子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

「美味しすぎてズルい!」アスパラガスの我が家ナンバーワンの最強食べ方 

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

春先から旬を迎えるアスパラガス。シャキシャキとした食感が楽しく、子どもにも大人にも人気の食材です。そんな旬のアスパラガスを最高に美味しく食べるために、今回『kufura』では既婚女性189人にアンケートを実施し、「アスパラガスの我が家No1の食べ方」について聞いてみました。

春らしさを演出してくれる「アスパラガスのパスタ」

「アスパラガスとベーコンのパスタ。シンプルな味付けだけど王道のおいしさ」(27歳/主婦)

「オリーブオイルでペペロンチーノ味。想像通りの美味しさです」(53歳/学生・フリーター)

「アスパラのバター醤油パスタ。シンプルな味付けでアスパラの味が引き立つし、焦がしたバター醤油の味がたまらないです」(49歳/総務・人事・事務)

「アスパラとベーコンパスタ。薄い麺つゆの味とベーコンの塩味、玉ねぎの甘さと鷹の爪の辛さで、新鮮なアスパラの味を引き立てるパスタ料理」(33歳/営業・販売)

「合挽き肉とアスパラのパスタ。ニンニクオイルと白ワイン、コンソメとパルメザンの味わいをアスパラが吸って、美味しい」(48歳/主婦)

アスパラガスの緑色が美しく、春らしさを演出してくれるパスタ。筍やアサリなどを入れたら、さらに春感が増し、今ならではの旬の一皿が楽しめそうです。

素材の味が際立つ「アスパラガスのオーブン焼き&グリル焼き」

「アスパラガスの素焼き。太いアスパラを焦げ目が付くまで焼いて、そのまま食べる。香ばしさと甘みが強くなって、何もつけなくても美味しい」(72歳/主婦)

「採れたての太くて大きいアスパラを魚焼きグリルで焼いて、ガーリックと塩で食べる。いくらでも食べられる」(45歳/主婦)

「塩胡椒とオリーブオイルとパン粉と粉チーズをかけてオーブンで焼くだけ」(45歳/主婦)

「アスパラのホワイトソース焼き。アスパラに布団がかかっているような感じ、と子どもが喜んでいた」(66歳/コンピュータ関連以外の技術職)

「アスパラガスのマヨチーズ焼き」(35歳/総務・人事・事務)

素材の味が際立つグリル焼きやオーブン焼きでシンプルに食べるのが美味しい、という人が多数いました。焦がしてしまわないよう火加減に注意し、程よいジューシーさを残すのがポイントなようです。

旬のアスパラだから柔らかくて美味しい!「アスパラのお浸し」

「アスパラのお浸し。さっぱりと醤油味でおいしい」(61歳/総務・人事・事務)

「お浸し。柔らかくておいしいです」(54歳/主婦)

「蒸したアスパラに塩昆布を混ぜ、軽くごま油を回しかける。冷蔵庫で少ししんなりするまで待つ」(48歳/主婦)

旬のアスパラガスは柔らかく、お浸しにもってこい。醤油もいいですが、麺つゆを使って味付けすれば簡単に1品できあがり。常備菜にもよいですし、美味しいので家族にも喜ばれそうですね。

天ぷら、串揚げ…「アスパラガスの揚げ物」

「アスパラガスの天ぷら。シンプルですがアスパラガスの味がしっかり楽しめて美味しいです」(51歳/主婦)

「ちくわとアスパラのかき揚げ。マヨネーズに醤油を少し垂らしたのにつけて食べると、ビールが止まりません」(43歳/主婦)

「アスパラガスの串揚げ。水溶きした小麦粉とパン粉を付けて油で揚げます。ポン酢で食べると美味しいです」(56歳/主婦)

「バターで炒めたあと、油で揚げる。ただの野菜からしっかりとしたおかずになる」(45歳/主婦)

「ステーキを焼いた後の油を使って、アスパラを素揚げしています。お肉の脂とよく合うので、とてもおいしいです」(38歳/デザイン関係)

「アスパラの春巻き。お弁当にもよいし、最高の彩り。シャキシャキ感がたまらないおいしさ」(44歳/その他)

下準備でバターで炒めたり、ステーキを焼いたあとの油で揚げるなど少しリッチさをプラスすることで、アスパラだけでも十分贅沢なおかずになります。どれもビールが進みそう。

これぞド定番!肉と野菜の最強コラボ「アスパラの肉巻き」

「アスパラの豚巻き。お弁当に入れると断面がきれいで彩りがいいし、ご飯がすすむしで子どもに好評です」(50歳/主婦)

「アスパラを茹でて豚肉で巻いてます。味付けは塩胡椒だけのシンプルだけどとっても美味しいです」(40歳/総務・人事・事務)

「アスパラの豚肉巻きカツ。アスパラを1本のまま豚肉の薄切りを巻き付けてカツにする。ちょっと揚げにくいが見た目もインパクトがあり、アスパラのシャキシャキ感がいい」(56歳/主婦)

「アスパラガスの肉巻きフライ。アスパラの甘みが豚の脂とよく合います。主人もこれを出せば跳ねるほど喜ぶ」(30歳/主婦)

アスパラといえば一番に「アスパラの肉巻き」が思い浮かんだ人も多いはず。ジューシーな肉とアスパラガスのシャキシャキした食感の絶妙なバランスはやみつきになりますよね。彩りもよいのでお弁当にもいいですね。

おつまみにしたら止まらない「アスパラチーズ」「温玉トッピング」

「アスパラに軽く塩胡椒をして焼き、溶かしたチーズを思いっきりかけて味わうことです」(48歳/営業・販売)

「アスパラのアヒージョ。ニンニクを効かせます」(52歳/主婦)

「茹でたジャガイモとニンニクで炒めるだけ。ビールのあてにいいようです」(51歳/総務・人事・事務)

「アスパラとアーモンド、ベーコンの炒めもの。塩コショウで味付け。スライスアーモンドとの相性は抜群」(41歳/主婦)

「アスパラガスとホタテ貝柱のレモンバターソテー」(33歳/主婦)

「アスパラ温玉のせ。茹でたアスパラにオリーブオイルと塩コショウをかけ、最後に温玉トッピング! おしゃれだし美味しいし、女子ウケよし!」(35歳/主婦)

「アスパラガスとコーンのバター炒め」(45歳/主婦)

居酒屋メニューで出てきそうな、食欲をそそるおつまみばかり。レパートリーが増えそうですね。

 

いかがでしたか。茹でてマヨネーズをかけるだけでもおいしいですが、肉で巻いたり、揚げたり、一手間加えることで違った美味しさが引き出されます。ぜひみなさんも旬のアスパラガスを使って、いろいろなアスパラガス料理を楽しんでくださいね。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載・特集