子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

妻が「夫を尊敬しているところ」4位の優しさ、2位の家事スキルを超えたのは…

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

家庭は個々の“素”が触れ合ったり、ぶつかり合ったりする場所。元は他人だった相手と夫婦になって家庭を築く過程で、“尊敬”の念が生まれるケースもあるかもしれません。

『kufura』編集部は、既婚男性・既婚女性642人にアンケートを実施。「相手の『ここが尊敬できる』と思うこと」と、その理由についてうかがいました。

前回は男性からの回答【夫編】をお届けしましたが、今回は20~50代の既婚女性287人からの回答をランキング形式でお送りします。特に多く寄せられた5つの“尊敬するところ”をご紹介します!

5位:悪口・文句・愚痴を言わない(17人)

夫の“尊敬できる”ところとして、17人から寄せられたのがネガティブなことを言わないという回答です。

「人の悪口を言わない。すごいことだと思う」(40歳・主婦)

「嫌なこともあまり文句を言わずにコツコツするところ」(59歳・主婦)

「どんなときでも、愚痴を言わないところ」(55歳・その他)

「仕事の愚痴や、人の悪口を言わない」(52歳・主婦)

「私のすることに何一つ文句を言わない」(55歳・主婦)

不平不満をこぼさずに、安定した情緒を保つ夫の様子に対して、信頼と尊敬を寄せる声が聞かれました。

4位:他者への優しさ(20人)

「誰に対しても、同じ優しさで接する事ができること。私が落ち込んでいたら全力で笑わせようと頑張ってくれること。寂しい時に気づいて、ずっと側にいてくれること」(26歳・その他)

「誰よりも私のことを考えて行動してくれるところ。気遣いがあるところ。思いやりがあるところ」(28歳・営業・販売)

「他人の子どもにも優しい。基本的に優しい性格なのかなと思える」(57歳・主婦)

「人間的に優しいこと。自分はとにかく冷淡なので、バランスが取れていて良い」(52歳・主婦)

「穏やか。沸点がないのでは」(50歳・営業・販売)

自分だけでなく、“相手のため”“誰かのため”に動くことができ、人を喜ばせることの喜びを知っている夫への敬愛の気持ちがにじむ回答が見受けられました。同様の回答は男性からも聞かれました。

3位:子どもとの向き合い方(22人)

「いつもおおらかな気持ちで家族と接してくれる。子どもへの対応にブレがない」(41歳・主婦)

「休みの日に子どもの相手をしてくれるところ」(47歳・総務・人事・事務)

「子どもに優しいし、育児しててもいつも気遣いができる」(40歳・その他)

「子煩悩で自分よりも相手を思いやる事がずば抜けている。ポジティブでいようとしている。自分はなかなかできないので『すごいなぁ』と思う」(50歳・その他)

女性からの声は“おおらか”“思い切り遊ぶ”というキーワードが目立ちます。

ちなみに、今回のアンケートでは、夫側からも妻の育児する姿勢に敬意を表する声が多く集まっています。男性からの回答は、子どもと長期間向き合い続ける”労力”にスポットを当てた回答が多く見られました。

2位:家事スキル(28人)

「さっと家事とか手伝ってくれる」(32歳・主婦)

「まめに体が動き、家事や料理をよくやってくれる」(48歳・主婦)

「休みの日に、翌週の作り置きおかずを作ってくれる。圧力鍋でおいしいごはんが炊ける。平日少し早く帰れて、私がまだ食事の支度ができていないと、パッと作ってくれる」(35歳・その他)

「家事をなるべくしようと努力してくれている。とくに料理と皿洗い」(34歳・ その他)

「料理もDIYも何でもできる。努力家なところ」(37歳・主婦)

「私がうつになったときからご飯を作ったりいろいろやってくれるところ」(46歳・営業・販売)

夫の家事に対する姿勢をリスペクトする声です。

“家事を手伝う”というのではなく、必要に応じてあらゆる家事を積極的に担う姿勢に対し、パートナーとして尊敬の念や心強さを抱く女性は少なくありませんでした。

1位:仕事への姿勢(53人)

妻が夫に対して「尊敬できる」と感じているところとして、最も多くの回答が集まったのは、仕事に関するものでした。

「仕事が忙しくても、試験の勉強などは手を抜かず、頑張っているところです」(37歳・主婦)

「どんな仕事でも頑張るところ」(51歳・その他)

「仕事の知識、顧客への気配りは他の人にはないものがあると思います」(52歳・主婦)

「仕事ができて、いろんなことを知っているところ」(49歳・主婦)

「午前様で帰ってこようが次の日は必ず自分で目覚ましかけて起きてきて、シャンとして会社に行くこと。会社で嫌なことがあって前の夜に散々悪態ついても、翌朝にはフツーに会社に行ってます。仕事だけは絶対さぼらないところ」(52歳・主婦)

仕事へのモチベーションを維持しているところ、仕事のために知識を蓄えるところ、妥協しないところなど、仕事への真摯な姿勢に対して尊敬の念を抱く女性が多く見受けられました。

【番外編】妻が尊敬する夫のすごいところ

今回のアンケートでは、こんな回答も寄せられました。

「どんな手抜きご飯でも感謝してくれることと、何でもない時間を幸せだと言ってくれること」(35歳・主婦)

「子どもがもう授かれなくても、引きこもり主婦でも一緒にいてくれるところ」(39歳・主婦)

「いい加減もここまでくれば立派」(56歳・主婦)

「一度した約束は破らないこと。どんなに疲れていてもした約束を守るのですごいなと思っています」(44歳・主婦)

「心臓に毛が100本は生えてるんじゃないかと思うぐらいハートが強い」(41歳・その他)

「物知りで何でも知っているところと、スマホや家電を何でも修理してしまうところ、頭が良いのにひけらかさないところです」(53歳・主婦)

「お金キッチリしているので早々に住宅ローンを完済できた」
(49歳・総務・人事・事務)

「活字慣れしている人なので、約款はお任せ出来る」(57歳・主婦)

夫への愛が感じられる回答、ちょっと皮肉めいた回答、夫のスキルに感服している回答など、さまざまなものがありますね。

 

以上、2回にわたって配偶者の尊敬するところをご紹介しました。

男性と女性とで、尊敬するポイントが少しずつ異なっていましたが、共通していたのは誠実さと、相手の心を推し量って手や体を動かす優しさではないでしょうか。なかなか口に出して言う機会はないかもしれませんが、身近で過ごして実感している配偶者の“いいところ”は、折に触れて伝えていきたいですね。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
人気の記事
連載・特集

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表記の場合もあります。

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表記の場合もあります。