kufura(クフラ) 仕事も家庭も、私らしく!を叶えるヒント

3位釜山、2位台北!会社を休まず週末で行ける「海外旅行先」人気の1位は

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

GWも終わり、「次の連休はいつかな?」とカレンダーを覗いてみたものの、「7月までないの!?」なんて、やるせない気持ちになっている方もいるのではないでしょうか。

そんな祝日のない憂うつな6月を乗り切るために、会社を休まずに週末を利用して海外旅行へ行く計画を立ててみませんか? オンライン総合旅行サービス『DeNAトラベル』が発表した「6月の週末旅行人気旅行先ランキング」を紹介します。

「週末旅行」人気1位はソウル

祝日がない6月ですが、だからといって海外旅行には行けない……と諦めるのは大間違い! 週末を有効活用して楽しんでいる人もいるのです。『DeNAトラベル』が行った同調査では、2018年6月の金曜日(22時以降)または土曜日に出発し、1日もしくは2日後に帰国する予約を対象に週末旅行の人気旅行先を調べました。

その結果はというと、5位香港、4位済州(韓国)、3位釜山(韓国)、2位台北(台湾)、1位ソウル(韓国)となりました。TOP5中3つ韓国がランクインしています。近くて美味しい物がたくさんあって、買い物も楽しめる韓国。人気なのもうなずけます。

では、実際に行ってみたいと思った方に、それぞれの旅先の魅力についてお伝えします!

3位:釜山(韓国)

3位の釜山は多くのビーチがあり、6月に入ると一部の海水浴場では海開きが行われます。東京からの飛行時間は2時間15分ほど。ソウルよりも短い時間で行くことができます。また、新鮮な海鮮も豊富なので、ソウルとは違った韓国を楽しむことができます。観光客が急増しているスポットのひとつが「甘川洞文化村」。カラフルな家屋やオブジェが立ち並び、写真スポットがたくさんあります。

2位:台北(台湾)

2位の台北へは、東京から3時間から4時間程度で行くことができます。2017年3月には、市内と空港を結ぶMRT桃園空港線(地下鉄)が開業し、今までバスで1時間ほどかかっていましたが、40分前後で行くことができるようになりました。時間の少ない週末旅行の救世主ですね。

さらに台北といえば「九ふん」が定番の観光地ですが、最近インスタ映えスポットとして台中の「彩虹眷村」も人気の観光地となっています。台北から台中へは2時間ほどで移動ができるようなので週末旅行でも楽しむことができそうです。

1位:ソウル(韓国)

1位のソウルは、東京から約2時間半で行くことができ、時差もないため国内旅行のような感覚で海外旅行を楽しめる都市のひとつです。また、ソウルへはLCCの運航も多く、海外旅行でありながらリーズナブルに行くことができます。浮いたお金で美味しいものをたくさん食べて、コスメ、マッサージ、ショッピングなどを楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

行ってみたい旅先は見つかりましたか? 次の連休まで我慢することなく、週末を利用して“サクッと海外旅行”なんてワクワクしますね。

 

「DeNAトラベル」(http://www.skygate.co.jp/

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載