kufura(クフラ) 仕事も家庭も、私らしく!を叶えるヒント

自由研究にも!大人も楽しく美味しい「1週間で育つスプラウト」を育ててみた

はてなブックマーク facebook Twitter LINE

もう8月。夏休みも1/3が過ぎようとしています。夏休みの宿題といえば「自由研究」だ!ということで、今回はkufura編集部員が「自由研究」として、1週間で育つスプラウトを育てて実食してみました。今から始めてもまだ間に合う! スプラウト観察日記です。

0日目:キット購入

「ベランダで何か育ててみたい! でも、あんまり長くお世話する自信がないし、1週間程度でかんたんに育つものがいいな~」

今回、そんなあまりにも率直な悩みに答えてくれたのはこちらです。

グリーンフィールドプロジェクト 有機 ブロッコリースプラウト栽培キット ブラック 2袋入り|【東急ハンズネットストア】

2回分の種だけでなく、栽培用の容器も一緒になっている優れものです。

仕事帰りに購入して、自宅で開封。さっそく説明書の通りにセットしていきます。下の容器に引いてある線まで水を入れて、上のトレイをセット。

そこにザラザラと種を開けます。種は、ゴマくらいのサイズ。トレイの上に染み出した水にプカプカ浮いてしまいます。本当にこれでいいのかな……?

とりあえずこれで窓辺に置いて、この日は観察終了。こんな感じで本当に芽が出るんだろうか……と若干不安になりつつこの日は就寝です。

1日目:本当に1週間で育つんだろうか……

朝。さっそく覗いてみても、特に変化はありません。相変わらず種がプカプカ浮いているだけです。

夜、帰宅してからもう一度確認してみると……。

あれ? ちょっと大きくなってきたかも……? ゴマぐらいのサイズだった種が、水を吸って膨らんできました。ちょっと割れて芽っぽいものが出てきてるものもあります。水もだいぶ減っています。

「水は毎日換えるべし」とあったので、古い水を捨てて、新しい水に替えて、1日目の観察は終了。

2日目:芽が出た

さて、翌日。どうなっていたかというと……。

相変わらずちょっと浮いていますが、緑色のヒゲのようなものが! さらに夕方には、ニョロニョロっとしたものが増えてきました。

よかったーちゃんと育ってた!

3日目:だいぶ緑に

3日目。トレイの上がだいぶ緑になってきました。

4日目:根っこが……

4日目。根っこが伸びてきました。トレイのほうにはあんまり変化ないなあ、このまま本当に1週間で食べられるほど育つのかなあ、なんて思っていたのですが……!?

5日目:いきなりの急成長

昼頃、そういえばどうしたっけ、と窓際をのぞいてみると……。

えっ!? うそでしょ? 唐突な成長に驚きを隠せません。子どもが初めて立った瞬間を見逃したようなショックさがあります。これはもう普通に野菜。

ニョキニョキ。伸びている部分は食べられそうですが、たくさん食べたいので、もう少し待ってみます。

6日目:太陽を求めて

急成長。すごい伸び率です。お子さんが観察するときは、4日目くらいから、3~4時間おきに様子をみたほうがいいかもしれませんね。

これ、正面から見ると分かりにくいのですが、実はものすごく斜めに伸びていました。

こんな風に、窓の外、光のほうを目掛けて伸びています。けなげですね……。明日で1週間、いよいよ収穫です。

7日目:収穫、そして実食

ついに7日目。本当に1週間で育ったスプラウトです。伸び放題、といったおもむきです。

だいぶ食べごたえのありそうな感じになってきました。さっそく収穫です!

伸びた部分をキッチンバサミで刈り取ります。

葉っぱの裏に、種の殻がついたままのものもあります。ちょっとかわいいですね。

食べられそうな長さのものだけを刈り取りましたが、けっこうな量になりました!

このままでも美味しくいただけそうでしたが、今回はさっと湯通ししてそうめんの具にしてみました。

オクラ、プチトマトと一緒に。

とっても美味しくいただきました。ごちそうさまでした。

 

お世話は1日1回お水を換えただけですが、それでも1週間でこんなに立派に育ってくれました。お水も水道水だし、ただキッチンの窓際に置いておいただけ。ただ……とっても成長が早いので、うっかりすると見逃してしまうかも! 観察日記を書くときは、こまめに様子をみたほうがよさそうです。

毎日お世話をしているとなんだか愛着がわいてきて、日々のちょっとした癒しになってくれそう。みなさんもご自宅のキッチンに、「キッチン農園」を作ってみませんか?

はてなブックマーク facebook Twitter LINE