kufura(クフラ) 仕事も家庭も、私らしく!を叶えるヒント

過酷なロケでもキレイを保つアイテムずらり「ミステリーハンター・比嘉バービィさん」の旅支度・美容編

はてなブックマーク facebook Twitter LINE

世界を舞台にした長寿クイズ番組・TBS系『世界ふしぎ発見!』のミステリーハンターとして活躍している比嘉バービィさん。「私は秘境担当なんです(笑)」という比嘉さんは、中南米やアフリカといった開発途上国でのロケを担当することが多く、旅の必需品もこだわりアリ!

そんな彼女の旅の美容グッズをリサーチ。これさえ押さえておけば、暑い国に行ってもキレイをキープできるはず。比嘉さんのスーツケースの中から、実際に使っている美容グッズを撮影させていただきました。

厳しい環境下でのロケはミニマムメイクで乗り切ります!

ワンピース/キヌアブティック(http://www.burnbreeze.com/quinoa.html) ピアス/キュベ(http://www.acce-cuvee.com/) バングル/バフ(http://www.buff-shop.com/phone/) その他/本人私物

先日、比嘉さんがロケをしたアフリカ大陸のジブチとエチオピアは、世界一暑いと言われる国々。毎日40℃以上は当たり前。場所によっては50℃を超す過酷な環境。そんな場所だとメイクもすぐ落ちて大変では……?

「暑い国ではすっぴんでいたいくらいですが、番組の撮影なので最低限のメイクはしています。ベースメイクと眉毛さえメイクしておけばどうにか……(笑)。昔はマスカラをしていたのですが、ロケだとビューラーする時間もないし、湿度が高いとまつげがどんどん下に向いていく。だから最近はナチュラルなまつエクをしています。目を大きく見せたいとかじゃくて、ロケ先でのメイク時短のためのまつエクです(笑)」

熱帯地方でシャワーが浴びられない時の救世主

砂にまみれながらのロケの日々、水が貴重な場所だと3日もシャワーが浴びれないことも。そんな時はウェットシートでこまめに拭くしかないとか。

「さっと腕を拭いただけなのに、ウェットシートが砂で真っ茶色になってショックを受けることも(笑)。こまめに使うので、ブランドは問わず、とにかく枚数が入っていればいい(笑)。石鹸がない場所に備えて、ハンドソープも欠かさず持っていきます。トイレットペーパーがない時のためデリケートゾーン用のウェットシートも欠かせません」

【比嘉バービィさんの旅行秘話もチェック!】

ミステリーハンター・比嘉バービィさんに聞く旅の秘話!「海外の旅へのモチベーションは好奇心」

入浴タイムを充実させる必需品

地域によってはホテルのアメニティに期待できないこともあり、入浴グッズは持参。洗顔用のスポンジは、体を洗う時にも活用。角質を柔らかくしておきたいので、少しでも固くなってきたと感じたら軽石でゴシゴシするそう。

「『フレッシィ ドライシャンプー』は使ったあと、頭皮がさっぱりするので、暑い国でのロケの時は持っていきます」

強力な日焼け止めをシーンによって使い分け!

ロケでは1日中外にいるため、SPF50以上が基本。

「メイク前にベースとして『ヘリオケア サンスクリーン』や『ベアミネラル プレップステップ ミネラル シールド』を塗ります。ロケ中は塗り直す時間がないので、さっと使えて手も汚れないスプレータイプの『サンカット ウルトラUV サンプロテクトスプレー』を」

フェイスケアにも使っちゃうハンドクリーム

乾燥した機内に加え、トイレに行くたびに塗り直すためハンドクリームはレギュラーサイズがベター。

「スキンケア品も持っていきますが、ケアがめんどくさい時はハンドクリームを顔に塗ることも。『ローラ メルシエ』は香りがよく、『イソップ』は昔から好きなパッケージだからつい買ってしまいます」

肌荒れしやすい海外ではフェイスシートでケア

化粧をしっかり落とす時間がないようなロケが続くと、肌荒れしやすいそう。

「そんな時はフェイスシートの出番。肌とともに気持ちも落ち着きます。ロケ中は食事のときにお酒を飲む機会も多いので、むくみ取りに“かっさ”も必需品です」

ベースメイクは崩れにくさ重視で選びます

肌に優しいのに、しっかり密着するという比嘉さんのおすすめが『セルヴォーク インテントスキン リキッドファンデーション』。崩れにくいのも◎!

「過酷な環境でも、もちがいいのが『ベアミネラル』。色付きの日焼け止めを下地にして『ベアプロ フル カバレッジ コンシーラー』と『ベアプロ パウダー ファンデーション』だけでベースメイクが完了することもありますね」

眉毛メイクは、まずマスカラから

「先に『エテュセ カラーリングアイブロー』で眉毛全体にマスカラして、『ベアミネラル ブロウマスタースカルプティング ペンシル』で眉毛の間を埋めるようにして描いています」
眉毛マスカラをしてから描くと、ある程度形ができてメイクの時短になるとか。

旅先でもストレッチは欠かせません

ロケでたくさん歩いていても、上半身はなまっている感じがあるそう。そんな時は時間を見つけて『シェイプリング』でストレッチ。
「過酷なロケに行っても1日3食しっかり食べるので、実は全然痩せないんですよ。『メディキュット』のタイツは機内ではいてむくみを防止します」

 

崩れにくいベースメイクアイテムやウェットシートなどは、キャンプなどのアウトドアシーンでも活躍しそうですね。次回は比嘉さんに聞いた、長時間移動でも快適にすごすための旅の必需品をお届けします。

 

比嘉バービィ・・・タレント・モデル。ペルーで生まれ、5歳より日本で暮らす。モデルとしてデビュー。現在は日本語とスペイン語、英語が話せるトリリンガルとして、TBS系『世界ふしぎ発見!』のミステリーハンターをはじめ、レポーター業を中心に活躍。次回の『世界ふしぎ発見!』(毎週土曜21:00〜21:54)は2018年9月1日(土)放送回にミステリーハンターとして登場!
インスタグラムは@barby724

※アイテムは全て比嘉さんの私物です

撮影/田中麻以(小学館)

はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載