子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

在宅時間活用!カーテンのオキシ漬けで衝撃の結果が…【kufura編集部日誌】

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

休校や外出自粛によるおうち時間を有効活用するのに、おすすめなのがお掃除! kufura編集部員がカーテンの漬け置き洗いにトライしたリアルレポートです。オキシクリーンのパワーに衝撃! かなり汚い画像がありますので、閲覧にはご注意ください……。

おうち時間が長いこの時期だからこそ、改めて大掃除!

小池百合子東京都知事から外出自粛要請が出た週末。すでに1カ月近く子どもと家にいて、料理をしたり新学期のための準備をしたりしていましたが、もう一緒に何かするネタが尽きた!と思った私は、「そうだ、大掃除をしよう」と思い立ちました。

毎年、年末に「何もこんなに寒い時期にわざわざ」とぶつぶつ言いながら掃除するんだから、家にいる時間が長く陽気もよくなったこの時期は改めての大掃除にはうってつけなのではないだろうかというわけです。

幸い(?)この年末は忙しさにかまけてレンジフードの掃除くらいしかしておらず、見て見ぬふりをしていたお掃除箇所がたくさんあります。

年末見送っていたカーテン、2年ぶりの洗濯

我が家のリビングは3面に窓があり、カーテンもたっぷり。天井高が高いため物置から脚立を出してこなくてはならず、カーテンを外して洗うのはなかなか億劫です(わかってます、言い訳です)。

私より背が高くなった中学生の子どもに手伝ってもらって、今日はとりあえずレースのカーテンのみを3面すべて外します。全体的に、油っぽいというかホコリっぽいというか、手触りがゴワゴワ。色もくすんでグレーがかっています。

特に食卓のすぐ横にある窓は、しょっちゅうお鍋をしたりホットプレートで焼き肉やたこ焼きパーティーをしているため、湯気や煙をたっぷり吸い込んでいそうで気になっていたんです。

しかも洗濯は2年ぶり。サボっていてごめんなさい!

せっかくなので徹底洗濯!「オキシ漬け」にトライ

普段は外したカーテンをそのまま洗濯機に入れてしまうのですが、今回はコストコで大量買いしたオキシクリーンによる漬け置きをしてみることに。

溶かす水の温度が高いほうが効果が出やすいとのことで、浴槽に50℃くらいのお湯をため、オキシクリーンと中性洗剤を合わせて投入(箱の表示をもとに目分量です)。そこに、カーテンを入れた、ら!

 

すでに水が黒い……!

入れた瞬間にふわーっと水が濁ってきます。不穏な空気を感じつつ、ちょっと押し洗いするようにしてなじませてから、温度が下がらないようにお風呂のふたを閉めて、1時間ほど放置しました。※思わず素手でしてしまいましたが、皆さんは手袋をつけてくださいね!

 

1時間後、衝撃の光景が…!

カーテンを動かしたことでホコリがたったのでリビングに掃除機をかけたり、カーテンレールの上のホコリを拭きとったりしているうちに1時間経過。さて、手袋をつけて作業再開です。お風呂のふたを開けた瞬間に嫌な予感がしたのですが、手を入れてザブザブとカーテンをゆすいでみたら!

わああーん(泣)

予想を超える黒さ! あまりの汚さに自分でもドン引きですが、1枚ずつ取り出して軽く絞りながらバケツに移していきます。そのまま洗濯機にポイっといれて、通常通りお洗濯開始。

その間に、お風呂を掃除します……。

窓が明るくなった!すっきり爽快!

洗濯サイクルが終了したら子どもに手伝ってもらってカーテンフックをつけ、そのままレールにかけて乾かします。柔軟剤のいい香りが漂い、幸せ~。写真だとわかりにくいのですが、窓辺が一段階明るくなりました!

今まで窓を開けるたびにあの汚いカーテンを通した風を吸い込んでいたのか……と思うと気分がどんよりしますが、いままで直接洗濯機で洗って、なんとなくきれいになった気がする!と思っていた時よりはっきり成果が見えたため、ものすごく達成感がありました。

次は、大物のカーテン本体にとりかかろうと思います! ほかにも、水を流してのベランダ掃除や家具の裏側の掃除、窓や網戸掃除など、暖かくて人手があるときにやりたいことはたくさん。

外出自粛の期間は思っていたより長引く可能性が出てきました。こんな機会だからこそ家族を巻き込んでおうちケアに力を入れて、より快適な空間作りにトライしてみてはいかがでしょうか。

(3月某日・編集部M)

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
kufura members募集中
連載・特集