子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

なるほど納得! 息子(小1)がお風呂に「ひとりで」入りたい理由【6歳児あるある】

ナイロン100℃の劇団員として、映画やCMなど幅広いフィールドで活躍中の俳優・眼鏡太郎(がん きょうたろう)さんの連載【俳優ときどき会社員。 眼鏡太郎の新米パパ日記 #217】。6歳の子どもをもつパパの日常を、ご本人のイラストとともに紹介しています。

ひとり風呂初体験!

ひとり風呂初体験!

ある日息子が突然、「ボク、今日ひとりでお風呂入るね!」と言い出しました。
初めてのことでちょっとびっくりしましたが、母に見守られながら、ひとり湯船につかる息子は、とても気持ち良さそう。

風呂上がりには、「は〜、ひとりのお風呂はよかったよ〜」と言うので、何が良かったのか聞くと、「だって2人だとゆったり入れないでしょ!」と息子。
まあ、たしかにそうだね……(笑)。

今度、温泉にでも行って、大きなお風呂に親子でゆったりつかりたい父なのでした。

眼鏡太郎
眼鏡太郎

俳優。1児の父。東京学芸大学教育学部美術科卒業。
ケラリーノ・サンドロヴィッチ率いる劇団「ナイロン100°C」に所属。
主な出演映画に『カメラを止めるな!』、『きばいやんせ!私』等。
NHK Eテレ『シャキーン!』『コードな会議』にも出演。

※インスタグラムでデジタル絵本『きーくんのぼうけん』を1日1ページ公開中!@gankyotaro

所属事務所:バウムアンドクーヘン

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載・特集