子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

リコピンの美白効果でお肌を守る「超簡単ガスパチョ」レシピ

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

お肌の大敵・紫外線は6月が最大といわれています。だからこそ美白に効くリコピンをたっぷり含むトマトを毎日食べたいもの。そこで紹介するのが、成分が凝縮され、生トマトよりも栄養価が高いと言われるトマトジュースにキュウリやたまねぎなどを混ぜるだけの超簡単「ガスパチョ」。血液がサラサラになり、高血圧やむくみ改善にも。ひと晩おいて食べると野菜のうまみが出てさらにおいしくなるという、ズボラ女子に嬉しい効果も。

◎材料(2人分)

トマトジュース(食塩無添加) 300ml
きゅうり 1/2本
たまねぎ 1/8個
ひとつまみ
ピーマン 1/2個
塩、粗びきこしょう 各少量
オリーブオイル 適量

【作り方】
(1)きゅうりとたまねぎはみじん切りにし、ボウルに入れて塩をまぶす。10分ほどおき、出てきた水を絞る。
(2)ピーマンはへたと種を除いてみじん切りにし、(1)と合わせ、冷やしたトマトジュースを加え混ぜる。味をみて、足りなければ塩を加え混ぜる。
(3)器に盛り、オリーブオイルを回しかけ、粗びきこしょうをふる。

[トマトはこんなにエライ]

トマトの赤い色は、カロテノイドの一種、リコピンによるもの。リコピンには、老化や病気の要因になる活性酸素を除去する働きがあり、その抗酸化力はβカロテンの2倍以上、ビタミンEの100倍以上とも言われるほど。リコピンの血中濃度が高いと脳卒中や脳梗塞のリスクが減るという研究結果もあり、悪玉コレステロールを減らして血栓や動脈硬化の予防・改善、がんや糖尿病などの生活習慣病の予防にも役立ちます。また、リコピンには、高い美白効果があり、肌をしなやかに保ちます。

トマトには、体内の余分なナトリウムを体外に排出するカリウムも豊富。高血圧の改善には、塩分を控えることに加え、カリウムをしっかりとることが大切です。カリウムは、トマトを加熱調理するよりも生で食べるほうが効率的に摂取することができます。 一方、リコピンは加熱調理したほうが吸収が高まり、さらにオイルと一緒にとることで消化吸収が格段にアップします。

トマトは、サラダ、炒め物、煮物、スープにと、生食と加熱調理したものをバランスよく食べることで、高い健康効果が期待できます。

■監修■石原新菜
いしはら・にいな 1980年長崎県生まれ。2006年帝京大学医学部卒業。イシハラクリニック副院長。主に漢方医学、自然療法、食事療法により、種々の病気の治療にあたる。​わかりやすい医学解説と、親しみやすい人柄で、講演、テレビ、ラジオ、執筆活動と幅広く活躍。著書は 13万部を超えるベストセラーとなった『病気にならない蒸しショウガ健康法』(アスコム刊)をはじめ、『「体を温める」と子どもは病気にならない』(php研究所刊)、『研修医ニーナの731日』(海竜社刊)等30冊を数え、韓国、香港、台湾、ベトナムでも翻訳され出版されている。日本内科学会会員。日本東洋医学会会員。日本温泉気候物理医学会会員。二児の母。

 

取材・文/沖田恵美 調理・写真/まなナビ編集室

(初出 まななび 

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。

kufura編集者募集
kufura members募集中
連載・特集

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。