子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア
北川和子

北川和子

東京外国語大学卒。2009年、育休中に申請した保育園に全て落ち、専業主婦に。その後、中東系企業でパート勤務をしつつライター&翻訳業を開始。「子育てしにくい社会」と言われる今、地域の末端から見える社会のいろんな景色を伝えていきたい。

「北川和子」の記事一覧 286件中、1〜10件を表示

最高に…可愛いor憎らしい?じいじ・ばあば305人に聞いた「孫ラブ&孫イラ」の瞬間

最高に…可愛いor憎らしい?じいじ・ばあば305人に聞いた「孫ラブ&孫イラ」の瞬間

2019.09.20
北川和子

育児はつらくて、楽しい。子どもは愛おしいけど、時々憎たらしい。密な関係は居心地がいいけど、時々息苦しい。このような育児の“表面”と“裏面”は、多くの親が日常的に感じていることだと思います。 孫の顔を見ることを心待ちにしていたシニア世代もまた...

妻が体調不良のとき「育児・家事を担う夫」は何割?「何もやらない」「全部やる」二極化が顕著に…

妻が体調不良のとき「育児・家事を担う夫」は何割?「何もやらない」「全部やる」二極化が顕著に…

2019.09.18
北川和子

「吐き気が止まらなくて。子どものお迎えと買い物お願いできる?」。配偶者からこんな連絡がきたとき、目前に迫った大切なアポイントやこなすべきノルマを差し置いて自宅に駆けつけることは、職場の環境によっては簡単なことではないかもしれません。 ひるが...

熱烈な愛情表現が、今となっては懐かしすぎる…「結婚後に夫が変わったと思うこと」ランキング

熱烈な愛情表現が、今となっては懐かしすぎる…「結婚後に夫が変わったと思うこと」ランキング

2019.09.15
北川和子

結婚してたくさんの時間を共有することで、配偶者の変化を目の当たりにすることがあるのではないでしょうか。それは、相手の“素顔”だったのか、それとも時間が相手を変えたのか、はたまた自分の影響なのか……。答えは結局、夫婦にしかわからないことです。

結婚後に夫が思う「妻が変わったところ」5位子ども優先、3位言葉遣いを超えた1位は…

結婚後に夫が思う「妻が変わったところ」5位子ども優先、3位言葉遣いを超えた1位は…

2019.09.13
北川和子

時の流れは、少しずつ人を変えていきます。皆さんは、間近で見る配偶者の変化を感じたこと、ありますか? 『kufura』編集部は、男性500人、女性439人、合計939人に「配偶者が“変わってしまった”と心の中で思っていること」について聞いてみ...

かわいいけど大変!シニア世代が「孫育て」で負担に感じること…3位「急な預かり」より辛いのは

かわいいけど大変!シニア世代が「孫育て」で負担に感じること…3位「急な預かり」より辛いのは

2019.09.08
北川和子

子育て世代から孫のケアを頼まれるシニア世代にとって、「このくらいまでならサポートできる」「これ以上負担が増えると疲れる」というボーダーラインをわかってもらうのは、親子であっても意外と難しいものです。もしかしたら、親子だからこそ難しい側面もあ...

これがギャングエイジか…「子どもの中間反抗期」どう接してた?253人の母親に聞きました

これがギャングエイジか…「子どもの中間反抗期」どう接してた?253人の母親に聞きました

2019.09.07
北川和子

子育て中のパパ・ママが自身の思春期を振り返ってみると、反抗期を通過した経験を持つ方は多いかもしれません。近年ではさらに、本格的な反抗期に突入する前の“中間反抗期”や“ギャングエイジ”という言葉が教育現場で聞かれるようになってきました。

挨拶の仕方を変えるだけで、私も相手も気持ちがいい!【「なんだか品がいい」と言われる女性のビジネスマナー#2】

挨拶の仕方を変えるだけで、私も相手も気持ちがいい!【「なんだか品がいい」と言われる女性のビジネスマナー#2】

2019.09.06
北川和子

会社に入ったばかりの頃には元気に挨拶をしていたのに、家庭と仕事の両立で忙しくなって、始業時はすでにクタクタ……。そんなとき、忘れがちなのが笑顔での挨拶ではないでしょうか。「挨拶は心を開くカギ」。こう語るのは、ライフスタイリストとして多方面で...

1 2 3
kufura編集者募集
kufura members募集中
連載
人気の記事