子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

困難の中、夫に感謝の声も…「withコロナの2020年」を振り返り、妻が夫に伝えたいことを聞きました

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

今年は、日常生活に大きな変化がもたらされた1年。いっときは“コロナ離婚”という不穏な言葉がニュースでよく聞かれましたが、皆さんの今年の夫婦関係はいかがでしたか? 

『kufura』は、既婚男女632人(男性357人・女性275人)にアンケートを実施。今年1年を振り返って総括してもらった上で、配偶者に今伝えたい思いをうかがいました。

結果は男女別で2回に分けてお届けしています。2回目の今回は、妻からの声をご紹介します。

2020年を振り返ってどうだった?既婚女性の声

アンケートにご協力頂いたのは、20~50代の275人の既婚女性。まず、今年1年を振り返ってどんな1年だったのか総括してもらいました。

■自粛の1年

「自粛の年、失われた1年って感じ」(28歳・営業・販売)

「妊娠中だったので、出産前に買物や外食をしたかったが、コロナだったので外出すらできなくて、がっかりした」(39歳・主婦)

「何をしていたのだろうという1年だった。音楽イベントがなくなり生きる楽しみが大幅に減った」(31歳・コンピュータ関連技術職)

■子どもたちにとっても受難の1年

「子どもが全員卒業の年で、かわいそうなことがたくさん。10万円をどう使うか、時間をどう楽しむか、本当に平時と違う年でした」(54歳・主婦)

「行事もなく子ども達にはかわいそうな1年だった」(46歳・総務・人事・事務)

「ガマンやあきらめの年。子どもが小学校入学・幼稚園入園した年だったが、物足りなさや不満がものすごくある」(36歳・主婦)

■料理を作り続けた

「夫がリモートワークでずっと家にいて、本当にしんどかった!! ご飯作りを考えただけで、じんましんが出そうだった」(51歳・主婦)

「ひたすら家にいて、ひたすらご飯を作り続ける1年だった」(47歳・総務・人事・事務)

■育児負担が増した

「休校になった分、家庭で子どもの学習まで見なければならず、忍耐が必要な1年だった」(34歳・主婦)

「子どもがほとんど家にいまして、ご飯が大変でした」(34歳・主婦)

■マスク生活がつらかった

「つらかった。一番は、夏の期間のマスク着用。私は敏感肌で、肌に一番負担の少ないマスクを求めるべくかなりのタイプを買って試したが、結局どれもだめで、顔がただれたように肌荒れしてしまった」(26歳・その他)

「閉塞感とストレスフルな1年。敏感肌なのでマスク生活がつらい」(41歳・主婦)

■家族以外の人と疎遠になった

「家族以外の友人とは会えないで終わりそうな1年。そのまま疎遠になりそうで寂しい」(58歳・主婦)

「友達と全く食事に行けず、外食は夫としか行けてない」(53歳・主婦)

■家族と仲良く過ごせた

「在宅時間が増えたことで、家族との時間が増えて絆が強まった1年」(45歳・主婦)

「家族の交流をたくさんした年だった。なにをするかいっぱい考えた」(37歳・その他)

「家族で過ごすことが増えて仲がさらに良くなった年。庭や畑など、趣味が深まって楽しかった」(36歳・主婦)

「コロナで仕事はなくなったけど、子どもたちとたくさん遊べたからよかった」(25歳・総務・人事・事務)

■働き方が変わった

「夫婦とも、販売業種のため約2カ月休業で在宅になった。老後までこんな時間があるとは思わなかったが夫婦で工夫して前向きに過ごすことができた1年だった」(37歳・主婦)

「働き方を見直すきっかけになった。夫婦2人の時間を多く過ごせて楽しかった」(35歳・技術職)

ポジティブな回答の割合は男性の3倍!その内容とは?

