kufura(クフラ) 仕事も家庭も、私らしく!を叶えるヒント

本に囲まれてゆっくり過ごす。ブックホテル「箱根本箱」が箱根にオープン!

はてなブックマーク facebook Twitter LINE

書籍流通大手の日本出版販売株式会社と「里山十帖」で知られる株式会社自遊人が、ブックホテルを中心とした複合施設「箱根本箱」を2018年8月に開業。kufura編集部はオープンしたての 「箱根本箱」に見学に伺いました。

本を通じて新しいライフスタイルを知る旅に。

「本離れ」が進むといわれる中、本を通じて新しいライフスタイルを提案し、本の文化を未来につないでいく「本との出会いの空間」を作りたいという思いが込められた「箱根本箱」。

木の自動ドアが開くと、そこには本好きなら一度は憧れるであろう天井までぎっしりの本棚が! 案内をしていただいた、染谷拓郎さん(日本出版販売)によると、館内には約12,000冊の本があり、こちらのラウンジに8,000冊が並んでいるそう。

選書のテーマは「衣・食・住・遊・休・知」。生活にものすごく密着しているというよりは、こんな暮らしがしてみたいと感じられるような「あこがれ」要素がある選書になっているようです。

まだ開業から1週間ということもありますが、宿泊された方は必ず1冊以上本を購入されているようで、ゆったりと様々な本に触れることで、お気に入りの1冊を見つけるられそう。

好きな本を読めるのは嬉しいけれど、新品がいいな……と思った場合にも、在庫があれば注文をして自宅に配送してもらうことが可能だそう! 電車で来ていてたくさん買うのはちょっと、という方にも良いサービスですね。

宿泊した人にだけ楽しめる特別な本箱

「本のある暮らし」を提案するホテルのため、館内には上原ひろみさんや羽田圭介さんなど「本を愛する」著名人や作家の選書による「あの人の本箱」がいたるところに設置されていました。

客室は6タイプ18室。その全室に温泉露天⾵呂と「あの人の本箱」が付き、それぞれ異なるインテリア。「あの人の本箱」はその内容は部屋に泊まった方だけのお楽しみとなっているので、リピートしたくなりそうです。

⼤浴場には乳⽩⾊の硫⻩泉と無⾊透明の美肌の湯、2つの泉質が楽しめます。いずれも源泉かけ流し。

「あの⼈の本箱」企画に参加している著名人(敬称略、50⾳順)

フラワーアーティスト 東信
写真家 ⽯川直樹
作家 ⽯⽥⾐良
作家・クリエイター いとうせいこう
作家 伊藤たかみ
チームラボ代表 猪⼦寿之
ピアニスト 上原ひろみ
イラストレーター ⼤橋歩
作家・アーティスト ⼤宮エリー
メディアアーティスト・ピクシーダストテクノロジーズ株式会社CEO 落合陽⼀
作家 恩⽥陸
料理⼈ 神⽥裕⾏
アーティスト 清川あさみ
スペースコンポーザー ⾕川じゅんじ
建築家 ⽥根剛
歌⼈ 俵万智
作家 辻村深⽉
料理研究家 ⼟井善晴
⼥優 中⾕美紀
彫刻家 名和晃平
森美術館 館⻑ 南條史⽣
作家 ⻄加奈⼦
写真家・映画監督 蜷川実花
料理家 /eatrip 主宰 野村友⾥
作家 ⽻⽥圭介
ブックディレクター 幅允孝
漫画家 ほしよりこ
エッセイスト 松浦弥太郎
作家・演出家・俳優 松尾スズキ
⼩説家・編集者 松家仁之
料理研究家 松⽥美智⼦
国際政治学者 三浦瑠麗
作家 ⼭崎ナオコーラ
俳優 ⼭⽥孝之
作家 ⼭⽥悠介
美術家 横尾忠則
作家 綿⽮りさ

子どもはOK? 気になる宿泊注意点をチェック

染谷さんに子どもの利用を伺った所、

「小さなお子様が元気に走り回ると危険になりうる箇所があるため、原則的に小学校高学年に満たないお子様のご宿泊はご遠慮いただいております。ただしご両親がHPの注意事項を確認いただき“大丈夫”と判断した場合は、2階グリーンビュー・ファミリーにご宿泊いただけます」とのこと。

おとながゆったり過ごす場所のため小さいお子さんには不向きかもしれませんが、大人ののんびり旅行では素敵な思い出がつくれそうです。

気になった方は是非ホームページで詳細を確認してみてください。

箱根本箱(はこねほんばこ)

神奈川県足柄下郡箱根町強羅1320-491

http://hakonemag.com

はてなブックマーク facebook Twitter LINE