子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

ぷるっぷるの潤い肌が育つ「米肌」シリーズのトライアルセットが、なんともお得なサイズで嬉しい効果!

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

電車内やオフィス内にエアコンが使われ始め、乾燥をケアするコスメの広告をあちこちで目にするようになりました。毛穴やシワが気になる絶妙のタイミングで……。

毎年少しずつ増えていくシミやたるみ。そのスピードに負けつつある肌。一番効くものを見つけてなんとかしたい!

そう思って新しいコスメの謳い文句を熟読するも、どれがいいのか今一つわからない。
そこで今回は「肌を改善する効果がある」と謳っている「米肌〜マイハダ〜」の14日トライアルを試してみました。結果……これ、乾燥する大人肌にはカナリおすすめです!

新美容成分があふれる今、なぜお米?

新しいコスメが発表されるたびに登場するのが、新しい美容成分。アフリカとかはるか遠い国の限られた地域でしか採れないとか、珍しい植物のエキスを新製法で抽出したものなど……。

新発見と聞くとたしかに効きそうな気もする。でもそんな遠くの土地の未知の成分、果たして自分の肌に効くんだろうか?というぼんやりした疑問もありました。

しかしこの米肌の主成分は、お米です。新成分の名前もお米そのままの“ライスパワーNo.11”。いつも食べているお米に、そんな新しい効果があるの……? 肌に付ける成分としては安心だけど、なぜお米なんでしょう?

お米の「ある成分」にしかなかった肌の「水分保持機能」

「セラミド」といえば、クフラ世代の方なら誰しも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。セラミドとは肌が潤いを保つために欠かせない成分。そして年齢とともに肌の中の含有量が減っていってしまうものでもあります。
このセラミドを「補う」コスメは、すでにたくさんあります。でも今までのセラミド配合のコスメは、コスメで補わなくなった時点で肌のセラミドは減っていき、肌の潤いはまた失われてしまう……というものでした。

でもこの米肌に含まれたお米由来の有効成分“ライスパワーNo.11”は、補うだけでなく、肌自らがセラミドを生み出す力を強くしてくれる成分なんです。

正確にいうと「水分保持機能を改善できる」唯一の成分なのだそう。

そんなすごい力を持つ“ライスパワーNo.11”は、KOSEが約70年かけて研究開発して見つけた新成分。

発見&商品化までに約70年というのもすごいし、お米の隠れたパワーもまたすごい……。

ライスパワーNo.11をはじめとする3つの発酵エキス

女性の肌悩みの上位には、たいてい乾燥、毛穴、たるみがランクインしています。でも毛穴やたるみって、肌が十分潤っていれば、目立ちにくいものですよね。

そういう悩みがある人でも、すごく肌が潤っていて調子がよい日は、毛穴やたるみが気にならないのでは。そんな日が増えたら、自ずと肌悩みも減っていきます。米肌はそんな潤いがある日を増やす、肌のパワーが改善するコスメ。メイン成分となるのは、どれも「発酵」エキスです。

ライスパワーNo.11

発酵したお米を超低分子化して作られた有効成分セラミドを生み出し、肌の水分保持機能を改善してくれる、米肌にしか配合されていない成分。「自活保湿」という発想から生まれ、肌に高い保湿力と持続力を与えます。

大豆発酵エキス

ライスパワーNo.11 がよりしっかり浸透するよう、アミノ酸のネット構造をつくり、肌の表面を保護する成分。

ビフィズス菌発酵エキス

肌が受け取った水分を蓄えるのをサポート。NMF(天然保湿因子)役割を果たす成分です。

この3つの発酵エキスに加えて、米肌には保水性に優れたグリコシルトレハロース、ビフィズス菌発酵エキスと同じくNMF(天然保湿因子)役割を果たす乳酸Na、乾燥から肌を守るグリセリンも配合されています。
 

さて、「米肌 14日間潤い体感セット」を試してみる

箱を開けると14日分というだけあって、ソープもボトルもなかなかの大きさです。サンプルとかお試しサイズをいただくのはありがたいし、現品を買う前に試せるのはとてもよい。

