子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

【コミック連載 vol.14】キッチンのシンク下に入れてるアレ、ほんとは「要冷蔵」だったの?

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

<今回の片付け・まとめ>

コジマさんが今回お片付けに挑んだのは、キッチンのシンクやガスコンロの下。

ここもかなりカオスな状態……。こうなってしまうのは理由があって、シンク下にもともと作り付けの棚があり、それがジャマになってしまうのです。ここをどう攻略するかが、今回のポイント。

いつものように中身を全部出してみた所に、編集・松田さんからこんな質問が!

「シンクの下に、要冷蔵のもの、入れてないですか?」

え!? と固まるコジマさん。

改めて調べてみると「これって要冷蔵だったの?」というボトルがいくつも発覚、それぞれ指定の表示を見ながら、必要なものは冷蔵庫にしまいつつ仕分けを。

入れるものが決まったら順に収めていくのですが、ここで大きな問題にぶちあたりました。作り付けの棚の高さや幅に阻まれて、思うようにものが入らないのです(涙)。まるで立体パズル!

ウンウン悩みながら、一度はなんとか入れ込んでみたものの、そのあと数日生活してみると「あれはどこに入れたっけ?」とか「あ、これは出しっぱなしにしちゃうなあ」とか、なかなか上手く回っていかない。

そこで編集・松田さんに相談してみると……。

「これだと動線がイマイチかも!」とズバリ指摘されてしまいました。

そうだった! この連載のタイトルは「サステナ片付け」できるかな?だったのだ。

一度片付けて終わりではなく、その状態が持続可能=サステナブル、なことを目指しているのでした。

……ということで、松田さんアドバイスのもと、パズルをやり直し。

前回(【連載13回】キッチン・流し台の棚編)で片付けた、シンク上の棚のものと、入れ替えをしてみることに。たまにしか使わないものはシンク下、割と使う小鍋やフライパンはシンク上の棚にと配置換え。

こうしてみると、洗ってからの動線もスムーズでスッキリ収まりました。

手強かった「作りつけの棚」問題も、なんとか解決!

次回はキッチンシリーズ最終回。「吊り戸棚」の片付けに挑みます!

編集/松田紀子

■連載第15回は2021年5月29日(土)公開予定です!

 


コジマ マユコ

マンガ家。北海道出身の30代。夫と二人暮らし。マンガ好きとして幼少期をすごし、現在はwebを中心に、自分の経験をもとにしたエッセイ漫画・ストーリー漫画を発表しています。受賞歴はコミチ×withnews『学校がしんどい君へ』大賞ほか。コレが記念すべき初連載です!
(twetter:@cotori9

1 2
pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
人気の記事
連載・特集