子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

【3COINS】の「and us ホットアイラッシュカーラー」なら横顔に自信がもてる!自然なカーブで大人メイクにぴったり

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

300円台を中心とする雑貨が揃う『3COINS(スリーコインズ)』から、「and us(アンドアス)」というコスメ&美容家電ブランドが2021年7月にデビューしているのをご存知ですか? 古い角質を落とす「ウォーターピーラー」や音波振動ヘアブラシ「リセットブラシ」などかなり攻めたアイテムがあるそう。

このたび、「and us」初お試しということで、まずは手に取りやすい「ホットアイラッシュカーラー」をピックアップしました。なぜホットビューラーを手に取ってみたのか、実際に使ってみて感じた使い心地などをご紹介していきます。

3COINS「ホットアイラッシュカーラー」の仕様

null
【and us】ホットアイラッシュカーラー1,100円(税込)/3COINS
別売りの単4型アルカリ乾電池1本が必要

『3COINS』のコスメ&美容家電ブランド「and us」は、全体を通して薄いグレーのデザインが特徴です。無機質でインテリアの邪魔をしないシンプルさは魅力のひとつですよね。

今回取りあげる「and usホットアイラッシュカーラー」は1,100円(税込)で販売されています。筆者は店舗で購入したのですが、オンラインストアでは在庫切れなことも多く、人気の様子。事前に電話で在庫確認をしてから店舗に行くといいですよ。

そもそも、ホットアイラッシュカーラー(ホットビューラー)とは、熱の力でまつげをしっかり上げてクセづけ、カールを長くキープしてくれるアイメイクのお助けアイテム。

ビューラーのようにまつげを挟んで根元から上げるカーラータイプと、マスカラのような形状で、まつげにヒーターを当ててカールさせるスティックタイプがあります。

この「and usホットアイラッシュカーラー」は電池式のスティックタイプ。握りやすい楕円のデザインでペンを持つように使いやすく、見た目もつるんとした質感で高級感があります。

電池の入れ方(交換方法)

使うには、別売りの単4型アルカリ乾電池1本が必要です。本体下部をスライドすると電池を入れるスペースが……! プラス・マイナスの向きに注意して乾電池を入れたら、準備OKです。

約60秒で温まる!「and us ホットアイラッシュカーラー」の使い方

null
二重熱線でしっかり温まるのが特徴
ヘッドの後ろの緑色が黄色に変わったら使う合図です。

温まるのが早い&適温マークつきで分かりやすい!

「and us ホットアイラッシュカーラー」はスイッチをオンにして、ヘッド後ろの緑色マークが黄色に変化したら使う合図。

スイッチをつけてから黄色に変化するまで、ストップウォッチで計測したのですがおよそ60秒! あっという間に温かくなるからすぐ使えるのもメリットに感じました。

熱線が二重になっているため温まりやすく、カールがつきやすいです。

上まつげは持ち上げるように
下まつげは下にとかすイメージで

ダイソーの「ホットビューラー」との使用感の違いも

「and us ホットアイラッシュカーラー」が適温になったところで早速使っていきます。

上まつげは根元からまつげを押し上げて中間くらいでホールドさせると綺麗にカーブがつきました。以前『DAISO(ダイソー)』の「ホットビューラー」を紹介しましたが、ダイソーのものよりも温かくカールしやすい!と感じました。これも二重熱線のおかげですね。

下まつげは下に向かってとかすように撫で下ろすと、下向きのまつげに。これによってマスカラがぐんと塗りやすくなりました。

マスカラを塗った後のまつげにも使えるので、束感を出したい時にも使えます。マスカラを塗った後に使う場合は、しっかりマスカラが乾いたのを確認してから使ってくださいね。

気になる仕上がりは…自然なカーブでやりすぎ感なし!

null
くるんと自然なカーブが……!

実際に写真を撮ってみると、まつげを挟むタイプのビューラーよりも自然なカーブなのがよくわかります。ナチュラルでやりすぎない大人メイクにはちょうどいい! 横顔に自信が持てますね。

目元に華やかさが欲しい、バッチリ上げたいという時はダイソーの「電動ホットビューラー」220円(税込)の方がまつげを挟むので上がるのですが、カールがつきすぎるという側面も……。ですから、ナチュラルメイクや抜け感メイクが好きな方には「and us ホットアイラッシュカーラー」がオススメです。

ホットビューラーを家電量販店で購入すると2,000円〜4,000円はするので、二重熱線のホットビューラーで1,000円台はお手頃ですよね。安かろう悪かろうではなく、きちんと1,000円出してその分の品質もあるといったアイテムだなと感じました。

最近筆者は韓国のヘアメイクアップアーティストのYouTube動画を見るのにハマっているのですが、必ずといっていいほどまつげの仕上げに、ライターで炙った竹串でまつげをあげるのです(笑)。

ビューラーであげたまつげがよりセパレートに綺麗になるテクニックなのですが、ホットビューラーで同じことができるなと筆者もマスカラを塗った後に、さらに一手間として使っています。

 

美容家電は新しく買っても使うことに慣れていないと、結局使わなくなってしまいがち。でも、毎日使うものをアップデートすれば使いこなせるという経験から、今回もビューラーからお試ししてみました!

実際、いつも使っているビューラーを「ホットアイラッシュカーラー」に変えるだけですから生活に取り入れやすかったです。

ぜひ皆さんも「and us ホットアイラッシュカーラー」を試してみてくださいね。

プロフィール

緑川緒井
緑川緒井

「やさしいくらし」をモットーにライフスタイル関連の執筆撮影などを行なっています。kufuraではファッション記事を担当。好きなことはお散歩とヨガです。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載・特集