子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

【蟹座1月の運勢】イヴルルド遙華が占う12星座別・2020年1月

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

“フォーチュンアドバイザー”イヴルルド遙華が、12星座別にあなたの今月の運勢を占います。蟹座の2020年1月の運勢は……?

蟹座の1月は・・・視野を広く持って問題解決できそう!パートナーとの会話も大切に

お正月明けに、視点がガラッと変わるような場面がありそうです。

家と子どものことに追われていたり、仕事と家庭の両立に必死になっていたりするなら、もっと高いところから現状を見下ろせるようになるはず。

「こうするしかない」「ほかに選択肢はない」と思っていたことが、実はそうではないと気づくのかもしれません。

仕事は、1月は営業日数が少ないぶん忙しくなりそう。

上司や後輩にお正月気分が抜けない人がいると、その人の分までやることになるとか、ムダな待ち時間があるなど、イライラしてしまうかも。周囲との連携が必要な業務は、「ほう・れん・そう」をマメにして足並みをそろえるようにしましょう。

家の中ではパートナーとの会話を大切に。

お互いに忙しくて朝と寝る前に少し顔を合わせるだけだと、心が離れ離れになってしまいます。他愛ない世間話で構いませんし、むしろ何でもないおしゃべりの積み重ねが夫婦のつながりを深めるはず。前に比べると会話が少なくなっているなら、積極的に言葉を交わすようにしましょう。

口頭での会話をする余裕がなければ、LINEなどをうまく活用して。

また、今月は美容と健康にハマると一気にのめり込みそう。風邪やインフルエンザの予防に専念するのはいいですが、偏った健康オタクになると家族が戸惑ってしまうかも……。

金運は、パートナーの収入状況に変化がないか目を配って。お小遣いでは買えない高額商品を購入している場合、臨時収入や昇給があったのかもしれませんよ。

 

>>他の星座の1月の運勢も見る


イラスト/sino

イヴルルド遙華

前向きなアドバイスが口コミで広がり、モデルやヘアメイク、エディターなどの業界で絶大な支持を得る、いま話題のフォーチュンアドバイザー。西洋占星術、タロットをはじめ、人生の流れを24の節目で区切る「フォーチュンサイクル」など、幅広い占いを独学で研究する。著書に『運命のフォーチュンAmulet』(小学館)、アプリ『イヴルルド遙華のハッピーシェア占い』(iPhone/Android)など。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
kufura members募集中
連載・特集
人気の記事