子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

「この人の奥さんでよかったかも…」と気づくきっかけになった「夫への褒め言葉」

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

褒められると気分がいいもの。それは自分に対してだけでなく、いつも隣にいる夫に対しての評価である場合も同様でしょう。自慢の夫と思いつつ、自分から言うことはなかなかできないため、誰かに気付いてもらえるとうれしいものです。

そこで『kufura』では既婚女性233名を対象に、夫がほかの人から褒められて“最高にうれしかった言葉”を伺いました。妻にとって「夫が誇らしい!」と思える褒め言葉とは? さっそく見ていきましょう。

パートナーとしてこれが一番!「優しい」

「優しくて、よく家のことしてくれる旦那さんね」(43歳/主婦)

「本当に優しいね」(41歳/主婦)

「優しいし気が利くね」(37歳/主婦)

「優しい旦那様ね」(56歳/その他)

「ともかく優しいね」(35歳/主婦)

「あなたに対する優しさがあふれているようね」(59歳/主婦)

最も多かった回答が“優しい”でした。毎日平穏に過ごしていられるのは、夫が優しい人だからかもしれない、そんなことを改めて感じさせてくれそうな褒め言葉です。普段は当たり前すぎてなかなか気付くことができないかもしれませんが、優しい夫だと他人から言われることで、今ある幸せをかみしめることができそうです。

もっと見て見て!「格好いい」

「○○さんの旦那さんすごくかっこいいからいいな」(45歳/主婦)

「芸能人みたいにカッコいい!」(26歳/学生・フリーター)

「旦那さん、ジャニーズっぽい」(38歳/その他)

「スタイルがいいから、着こなしがいい」(49歳/主婦)

「顔がよくて家事育児も協力的なうちの旦那さん。それを知った友達から、そんな人中々おらんって言われたこと」(24歳/その他)

夫が「格好いい」なんて言われたら、常に隣をキープできる妻は優越感に浸れそう。結婚するときに、見た目も重視したという人もいることでしょう。

また、年を重ねるにしたがって体型を崩す男性が多いなか、若いときから変わりがないということもポイント。

「スラっとしてかっこいいね」(57歳/その他)

運動をしているなど、本人の自己管理がなっている証拠。一緒にいる妻も努力をしなければなりませんね!

休日は夫に作ってもらっています「料理がうまい」

「料理がプロみたい」(36歳/公務員)

「料理もできるなんていい旦那さんだね」(28歳/営業・販売)

「料理が上手な旦那さんだね」(36歳/主婦)

「料理がおいしかったよ」(32歳/主婦)

料理のできる男性は、ほかの女性から見てポイントが高いもの。毎日の献立に頭を悩ませる妻が多いことから、たまにでも美味しい料理を作ってくれる夫は憧れと言えそうです。夫の料理を褒められると、「やっぱりこの人と結婚してよかった!」と思えることでしょう。

自慢のパパです!「子ども好き」

「子供とたくさん遊んでくれていいお父さんだね」(41歳/主婦)

「いつも子供の相手してて偉いよね」(42歳/その他)

「子供好きで羨ましい」(36歳/公務員)

「子煩悩の旦那さんやね」(32歳/主婦)

「育児に積極的」(30歳/公務員)

夫として褒められるのも嬉しいですが、パパとしての能力を評価されるのも妻としては嬉しいもの。

子どもと積極的に遊ぶパパも、多くのママから支持されています。普段の生活のなかで、子どもとの関わりが多いのはママという家庭が多いですから、パパが休みのときにはママもちょっと休憩したいところ。子どもの面倒を見てくれると、ママもひとときの休息を得ることができます。休みだからと昼まで寝ていたり、ゲームをしていたりするパパと比べると、やはり「うちのパパ最高!」と思えますよね。

今後もわが家は安泰「仕事ができる」

「仕事できるよね。いいな、将来上に行くでしょ」(21歳/学生・フリーター)

「仕事ができる人、頭の良い人、何をやらせてもすごい人」(44歳/主婦)

「旦那さん本部長なんてすごいですね、といわれたこと」(54歳/その他)

「旦那さん、仕事すごいね!」(40歳/その他)

夫の収入や役職から、悪いポジションにはいないということくらいは妻でもわかりますが、実際の職場での様子はわかりづらいもの。職場の人などを通じて、夫の仕事っぷりを評価されると、自分の知らない一面に夫を惚れ直しそうです。さらに将来を保証されたようで、心のなかでニンマリ。

実は自慢の夫なんです「頼りになる」

「壊れたものを直せるところが、頼りになる旦那さんと言われた」(47歳/主婦)

「頼りになる、素敵な旦那さんだね!」(31歳/主婦)

「○○さんは皆の兄貴だね。皆が頼ってるよ」(54歳/主婦)

「頼りがいがあるね」(41歳/主婦)

夫が「頼りになる」と言われると、夫にしかない魅力を一人占めできた気分になれそう。「実はこんな特技がある」「実はみんなから慕われている」など、ひけらかすわけでもないのに評価されるところがポイントかもしれません。妻としては意識していなかったことなのに、第三者から褒められると、夫の新たな側面を見た気になれます。

率直に「うらやましい」がうれしい!その他の回答

「気の付く旦那さんで、うらやましい」 (50歳/主婦)

「専業主婦でいさせてくれる旦那さんなんてうらやましいわ」(44歳/主婦)

「なんでもかってくれるのいいなあ」(51歳/主婦)

「いいな~○○くんが旦那さんで」(31歳/主婦)

「家事が上手な旦那さんで、羨ましい」(59歳/主婦)

「愛妻家の旦那さんでうらやましい」(39歳/その他)

内容がどうであっても、人から「うらやましい」と言われるのは悪い気はしませんよね。「いえいえ、そんな……」と謙遜しつつも、心のなかではガッツポーズ。パートナー選びはやはり大切です。

 

夫の良さをあらためて第3者に評価されると、妻としては誇らしい気分になれます。または、妻の立場からは見えなかった夫の良さを、他人を通して初めて発見したということもあるかもしれません。

いずれにせよ、夫へのいい評価は自分の気分もあげてくれます。これからも素敵な夫でいてもらえるよう、妻としても上手にサポートしていきましょう!

 

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
kufura members募集中
連載・特集
人気の記事