kufura(クフラ) 仕事も家庭も、私らしく!を叶えるヒント

秋肌には正しい洗顔が必要!「肌老化」を招く要注意ポイント5つ

はてなブックマーク facebook Twitter LINE

こんにちは。ひとりひとりの骨格と筋肉に合わせたパーソナルメイクを提案する『MAMEW骨筋メイク(R)公認アドバイザー』の此花さくやです。

すっかり秋めいてきましたね。夏の日焼けによるダメージ、皮脂分泌の低下や空気の乾燥で、肌の荒れ、乾燥や過敏が気になっている方も多いのではないでしょうか。そこで見直したいスキンケアが“洗顔”です。間違った洗顔は、肌にくすみ、吹き出物や乾燥を引き起こして、肌老化を加速させてしまう場合も。今回は、秋の肌トラブルを回避するために気を付けたい“洗顔のNGポイント5つ”についてお話したいと思います。

NG1:肌質にあったクレンジング剤や洗顔剤を使っていない

クレンジングはメイクを洗い流すためのものなので、多くの場合メイクの油分を浮き上がらせるための油分と、油分と水分を混ぜ合わせる界面活性剤が配合されています。クレンジング剤には主に5つのタイプがあり、クレンジング力や肌への刺激がそれぞれ異なっています。だからこそ、肌質にあったクレンジング剤を選ぶのが大切なんです。

クレンジング剤5つのタイプ

  1. ミルク・・・刺激が弱いので、敏感肌やニキビ肌に。
  2. クリーム・・・乾燥肌に。しっとりとした洗い上がり。
  3. ジェル・・・敏感肌やオイリー肌に。さっぱりとした洗い上がり。
  4. オイル・・・乾燥肌や濃いメイクに。クレンジング力は高め。
  5. 水クレンジング・・・オールタイプの肌に。クレンジング、洗顔、化粧水の効果を一度に行うふき取りタイプ。

洗顔剤5つのタイプ

クレンジング剤とは違い、洗顔の役目は皮脂、汗、ホコリなどの汚れを洗い流すことなので、洗顔を怠ると、くすみが発生してメイクのノリが悪化しがち。ただし、洗いすぎると肌に必要な皮脂と角質までなくなってしまいます。朝夜それぞれ1回ずつの洗顔で十分。すすぎ残しもニキビやくすみを引き起こすので注意しましょう。

  1. パウダー(酵素入り)・・・普通肌、オイリー肌に。酵素は肌の垢を落とすのでさっぱりとした洗い上がり。
  2. 固形石鹸・・・オールタイプの肌に。洗浄力が優れていながら肌にやさしいので、特に敏感肌におすすめ。
  3. 洗顔フォーム・・・乾燥肌に。油分の分解力が高いのでしっとりとした洗い上がり。
  4. 泡・・・肌に刺激が残りやすいので、敏感肌にはおすすめしません。
  5. スクラブ入り・・・刺激が強いのでニキビ肌や敏感肌にはおすすめしません。

NG2:ゴシゴシと肌を洗う

クレンジングの際にやりがちなのが、指で肌をゴシゴシと摩擦してしまうこと。クレンジング剤は、額、ほほ、鼻、鼻下、あごにまず置きます。そして、顔の中心から外側に円を描くようにのばします。鼻筋は額から鼻先までローリングしながら手早くなじませますが、力を入れてゴシゴシとしないように。指をすべらせるようなイメージでやさしくなじませましょう。

NG3:眉間とOゾーンの洗い残し

洗顔をするときに、眉間とOゾーン(口の周り)の洗い残しには十分気をつけましょう。眉間は皮脂がたまりやすいので肌がゴワつき、Oゾーンは吹き出物ができやすくなってしまいます。

眉間を洗うときは、中指と薬指を左右にすべらせて額と眉間を洗います。

口角と船底ライン(下唇の中央部分)は汚れやすいパーツなので、意識してしっかりと洗いましょう。

NG4:額の生え際のすすぎ残し

すすぐときは、冷たい水をやや強めに当てて、両手で泡を包み込むように洗い流します。特に、額の生え際はすすぎ残しが多く、ニキビやくすみの原因につながります。冷水を使う理由は、血行促進のためです。冷水をかけたときに血管が一気に収縮し、「血行をよくしよう」と体が働きかけて(寒冷血管の反射)、血行が改善されるといわれています。

時間があるときは、温かいお湯と冷たい水を交互にかければ、より血行をよくすることができますよ。

NG5:ゴシゴシとタオルでふく

洗顔後は肌の水分をタオルで吸い取るように、タオルを肌にやさしくプレスしていきます。ゴシゴシとタオルで顔をふくと、色素沈着や肌荒れを起こすことがあります。吹き出物やニキビで肌が敏感なときは、柔らかなペーパータオルでそっと顔を抑えるのもよいでしょう。

次に、筆者がおすすめのクレンジング剤や洗顔材をご案内します。

美容ライターおすすめクレンジング剤&洗顔剤

1:メイベリン ニューヨーク「ミセラー ウォーター」

オイルフリー、アルコールフリー、無香料でさらさらとした水クレンジング。コットンに浸してふき取るだけで、クレンジング、洗顔、保湿を叶えます。オイルフリーなので、マツエク派の人でもアイメイクが落とせるので、重宝しますよ。アルコールや香料が配合されていないから、敏感肌にも◎。プチプラなのに本当に優秀なクレンジング剤です!(税抜1,000円)

2:MAMEWディープシーソープ

完全無添加の石鹸。特殊製法で固く作られているため、浴室に置いても普通の石けんよりは溶けにくくなっています。泡立ちクロスにくるんでおけば石鹸カスもあまり出ず、へたらないので、80gの石鹸なら半年ほど使えます。キメの細かい泡立ちがやわらかく、泡がたくさんつくれるので、筆者は全身に使っています!(税込3,240円)

秋は肌がデリケートになる時期。肌にとって過酷な冬が到来する前に、正しい洗顔で肌の元気を取り戻しましょう!

はてなブックマーク facebook Twitter LINE