子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

夏を元気に過ごす定番おかず「きゅうり、たこ、わかめの酢の物」

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

夏の酢の物は、バテ気味な体を回復させる優秀おかず。きゅうりが体にこもった熱を冷まし、たこに豊富なタウリンが肝機能をアップさせ、わかめが腸内環境を改善。先人の知恵に感服!

◎材料(2人分)

きゅうり 1本
ひとつまみ
ゆでだこの足 60g
わかめ(乾燥) 5g
A だし汁 大さじ2
A 酢 大さじ1
A しょうゆ 小さじ1
A 砂糖 小さじ1/2
しょうがのせん切り 少量

【作り方】
(1)きゅうりはへたを除いて輪切りにし、塩をまぶしてしばらくおき、水気を絞る。
(2)たこはぶつ切りにする。わかめは水に漬けて戻し、水気を絞る。
(3)ボウルにAを合わせ、きゅうり、たこ、わかめをあえ、器に盛ってしょうがのせん切りを飾る。

 

[きゅうりはこんなにエライ]

きゅうりは95%が水分で、栄養素の含有量は少ない野菜です。しかし、熱い地域で収穫される夏が旬の野菜ならではの高い機能性があり、生で食べると体の熱を冷ましたり、むくみ=体内にたまった余分な水分を除く働きが高いのが特徴。夏に失いやすい水分の補給にも役立ちます。

唯一、豊富に含まれるミネラルがカリウム。きゅうり1本に含まれるカリウムは200mgで、1日に必要な摂取推奨量の約10%にあたります。カリウムには、体内の余分なナトリウム=塩分を尿とともに体外に排出する働きがあり、高血圧の予防にも効果を発揮。

きゅうりの青臭い香りのもとになっているのは、ピラジンという成分。血液をサラサラにする効果があり、血栓や動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞の予防に役立ちます。

ただし、きゅうりに含まれる酵素・アスコルビナーゼには酵素には、一緒にとったほかの食材のビタミンCを破壊する働きがあります。アスコルビナーゼは酢によって活性が阻害されるので、きゅうりとほかの野菜を生で一緒に食べる際は、酢を使うのがおすすめです。また、加熱調理することでもアスコルビナーゼの働きが抑えられ、体を冷やす効果も軽減。夏の冷えに悩む人は加熱調理もおすすめです。

 

■監修■石原新菜
いしはら・にいな 1980年長崎県生まれ。2006年帝京大学医学部卒業。イシハラクリニック副院長。主に漢方医学、自然療法、食事療法により、種々の病気の治療にあたる。​わかりやすい医学解説と、親しみやすい人柄で、講演、テレビ、ラジオ、執筆活動と幅広く活躍。著書は 13万部を超えるベストセラーとなった『病気にならない蒸しショウガ健康法』(アスコム刊)をはじめ、『「体を温める」と子どもは病気にならない』(php研究所刊)、『研修医ニーナの731日』(海竜社刊)等30冊を数え、韓国、香港、台湾、ベトナムでも翻訳され出版されている。日本内科学会会員。日本東洋医学会会員。日本温泉気候物理医学会会員。二児の母。

 

取材・文/沖田恵美 調理・写真/まなナビ編集室

(初出 まななび 2017/08/25)

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。

kufura編集者募集
kufura members募集中
連載

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。