……のですが、正直パウチのサンプルでは、購入の決め手にはなりにくい、とも思うんですよね。美容液などのスペシャルケアならまだしも、化粧水など朝晩使うものは、やはり一週間以上は試してみたい。

肌の生まれ変わるサイクルは約28日と言われているので、米肌のように14日分試せると、自分の肌に合うか否かの判断は正確に出せそうです。なので、この14日分というボリュームは、必要十分な量だと思いました。

セットはソープ、化粧水、美容液、クリームプラスマスクが一枚

ボックスを開けると、アイテムが4つ入っています。

肌潤石鹸

洗顔に使う丸くて白いソープは、表面が少しボコボコしています。なんで?と思ったら注意書きのメモが。
「 植物性100%の高純度な洗浄成分を配合しているため、それが乾燥により結晶化し、表面に浮き出たものでございます 」

なるほど。最近は表面ツルツルな石鹸しか目にしていなかったので、ちょっと違和感がありましたが、理由を聞けば納得です。

しかも使ってみてから気づいたのですが、このボコボコがあることによって、すごく泡だてが楽。

私はなかなかの無精者なので、泡だてネットは買っては使わず、いつの間にか黒カビがついて捨ててしまう……ということが多いので、石鹸はもう手で頑張って泡だてる派です。

どのくらいやれば泡がつくれるかな……と様子を見ながら泡だてましたが、力も時間もかけず、すぐに泡ができました。集めたら少なくなってしまいましたが……。石鹸の表面がボコボコなので、滑らないし泡も作りやすい。

泡のキメは細かくてふわふわ。無香料、無着色、石油系界面活性剤と鉱物油フリーなので洗い上がりもつっぱらず、そこまで落とさなくてよかったのに……というほど落とさないところが、保湿ケアの石鹸らしくてよいです。

しかもこの肌潤石鹸、ブースター効果もあるので、ただ汚れを落とすだけでなく、次に使う化粧水も入りやすくなります。ブースター化粧水がよいのは知っていても、日々のお手入れに1アイテム増やすのは面倒ですよね。

洗うだけでブースターしてくれるのは、毎日のケアとして非常によい……。

肌潤化粧水

次に使うのは肌潤化粧水。こちらも無色で無臭。無香料、無着色、石油系界面活性剤&鉱物油フリーです。肌なじみよく、すっと馴染みます。

ただ、最近の化粧水で肌なじみが悪いものってそんなにない。どれもそこそこになじみますよね。そういうものと比べても、この化粧水は肌へ入っていくのがとてもスムーズに感じました。肌潤石鹸のブースター効果か、はたまた弱酸性だからか。

そしてこの写真、自撮りしているのですが、角度を変えたり、手の位置をちょっと変えて撮り直しているうちに、じわじわと手の中で化粧水が減っていったので、吸収はかなり良いと思います。コットンでつけるのがオススメと、ガイドブックにあったのも納得です。

あと中身とは関係ないのですが、トライアルサイズでこのしっかりしたつくりのボトルはありがたい。小さくて筒状のお試しボトルって、開けにくいし誤って倒ししまうと、どこまでも転がっていくので、いつもニガテなのです。

その点このボトルはとても持ちやすいし、出しやすく立ちやすい。開封した時にはプシュっと空気が漏れた音がして、あーしっかり密閉されていたんだなという安心感もありました。ボトル大事。

肌潤改善エッセンス

米肌ラインの中で唯一医薬部外品扱いになっているエッセンス。これはライスパワーNo.11が高濃度に配合されているからです。肌のセラミドをより増やすために使うアイテムです。

美容液というより、ジェルみたいな軽めのテクスチャーで伸ばしやすい。クリームっぽい美容液より浸透力もあります。どんどん入っていくので、どんどん塗ってしまう……。目安は1円玉大。チューブを二押ししたくらいの量で顔全体になじませられます。

