子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

「子どもとプール」を快適に!ママ必携「プールに持っていきたい便利グッズ」を大調査

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

子ども達の夏の楽しみのひとつといえばプール! 暑い夏に思いきり遊べるレジャーとして大人気ですよね。ただ、連れていく大人にとっては、荷物も多く、後の処理もなにかと手がかかるので大変です。

そこで『kufura』では、「子どもとプールに行く際になにかと重宝する便利・快適グッズ」を大調査。226人のママ達に聞いた回答をご紹介します。

プールに入る前にやっておきたい「夏の大敵・紫外線対策」

プールは楽しいけれど、大人も子どもも気になるのはやっぱり紫外線ですよね。紫外線グッズは必携という声が多数上がりました。

「SPF30以上の日焼け止め。日焼け対策の帽子」(43歳/その他)

「ウォータープルーフの日焼け止め」(39歳/主婦)

「オールインワンの日焼け止め。家族全員が使える」(40歳/総務・人事・事務)

「日焼けどめスプレーとフード付きバスタオル。手短に日焼け止めを塗布できるし、フード付きバスタオルは日焼け止めにもなる」(47歳/主婦)

また、日焼け止めを塗る以外の日焼け対策として“ラッシュガード”も人気です。

「ラッシュガード。日焼け止めになるから」(43歳/総務・人事・事務)

「ラッシュガード。強い日差しから肌を守るため」(38歳/主婦)

こちらは着せるだけで日焼け対策ができるので、ママ達の作業もなく楽チンですね!

「プールの中」や「プールサイド」であると便利なのはこんなグッズ!

では、プールに入っている時や、プールサイドで過ごす時に持っていると重宝するものをみていきましょう。

「休憩タイム」にあると便利

「レジャーシート。座って休むのに」(44歳/主婦)

「携帯椅子やレジャーシート。気楽に座れる場所は確保したい」(37歳/主婦)

「ワンタッチのテント。強い日差しを遮り、また更衣室が混んでいる時など子どもはテントの中で着替えができるから」(38歳/主婦)

「サンダル。プールサイドは意外と暑い」(40歳/主婦)

「手持ち扇風機」(43歳/その他)

「日傘。どこでも日陰ができる」(30歳/主婦)

「首からさげる携帯ケース。携帯と小銭が入れられる」(35歳/その他)

「貴重品を入れて持ち歩ける防水斜めがけポシェット」(41歳/企画・マーケティング)

防水グッズは、スマホや小銭を携帯できて役に立つと人気。最近では種類も増えてきています。また、混雑するシーズンは、プールサイドでの居場所を確保するためのレジャーシートやテントも人気。

「水分補給」をしっかりと!

「凍らせた清涼飲料水。水分補給大事だから」(41歳/その他)

「保冷機能ボトル」(48歳/その他)

夢中で遊ぶ子ども達がしっかりと水分補給するためのアイテムも重要です。

プールから出た後の「着替えさせる・乾かす・荷物をまとめる」作業は時間との闘い!

「お着替え」をスムーズに!

プールを楽しんだ後のお着替えタイムは、ママ達が一番大変に感じる作業の連続ですよね。まずは手際よく子どもを着替えさせるためのアイテムはこちら。

「大きなバスタオル。外で着替えもできる」(45歳/公務員)

「ポンチョタイプのタオル、子どもが喜ぶのでさっさと体が拭ける」(35歳/総務・人事・事務)

「三角の帽子になっているタオル。濡れた髪も乾きやすく洋服を濡らさない」(35歳/主婦)

と大判で、水を吸い取るタオルが大人気です。また最近は、速乾性が高いタオルや、髪を乾かすタオルキャップも人気。

「セームタオル。拭いても絞れば何度でもふける」(44歳/その他)

「速乾タオル。じっとしてられない子どもでも、すぐに体をふけるから」(25歳/営業・販売)

「タオルで出来たキャップ。ドライヤー不要で風邪予防にもなる」(44歳/主婦)

また、そもそも、

「シリコン製の水泳帽。髪が濡れない」(36歳/主婦)

と、髪の毛を乾かす作業を省くためのグッズを挙げる声もありました。

水着類を「持ち帰る」ためのグッズ

水に濡れたものを持ち帰るグッズもあると重宝します。

「ひとまとめになる大きめの袋」(29歳/主婦)

「ジップロックは何かと便利。5枚くらい入れてる。濡れたものを入れてもこぼれない」(34歳/主婦)

「IKEAの特大ジップ袋。濡れた水着もラッシュガードもすっぽり入る」(42歳/その他)

「大量のビニール袋。何にでも活用できる」(25歳/主婦)

「ダイソーのビニールバック。濡れた水着をいれるのに最適」(46歳/主婦)

「濡れたものをいれる洗濯ネット。そのまま洗うから」(31歳/主婦)

 

子ども達が大好きな夏のレジャーだからこそ、快適にプールを楽しみたいですよね。プールによっては日焼け止めの使用が禁止だったり、サンシェードの持ち込みが禁止だったりと、個別の決まりがあるので、「こんなはずじゃなかったのに〜」とならないように事前にしっかりとチェックしてください。今年の夏、プールにお出かけの際の参考にしてくださいね!

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。

kufura members募集中
連載・特集
人気の記事

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。