女性からの回答は、男性と同様に自粛ストレスに関するものが多く見受けられました。

一方で、男性と比べて家族に関する内容、これからの生き方に関する内容が多く見られます。

前回は、男性版の記事をお届けしていますが、男性の場合は仕事面の変化や、収入の低下を嘆いた回答が多く寄せられていました。

また、11.3%の女性からは、「家族との絆が深まった」「働き方を見直せた」など、前向きな回答もありました。こうした前向きな回答は、男性(3.4%)の3倍以上でした。

2020年の年末を迎えるにあたり、夫に伝えたい一言は?

続いて、“withコロナ”の2020年の年末を迎えるにあたり、今、夫に伝えたい一言についてお聞きしました。皆さんから寄せられたメッセージに含まれた言葉で最も多かったのは以下のワードでした。

「来年」「これからも」・・・近未来を見据えた言葉(78人)

「来年は何かに挑戦しよう!」(36歳・主婦)

「来年も、何があっても幸せを感じていこうね」(49歳・その他)

「これからもずっとコロナに気をつけながらも、できる限り楽しく過ごそう」(58歳・主婦)

「これからもたくさん色々な話をしてお互いのよき理解者でいようね」(40歳・総務・人事・事務)

28.4%の女性がこうした前向きなメッセージをつづっています。ちなみに男性の場合は19.3%でした。

「お疲れ様」「ご苦労様」「大変だったね」・・・ねぎらいの言葉(58人)

「今年は大変だったね。来年も感染には充分気をつけて、体を大事に過ごしていきましょう!」(44歳・主婦)

「医療人なので大変苦労していると思うので大変だったけどお疲れ様と言いたい」(50歳・主婦)

「いつもお仕事お疲れ様! できる範囲でまた旅行など行って、リフレッシュしてがんばっていこう!」(35歳・その他)

「リモートでのお仕事ご苦労様でした」(47歳・主婦)

仕事環境が激変しながらも働き続ける夫へのねぎらいの言葉が多く寄せられました。

「ありがとう」「感謝」・・・感謝の言葉(49人)

「コロナの影響が仕事やプライベートにまで及んでストレスの多い中、家族のためにいろいろとがんばってくれてありがとう。来年も家族仲良く楽しく過ごそうね」(33歳・主婦)

「お給料減ったり、仕事にも行けなかったりしたけど、いつもがんばってくれてありがとう」(34歳・主婦)

「コロナに強い業界勤めで助かりました。心から感謝」(50歳・営業・販売)

「大きな病気をせず、仕事や家庭生活がんばってくれてありがとう」(47歳・その他)

家族のために家事や仕事を“がんばる”夫への感謝の声も多く聞かれました。

今こそ夫に伝えたい要望も

今回のアンケートでは、夫へのねぎらいや感謝、来年への望みが多く寄せられた一方で、夫に向けて以下のような要望も聞かれました。

「飲み会には行かないで!」(35歳・主婦)

「もっといろいろやってください。パチンコ行きすぎです」(34歳・主婦)

「せめて子どもの顔だけでも見てあげてください」(42歳・その他)

「通勤が4月上旬からなくなって、私(週に数回出社)よりかなり楽になったのに、家事の分担は変わらずで、がっかりです」(56歳・コンピュータ関連技術職)

「『自分は自分は』と自己主張ばかりせずに、周囲の事も考えて欲しいと思う」(50歳・総務・人事・事務)

もともと不均衡だった家事・育児の負担の差がコロナ禍によって際立ったケース、コロナ対策の姿勢が夫婦で一致しないケース、夫への不満が増幅したケースなど、さまざまなケースがあると推測できます。

 

以上、今回は、既婚女性が振り返る2020年と、夫に向けた一言メッセージをお届けしました。

新型コロナウイルスは、「働く目的は何か」「不要不急とは何か」「夫婦とは何か」と、さまざまな問いを乱暴に投げかけてきます。

家族と緊密に親密に密接に過ごす時間を経て、そうした問いに自分なりの答えを見出だそうとしている女性は少なくないようです。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
人気の記事
連載・特集

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表記の場合もあります。

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表記の場合もあります。