子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

夏の麦茶作りはエンドレス…「煮出すvs水出しvs市販」多数派は?みんなのコツを聞きました

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

水分補給の回数が増える夏。どこでも手頃な価格で買える麦茶は、夏の飲み物の定番ですよね。

『kufura』編集部が子どもがいる129人の女性にアンケートをとったところ、夏季には85.2%の回答者が冷蔵庫の中に麦茶を常備していました。

今回は、夏の麦茶事情について掘り下げてみました。皆さんの回答から、各家庭のこだわりが見えてきます。

麦茶の用意「水出し」「煮だし」「市販」の割合は?

麦茶を常備している110人に抽出方法や調達方法を質問したところ、以下のような結果になっています。


夏は麦茶を煮出して冷蔵庫で冷やしたものを常備している・・・44.6%

夏は麦茶を水出しして冷蔵庫で冷やしたものを常備している・・・42.7%

夏は市販の麦茶を冷蔵庫に常備している・・・12.7%

“水出し派”と“煮だし派”が多数派となっています。

続いて、3つのグループにその方法を選んだ理由や、うまく運用するコツについてうかがいました。

麦茶を「煮出す」理由は?作るサイクルは?

まず、麦茶を熱湯で煮出しているグループの声です。

「私が水道水をそのまま水出しするのが苦手なので、一度沸騰させたお湯を注いで麦茶を作って、冷めたら冷蔵庫へ。私は職場に、娘は幼稚園に持っていくので、普段から3つのピッチャーを使って、順番に冷やし、常に冷たい麦茶があるようにしています」(37歳・パート・アルバイト/子・4歳・17歳)

「本当はペットボトル麦茶を購入したいが、あまりにも値段が高いので煮出しして粗熱をとって冷蔵庫で保管している。なくなったらすぐに次を作ることを繰り返して絶やさないようにしている」(31歳・専業主婦/子・1歳・4歳)

「子どもがすぐに飲めるようにと、水道水が浄水器などついてないため一度沸騰させてから作っている」(29歳・研究・開発・技術者/子・ 0歳・2歳)

「煮出すと冷ます時間がかかるので少量のお湯で数分煮出してから水をいれて水出しにしている。無くなってもすぐ作れてすぐ冷蔵庫に入れられて便利。煮出しのときには真夏には麦茶の冷たいのがない!まだ熱い!ということが多々あったがこの方法にしてからそれが無くなった」(38歳・公務員/子・1歳・3歳)

煮出しているグループでは、麦茶の風味や安全性を重視している人が多く見られました。多少手間がかかったとしても「煮出したほうがおいしい」と感じている人もいます。

複数の容器を用意して、1本目がなくなる前に煮出す→粗熱を取る→冷蔵庫で冷やす、というサイクルがポピュラーでした。

麦茶を「水出し」する理由は「スピード・手軽さ」が多数

一方、水出ししている家庭では“スピーディに”“大量に”“気軽に”できる点を重視する声が目立ちます。

「我が家は3人家族ですが、夫は毎日500ml、息子は1リットル持っていきます。ものすごい量を消費するので、麦茶のストックは4リットル常にあるようにストックしています」(48歳・総務・人事・事務/子・16歳)

「カフェインレスで身体に優しいため利用。夏はボトルの数を2本に増やしている」(47歳・総務・人事・事務/子・11歳)

「麦茶は体に良く経済的なので、夏は2本で交互に水出ししている。大体日1本飲む感じでちょうど良い」(56歳・総務・人事・事務/子・17歳・19歳以上)

「水出しできる麦茶だとすぐに作れるので、助かります。お水はスーパーで無料で頂ける水を使用しています」(46歳・その他/子・12歳・15歳)

次々に作って、どんどん持参して、自宅でもガブガブ飲む。夏の水出し麦茶づくりがエンドレスに続く家庭は少なくなさそうです。

水出し派では、2本以上の麦茶ポットを交互に使ったり、夜のうちに大量に仕込んでおく家庭が多く見られます。

市販の麦茶を購入する理由は「手軽さ」「安定した濃さ」

続いて、市販の麦茶のペットボトルを購入しているグループの声です。

「健康にもいいし、飲むなら麦茶だと思っている。作るのが大変なので箱で買って飲んでいる」(48歳・公務員/子・3歳・9歳)

「以前は煮だしたものを用意していたが、夫が自家製のものを嫌って自分用にペットボトルの麦茶を買ってくる。手作りのものと市販のものと両方置くスペースがないので市販のものにした」(50歳・主婦/子・14歳・17歳)

「煮出した麦茶にすると、味が濃くなったり、薄くなったりするので、子どもたちが嫌がります。市販の麦茶を常に常備しています」(45歳・専業主婦/子・7歳・17歳)

ペットボトルの麦茶のメリットは、簡単にいつでも同じ味が楽しめる、という点です。

作った麦茶がなくなったときのために、予備としてペットボトルを冷やしている家庭もありました。

麦茶以外の「我が家の定番飲み物」は?

今回のアンケートでは85.2%の家庭で麦茶を常備していましたが、麦茶を常備していない家庭が選んでいるのは、以下のような飲み物でした。

「麦茶はクセがあり家族が嫌がるためミネラルウォーターか緑茶、スポーツドリンクを常備しています」(32歳・専業主婦/子・6歳・9歳)

「ルイボスティーを毎日作って、季節に関係無く冷蔵庫で冷やしている。鉄分がとれたり、体にいいと聞いてから10年近く続けているため、無いと困る」(45歳・主婦/子・13歳)

「緑茶はのどにもいいので、葉を欠かさないようにしています。煮出して冷ましています」(44歳・パート・アルバイト/子・11歳)

「麦茶よりミネラルウォーターの方がみんなが飲むから」(52歳・主婦/子・17歳)

麦茶の香りに苦手意識がある人もいます。その場合、冷水、緑茶、ハーブティー、スポーツドリンクなどの飲み物を常備していました。

夏の常備飲料については「みんなが嫌がらずに飲める」という点も重要になりそうですね。

 

以上、今回は夏の麦茶事情についてお届けしました。

今年は、8月から9月にかけて、厳しい暑さが予想されています。

しばらく冷たい飲み物が喜ばれそうです。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載・特集