kufura(クフラ) 仕事も家庭も、私らしく!を叶えるヒント

「平成最後の年末掃除」大作戦!長年掃除できていないアノ場所をケルヒャーが攻略

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

2018年を何かと賑わした「平成最後の○○」。清掃機器の最大手メーカー、ドイツ・ケルヒャー社の日本法人、ケルヒャージャパン株式会社では、家庭内で長年放置されている「平成の汚れ」についてアンケート調査を行いました。

その結果、多くの人にやり残した掃除ポイントがあることがわかりました。そこで、ケルヒャーが提案する、新年号になる来年を気持ちよく迎えるため、家族みんなで協力して気になり続けたあの汚れを一掃する「平成最後の年末大掃除」を見ていきましょう。

意外とやり残しがある大掃除!約8割に掃除ができていない箇所があることが判明

ケルヒャー ジャパンによる調査では、今年も81.6%と多くの方が大掃除を実施する予定だと判明しました。しかし、76.2%と約8割の方に例年の大掃除で掃除しきれていない箇所があるようです。

家中を掃除するのはなかなか大変ですが、平成最後の今年こそ、気になっていた場所をスッキリきれいにする、心残りなしの大掃除を実施してみてはいかがでしょうか。

さらに、大掃除でも掃除が行き届かない、汚れが放置されがちな箇所について調査しました。

《屋外編》

1位:外壁・・・197人

2位ベランダ・・・107人

3位室外機・・・91人

4位網戸・・・85人

5位窓/物置・・・59人

《屋内編》

1位:レンジフード・換気扇・・・116人

2位エアコン・・・66人

3位トイレの貯水タンク・・・59人

4位窓のサッシ・・・47人

5位照明器具・・・45人

屋外で掃除できていない箇所として最も多く挙がったのは「外壁」、屋内では「レンジフード・換気扇」という結果に。

外壁については「掃除に時間がかかる」という理由で、レンジフード・換気扇は「汚れが簡単に落ちない」という理由で掃除ができていないことがわかりました。「レンジフード・換気扇」は、『平成最後にきれいにしたい箇所』でも1位に選ばれ、多くの方にとって今年こそ掃除したい場所となっているようです。

ケルヒャー製品を使って「平成最後の年末大掃除」をしてみたら…?

《屋外編》

【外壁・塀】

「時間がかかる」という理由で掃除ができていない場所1位の外壁は、高圧洗浄機を使うことで女性でも簡単に短時間でお掃除できるそう。延長パイプを使えば諦めていた高い場所もさっぱりキレイに。

【窓・網戸】

毎日必ず目にする窓も、高圧洗浄機でラクラクお掃除! 意外と汚れている網戸も、高圧洗浄機なら窓と一緒に丸ごとキレイにできるそうです。

窓の内側は子どもたちが窓用バキュームクリーナーを使ってお手伝い! 誰でも簡単に使えるので、家族みんなで楽しく盛り上がりながら大掃除ができますね。

《屋内編》

【レンジフード・換気扇】

「汚れが簡単に落ちない」という理由で掃除をしない人が多かった「レンジフード・換気扇」は、高温スチームで油汚れを浮かせることで、簡単にキレイにできるそう。レンジフードなど平らな面はカバーを付けたハンドブラシで、換気扇ファンなど細かいところはブラシで擦り洗いすれば、サラッと清潔な仕上がりに。

 

その他にも、気になる場所をしっかりキレイにする方法がケルヒャー特設ページで紹介されています。長年の悩みが解決するかもしれません!?

ケルヒャーホームページ内特設ページ:

https://www.kaercher.com/jp/home-garden/yearend-cleaning-2018.html

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載