキュイ20枚入」

トリコロールカラー×ストライプ。もうフレンチテイスト好きの女性にプレゼントすると絶対に喜ばれる缶です。こちらも何度ギフトとして使ったかわかりません。

食べ終わったあと、文具入れとしてもちょうどいい大きさで重宝しています。こちら20枚入のほか、30枚入、50枚入まであり、ビスキュイは個包装になっているので仕事先への手土産としても大活躍。

わざわざ銀座に行く価値あり。銀座本店ショップ限定商品

「プティ フール セック プティ」2,160円(税込)

『資生堂パーラー』創業の地・銀座。この本店でしか買えない商品が多々あるのをご存知ですか?

中でもおすすめなのは「プティ フール セック プティ」。2019年11月のリニューアルに伴い、この千鳥格子×レッド×ブルーの鮮やかなデザインに生まれ変わりました。テーマは『銀座八丁目物語』。もちろんこれを手がけたのは現在も精力的に活躍するグラフィックデザイナーの仲條正義氏です。

あえて、缶の側面には「プティ フール セック」とカタカナの文字を入れたというこのデザインの遊び心が好きで、ずっと欲しい!と思っていたところ、友人からプレゼントしてもらい、そのときのうれしさと言ったら!

やはり2,000円を超えると家庭を支えるママたちなら買う際にちょっと躊躇すると思います。でもこれは中のクッキーのおいしさも含め、1年に1回くらい自分へのご褒美として買っていいと思います(笑)。

大丈夫!600円台で買える缶菓子もあります

「金平糖 ミックス(子猫)」648円(税込)
「金平糖 ピンク(女の子)」648円(税込)
「金平糖 ホワイト(男の子)」648円(税込)

とはいえ「2,000円出すのはちょっと……」とお値段に躊躇してしまう人もいらっしゃると思います。そんな方たちにおすすめなのがこちら「金平糖」。

こちらも銀座本店ショップ限定商品。手のひらサイズのかわいらしい丸缶に入った金平糖で、ホワイト×ブラックで構成されたデザインなので子猫や子どもが描かれていてもそこまで甘くならないのがいいんです(側面1カ所に赤い“花椿”マークが入っているのもポイント高)。

期間限定の「花椿ビスケット24枚入 限定缶ピンクゴールド」と「ビスキュイ」各種はオンラインショップでも買えるのでぜひ!

 

【参考】
https://parlour.shiseido.co.jp/
https://parlour.shiseido.co.jp/food_products/onlineshop/
※定番商品、期間限定品はオンラインショップでお取り扱いしております
※こちらの情報は2020年11月時点のものです

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
人気の記事
連載・特集