kufura(クフラ) 仕事も家庭も、私らしく!を叶えるヒント

新国立劇場で名作を!森山開次「サーカス」&バレエ「シンデレラ」【子どもと楽しむ劇場】

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

オペラやバレエ鑑賞というと、大人の趣味というイメージがあるかもしれません。子どもと一緒に楽しみたいけれど、「子どもがまだ小さいし……」「子どもには少し難しいんじゃないか」と二の足を踏んでしまいますよね。

実はダンスやバレエなど、子どもと楽しめる作品もたくさん用意されているんです。

今回は、新国立劇場で実施されている、主に小学生を対象とした公演をご紹介します。あの名作を、子どもと一緒に劇場で体験してみませんか?

森山開次「サーカス」

撮影/鹿摩隆司

2014/2015シーズン初演の「大人も子供も一緒に楽しめるダンス作品」が再登場! 森山開次をはじめ、高い身体能力を持つ個性豊かなダンサーたちが、「♪まっさかサマーカス!」で始まる愉快なテーマソングをはじめ思わず一緒に踊りだしたくなってしまう音楽に合わせて、不思議で美しく楽しい世界を描き出します。まるで本物のサーカス小屋のよう! 子どもも大人も理屈抜きに楽しめる公演です。

【公演情報】

会場:新国立劇場 小劇場

公演期間:2018年5月19日(土)~2018年5月27日(日)

※21日、22日、25日は休演日

予定上演時間:約1時間30分(休憩含む)

【チケット情報】

A席:大人(中学生以上)5,400円/こども(4歳~小学生)2,700円

B席:大人(中学生以上)3,240円/こども(4歳~小学生)1,620円

※4歳未満は入場不可

※託児サービス利用可日あり。詳細は下記よりお問い合わせください

森山開次 「サーカス」 | 新国立劇場 ダンス

こどものためのバレエ劇場「シンデレラ」

撮影/鹿摩隆司

2009年から実施されている「こどものためのバレエ劇場」の中でも、2012年に初めて上演され好評を博した『シンデレラ』が、今年も7月に上演されます。有名な童話を題材にした本作は、約1時間25分(休憩含む)の上演と短めで、子どもでも集中して観ていられる時間。子どもにもわかりやすい構成でありながら、本格的なクラシック・バレエとして、子どもだけでなく大人でも十分見ごたえのある作品で、「バレエ鑑賞デビュー」にもぴったりの演目です。

【公演情報】

会場:新国立劇場 オペラ劇場(オペラパレス)

公演期間:2018年7月21日(土)~2018年7月24日(火)

予定上演時間:約1時間25分(休憩含む)

【チケット情報】

大人(中学生以上)3,240円/こども(4歳から小学6年生)2,160円

※4歳未満は入場不可

※託児サービス利用可。詳細は下記よりお問い合わせください

こどものためのバレエ劇場 シンデレラ | 新国立劇場 バレエ

「サーカス」&「シンデレラ」は、うれしいセット券の販売も。

劇場では子どもの身長に合わせてキッズクッションの貸し出しサービスも利用できます。ひとりではハードルの高かった作品も、子どもと一緒なら楽しめるかもしれませんよ。


撮影/鹿摩隆司

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載