kufura(クフラ) 仕事も家庭も、私らしく!を叶えるヒント

JAFが発表する「昨年のお盆期間中多かった救援要請」2位燃料切れ、1位は…

はてなブックマーク facebook Twitter LINE

夏は、帰省やレジャーなどで車による長距離移動が増えますよね。JAF(一般社団法人日本自動車連盟)の発表によると、昨年のお盆期間中の出動は7万6797件にものぼったそうです。お盆期間にトラブルが発生しないよう、JAFがドライバーへ運転前の車両点検を行うよう呼びかけを行っています。どんな点検を行ったらよいのか、詳しい内容を見ていきましょう。

お盆期間中、高速道路の救援要請1位はタイヤのパンク

JAFが、昨年のお盆期間中(2017年8月11日~20日の10日間)に実施したロードサービスは7万6797件にものぼったそうです。そして、高速道路で最も多いのが、

・「パンク」(1323件:全体の34.48%)

次いで

・「燃料切れ」(407件:全体の10.61%)

特にパンクは空気圧不足で発生することもあるそうなので、運転前のチェックを行うようJAFが呼びかけています。

<参考>

ロードサービス救援データ

クルマ何でも質問箱 高速道路を走る前にチェックしておきたい点検ポイントとは?

クルマでお出かけ前に注意したいポイント

1:「タイヤの空気圧」は適正ですか?

空気圧が少ないとパンク・バーストの可能性も。さらには燃費も悪くなるとのこと。セルフのガソリンスタンドでも係員に声を掛ければチェックできるそうなので、ぜひ行ってみてください。

クルマ何でも質問箱「タイヤの空気圧点検と充填方法」

JAFユーザーテスト「空気圧不足でも起きるタイヤのバースト」

2:「燃料」は十分ですか?早めの給油を

あると思った給油所が閉店している、営業時間外で閉まっている……なんて想定外のことも! 早めの給油を心掛けましょう。

クルマ何でも質問箱「高速道路の燃料切れの危険性とは?」 

3:そのほか注意しておきたいポイント

・渋滞時の電装品の使用を控えましょう

エアコンを使う夏場、渋滞中に電装品を使いすぎるとバッテリー上がりの原因に。

・高速道路走行中にトラブルで停車した際は、車外の安全な場所へ

トラブルの際は、必ずガードレールの外などの安全な場所に避難してからJAFへ連絡してください、とのことです。

 

トラブルを未然に防ぐために、できるところは事前にチェックして、安心してお出かけしましょう!

はてなブックマーク facebook Twitter LINE