子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

【5歳児あるある】息子の一喝にドキっ! 父が思わずハッとした言葉とは?

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

ナイロン100℃の劇団員として、映画やCMなど幅広いフィールドで活躍中の俳優・眼鏡太郎(がん きょうたろう)さんの連載【俳優ときどき会社員。 眼鏡太郎の新米パパ日記 #165】。5歳の子どもをもつパパの日常を、ご本人のイラストとともに紹介しています。

息子の一喝

ピアノを習い始めた息子。テキストの曲をすらすらと弾く息子を、楽器ができない父は、ただただ感心してながめています。
この日も「すごいなあ。お父さんもピアノが弾けたらなあ」と思いながら見ていると息子が、「おとうさんもひいてみなよ」と誘ってくれました。

「え〜、お父さんは、できないからいいよ〜」としりごみしていると、「やってみないとわからないでしょ!」と息子。
息子の一喝で、ハッとした父。息子に教わりながらやってみたら何とかできました(笑)。
確かに、やる前からあきらめていたら、何もできないよね。

何事にもあきらめずに挑戦する姿を、息子に見せてあげたいと思う父なのでした。

眼 鏡太郎 (がん きょうたろう)

俳優。1児の父。東京学芸大学教育学部美術科卒業。
ケラリーノ・サンドロヴィッチ率いる劇団「ナイロン100℃」に所属。

主な出演映画に『カメラを止めるな!』、『きばいやんせ!私』、NHK Eテレ『シャキーン!』『コードな会議』などがある。

インスタグラム:@gankyotaro

所属事務所:バウムアンドクーヘン

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載・特集