kufura(クフラ) 仕事も家庭も、私らしく!を叶えるヒント

ハイテクスニーカーだって大人っぽく!最旬6選「大人のスニーカー指南」#2

はてなブックマーク facebook Twitter LINE

プライベートだけでなく、通勤シーンでも欠かせない存在になったスニーカー。でも、スニーカーを履くとどうしてもカジュアルになってしまう、ビジネスコーデからは浮いてしまう……なんてお悩みをお持ちの方もいるのでは。

そこで今回は、この春のスニーカー最旬モデルから、大人でも取り入れやすいアイテムとコーデのポイントをご紹介! 第2回めは感度の高い足元を作るハイテクスニーカー編です。

定番色のブラック〜ネイビーから入門!

ローテクに近い形だから挑戦しやすい

12,000円(税抜)(アディダス/アディダスグループお客様窓口 https://shop.adidas.jp/

フィット感が高く、通気性を高めるトゥのメッシュが足にストレスを与えない、というランニングシューズ『アディゼロ ボストン ブース』の一足。クッション性と反発性を両立するミッドソールで長時間履いても疲れにくいのが◎。

メッシュが軽快感をプラスし、黒ベースで落ち着いた印象ながら明るいグリーンが差し色になっています。

シューレースの位置に注目!

9,900円(税抜)(アディダス/アディダスグループお客様窓口 https://shop.adidas.jp/

黒のメッシュがシックながらスポーティさを醸し出しつつ、メッシュの奥やシューレース先端のオレンジがフレッシュな感じをプラスしています。少し斜めに配置されたシューレースもさりげなく個性を主張。

ボリューミーなソールは快適性を高めると同時に、重心を下げ、スタイルよく見える効果も発揮します。

表情のある素材使いでゴツく見えない

25,000円(税抜)(アディダス オリジナルス/アディダスグループお客様窓口 https://shop.adidas.jp/

アディダスの伝統と最先端の素材をブレンドする『NMD』コレクションからの一足です。アッパーにadidasプライムニットを採用し、まるでソックスのようなミニマルなデザイン。よく見ると表面に柄が入っていて、ニュアンスがあるんです。

衝撃吸収性と反発力のあるミッドソールがテクニカルなルックスを演出しています。

カラフル&ホワイトで少し女っぽさを意識

ナイキ独自のニット素材を使った、今っぽいデザイン

14,000円(税抜)(ナイキ スポーツウェア/ナイキ カスタマーサービス https://m.nike.com/

高強度のファイバーを使用した、ナイキ独自のフライニットを採用したモデル。ハイテクスニーカーでありながらフォルムにゴツさはなく、履きこなしやすいのが特徴。

シューレースやタンの部分はブルーをベースにピンクをミックスしているので、マニッシュ感は控えめ。黒いナイキのアイコン・スウッシュがデザインをビターに引き締めます。

メカっぽい!? 遊び心満載の『ナイキ エア ハラチ シティ』

12,000円(税抜)(ナイキ/ナージー http://www.nergy.jp/

1990年代のランニングシューズをストリート仕様にアレンジした『ナイキ エア ハラチ シティ』の一足。編み上げないシューレースや、サイドとヒールにあしらわれた鮮やかなグリーンのベルト使いが新鮮です。

ベースはネイビーなので意外とコーディネートしやすく、シンプルなスタイリングのポイントにもなりますよ。

異素材MIXでニュアンスを出したオールホワイト

14,000円(税抜)(アディダス/アディダスグループお客様窓口 https://shop.adidas.jp/

反発力のあるミッドソールに、足の形にフィットするアーチサポートシステムを搭載した『ピュアブースト』の一足。軽量で前足部の幅が広めなのでコンフォートな履き心地です。

アッパーはニット、サイドにはレザーを使用し、白1色でもニュアンスがあるデザイン。ハイテクスニーカー初心者でも履きこなしやすいモデルです。

ハイテクスニーカーは、どんなボトムスとコーデする?

スニーカー14,000円(税抜)(アディダス/アディダスグループお客様窓口 https://shop.adidas.jp/)パンツ12,800円(税抜)(エマテイラー/スタイルバー https://stylebar.jp/

ボリュームのあるハイテクスニーカーには、落ち感素材など足元の量感を抑えるボトムスが好相性。ただ、スキニーなどのタイトなシルエットは子どもっぽく見えるので、ややゆとりのあるシルエットを選んで。今年ならタイトスカートでモード感を出すのもオススメ。

 

ハイテクスニーカーはその名の通り機能性抜群。キレイに履きこなせば、行動範囲もグンと広がりそう。ぜひチャレンジしてみてくださいね。


撮影/田中麻以(小学館) スタイリスト/河野素子 モデル/小濱香織

はてなブックマーク facebook Twitter LINE