私は最近目尻の笑いジワが、真顔になってもうっすら残るようになったので、目尻に重ねづけしてみます。薬指に少量出してクルクル円を描くようにしてなじませます。エッセンスものって、プッシュ式のものよりこういうチューブ式の方が適量を出しやすくて良い。

……と思ったら現品サイズの肌潤改善エッセンスはプッシュ式でした。チューブ式がいいな……。

このエッセンスをなじませた時点で、かなり肌はふくふくして潤っています。夏場ならここでお手入れ終わっても良いのでは、と思えるような潤い。

肌潤クリーム

しかし化粧水などで肌に入れた水分は、クリームで出てこないようにバリアするのがお約束。
仕上げに肌潤クリームを使います。このクリームも、こっくりというよりはプルプルなテクスチャーです。重くない。

これなら梅雨時や真夏にもきちんと使えそうです。人差し指で軽くすくい、額、両頬、鼻とあごにちょんちょんと置いて、しっかり顔になじませました。

私は最近クリームをサボっていたので、肌はかなりしっとり。30分くらいおいてからメイクしてみましたが、潤いはそのままでファンデーションも乗りやすかったです。

非売品!の肌潤化粧水マスク

おまけに一枚付いていたマスクには、その名の通り肌潤化粧水がたっぷり含まれていて、コットンで入れていくより、さらにガツンと潤います。まぶた部分もあるマスクなのがさらに良い。まぶたまで覆うマスクは、目尻をしっかりパックできるんですよね。

目周りの穴、けっこう大きめのマスクが多いので、肝心なとこに届かないことが多いので……。とにかく乾燥していて辛い!というお急ぎの人にはとても助かるアイテムなのに、非売品とは……?と思ったら、これは続けて購入すると貯まるマイルと交換できるものらしい。

最近のスキンケアコスメは、どのブランドも定期購入に力を入れていますよね。途中でやめてもOKで、定期購入にすれば割引があったり、おまけがあったり。私のように、行かないヨガの月謝がずっと引き落とされているのになかなか解約できないタイプには、定期購入はある意味危ない。特に肌に合わないものの定期購入は避けたい。

ですが、良いとわかったら、ケチらず必要な量を使えて、使い切ったけど買いに行く暇がない!なんてことにもならないので、そういうモノの定期購入は有り。

この米肌はしっかり2週間試して「自分の肌に合っている」と確かめられるので、定期購入にするのはありだし、買っているうちにマスクがもらえるというのは良いですよね。
 

肌潤の効果を実感したのはむしろ翌日

どんなコスメでも、お手入れしてすぐは肌が潤っているのは当たり前。大事なのは米肌を使ったことで、本当に潤いを自活できる肌になっているのかどうかです。

夜にメイクを肌潤石鹸で落とし、肌潤化粧水→肌潤改善エッセンス→肌潤クリームとお手入れした翌日。

……いつもの朝より乾燥していない。しかもそれはクリームが肌に残ってのしっとりではなくて、肌が潤ってしっとりしている感じがある!

しぼみ気味だった肌がふっくらしたので、当然毛穴もあまり目立たない。小じわも浅い。保湿できていたら、毛穴もシワもたるみも出てこない悩みなのだなーと改めて実感しました。

化粧品は、変えた直後に一番肌が変化するので、その後一週間、朝一の肌を確認していますが、相変わらず潤っています。

というか乾燥していない、という方が正しい表現かもしれません。

今の時点では潤いを自活できる……まではいっていないけど、だいぶ潤いを逃がさなくなってきている気がします。

一時的な肌トラブルとかではなく、じわじわと肌の底力が落ちて、ガチの乾燥トラブルにつながりやすいクフラ世代には、米肌はとても合うスキンケアではないかと思います。

潤っておしまいでなく、それを保ち続けてくれるスキンケアがお試しでフルライン揃って1,500円。なので、乾燥に悩んでいる方は、試す価値大いにありだと思います!
 

 
【提供】
コーセープロビジョン株式会社

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
kufura編集者募集
kufura members募集中
連載