子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

何気に重労働!なので「夫にやってもらえると嬉しい」家事ランキング

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

料理に洗濯に子育てに、と日々の仕事に追われて、目まぐるしく過ぎていく毎日。そんな中にはちょっとしたことだけれど案外重労働な家事もあったりして、仕事が休みだからと家でゴロゴロしている旦那さんを見ると「少しは手伝ってよ〜」と思ってしまったりしますよね。
そこで今回『kufura』では20〜50代の既婚女性153人にアンケートを実施し、「些細なことだけど何気に重労働なので夫にやってもらえると嬉しい家事」について聞いてみました。ランキング形式で紹介していきます。

第6位「飲料水や米など重いものの買い出し」…10票

「日々の買い物。飲み物を何本か買うだけで重たいので、たまにはついてきて欲しい」(52歳/主婦)

「米の買い出し。家から徒歩3分のディスカウントストアで購入してリュックに入れて帰ってくるが、5kgでも結構つらい」(56歳/主婦)

「会社帰りに買い物。ついでに買ってきてもらえると楽できます。荷物が重いし、夜だと割引が多いから」(46歳/その他)

「お米や1.5Lのペットボトル飲料の購入」(51歳/主婦)

「重い物の買い物。ビールや洗剤や水分系の物」(52歳/学生・フリーター)

「スーパーでの荷物持ち」(45歳/その他)

第6位は、飲料水や米などの「重いものの買い出し」。米や飲料水も家族分を買うとなると結構な量になってくるので、一人での買い出しは大変ですよね。しかもそれだけで買い物が終わるはずもなく、ついつい他のものを買い過ぎて、ヒーヒー言いながら帰ってくるのが目に見えます……。無理は禁物。いっそ、飲料水や米の買い出しは旦那さん担当、とお任せしてしまうのもいいかもしれません。

第5位「米や灯油、電球などの補充」…11票

「電球の交換。電球を割ってしまったらと思うとちょっと怖いし、火傷をするかもしれないし、自分が不器用なのでやってもらいたい」(33歳/その他)

「ストーブに灯油をいれる」(59歳/主婦)

「米を補充する。米びつに入れるのは重いので、やってくれるとうれしい」(44歳/その他)

「ウォーターサーバーの水の交換」(42歳/主婦)

「猫のトイレの砂替え」(52歳/主婦)

ちょっとしたことですが、やってもらえると嬉しいのが「米や灯油などの補充」。さらに欲を言えば、こっちからお願いするのではなく、気づいた時にさらりとやってくれていたら、それほど嬉しいことはないですね。とはいえ、なかなか気づかないのが現状……。

第4位「移動などの力仕事」…16票

「掃除するときの植物の移動。掃除機をかけながら移動させて、また元の場所に戻すのは面倒だし、体力もいる」(55歳/総務・人事・事務)

「通販で購入する飲料水などの重たい荷物を運ぶ作業。『置いといていいよ』と言ってやってくれるときもあるが、スルーのときもあり、正直毎回やってもらいたい」(30歳/総務・人事・事務)

第4位は「移動などの力仕事」。ついつい自分でもできると思って、ムリしてやってしまいがちですが、あとで腰が痛くなったり、疲れがどっときたり……。年を重ねれば重ねるほどムリが効かなくなってくるので、ここは旦那さんに甘えてやってもらいましょう。

すでに旦那さんにやってもらっていて、とっても助かっているという声もありました。

「冷蔵庫の裏を掃除したい時、夫にエイヤッ!と動かしてもらっています。時間にすると数秒のことだけど重労働には違いなく、それを何の苦も無くサッとやってくれることに感謝。嬉しい気持ちでいっぱいになります」(57歳/主婦)

第3位「ゴミ捨て」…18票

「ごみ捨て。衣類を捨てる日は子ども達の服が何気に重くなり、一人で捨てるのが大変」(49歳/主婦)

「ゴミ捨て。多い時は両手がふさがってドアを開けるのが大変なので、できれば手伝ってほしいです」(31歳/主婦)

「生ごみを出すこと。家族が多いので生ごみがすごく重たくて大変」(41歳/主婦)

「ゴミ出し。子どものオムツが結構重いので」(45歳/主婦)

「溜まった段ボールをゴミ捨て場に運ぶ作業。段ボールの大きさが違うのと地味に重たいから」(28歳/主婦)

「古新聞出し。なかなかな重さなので」(37歳/主婦)

地味に重いのが家庭ゴミ。マンションなどではゴミ捨て場に持っていくまでに距離が結構あったりして大変ですよね。そんな時に、旦那さんが出勤がてらゴミを出してくれると本当に助かります。

中にはゴミ出し以前に、「ごみ袋をくくるところ。ぎりぎりまで詰め込むから括りにくい」「新聞紙をまとめる作業を手伝ってほしい」 という人もいました。ゴミを出すのもなかなかの大仕事ですね。

第2位「洗濯、布団干し」…19票

「洗いあがった洗濯物を干すために移動するとき。些細だけれど水を吸った洗濯物は重たいです」(58歳/総務・人事・事務)

「洗濯物を取り込む。ベランダから取り込んで寝室で畳むときはいいけれど、乾ききっていない時はお風呂場で乾燥させるので、重いし大変」(47歳/総務・人事・事務)

「布団の上げ下ろし。家族分なので結構大変」(37歳/総務・人事・事務)

「布団干し。お願いすればやってくれるけど、自分からはやってくれない」(49歳/その他)

「布団干しとシーツの張替え。かなりの重労働なので、代わりにやってほしい」(59歳/主婦)

第2位は「洗濯、布団干し」。特に今の時期は着込んでいるので洗濯物も多く、布団は一人で何枚もかけているので家族分干すとなると重労働ですよね。

また「私は几帳面でないので洗濯物を畳むのをやって欲しい」「ベッドリネンの交換。掛布団をシーツに入れるのが位置の調整もしないといけず大変なので」と力仕事以外にも旦那さんの几帳面さを頼りにしている人も。

第1位「掃除」…36票

「意外と力が必要な風呂掃除」(57歳/主婦)

「お風呂場の天井掃除。身長がないので、出来たらやってもらいたいと思う掃除場所です」(44歳/主婦)

「トイレ掃除。腰痛持ちだから、腰を曲げたくない」(45歳/主婦)

「ガスの五徳を洗う」(48歳/主婦)

「換気扇掃除。背が低いので、高いところの掃除をしてほしい」(38歳/その他)

「窓拭き。台に乗っても自分では届かない」(53歳/主婦)

「エアコン掃除。届かないし、埃いっぱいで大変なので」(35歳/会社経営・役員)

「家の外回りの掃除。いろいろと疲れるから」(51歳/主婦)

「洗車」(36歳/主婦)

第1位は2位までの票とかなりの差をつけて、風呂、台所、トイレなどの「掃除全般」がランクイン。特に水回りは頑固な汚れが多く、重労働に感じる人が多いようです。ここはぜひ旦那さんにひと肌脱いでもらって、頑固な汚れをピカピカにしてもらいたいですね。掃除後のお風呂は格別なはず。

 

いかがでしたか。ここまでざっと見てきただけでも家事って体力勝負! ちょっと手伝ってもらうだけでも心持ちが変わってくるので、夫婦で協力して家事をやっていけたらいいですね。夫婦円満のカギがここにありそう。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載・特集