子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

思わずキュン!夫からもらってときめいた「ホワイトデーのお返し」は?

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

バレンタインデーに夫へプレゼントを贈った女性の中には、ホワイトデーのお返しを期待している人も多いのでは。結婚前から夫とバレンタインやホワイトデーのやり取りを重ねていたら、それだけ思い出も多いはず。なかでも、これはときめいた!という夫からの“お返し”はなんでしょうか?

そこで『kufura』では、20~50代の既婚女性273人にアンケートを実施。「これまで夫からもらってときめいたホワイトデーのお返し」についてうかがいました。

バレンタインはチョコレートを……というのが一般的ですが、ホワイトデーは比較的自由ですよね。それだけに、さまざまなときめきプレゼントが聞かれましたよ。

「花束」はやっぱりロマンチック!

「花束をくれた事。やっぱり花束は、特別な感じがする」(55歳/その他)

「宅配便で花束が届いた時、映画みたいだと少し舞い上がりました」(57歳/主婦)

「花束とお手紙をもらったことがあります」(30歳/その他)

「ピンクの薔薇の花束。新婚だった頃、小っ恥ずかしそうに渡してくれたのを今でも覚えています」(25歳/主婦)

「小花の可愛らしい花束をもらいました。すごくときめきました」(42歳/主婦)

「サプライズでプリザードフラワーをもらいました。猫を飼っているので普通の花は飾れない事を考慮し、また、自身の好きなカラーの花を選んでくれたのでとても嬉しかった」(29歳/その他)

多くの回答が集まったのが「花束」でした。可憐な花は、とてもロマンチックな贈り物。気恥ずかしくも渡してくれる姿にキュン!とした方もいました。夫が自分にと花を選ぶ姿を想像してみると、なんだか微笑ましくなりますよね。

妻の好みを心得た「スイーツ」

「自分では絶対買わない様な高級チョコレート」(46歳/その他)

「ケーキ。子育てで疲れている時だったので、自分では買わないような豪華なフルーツが乗ったケーキが目にも鮮やかで、心が和んだ」(47歳/主婦)

「ケーキを買って帰ってきたこと。普段しないケーキ選びをして購入した様子を想像して笑みがこぼれる」(59歳/主婦)

「私が好きな地元のケーキ屋さんのケーキ。市販のチョコレートやキャンディーをもらっても嬉しくありませんが、私の好みを考えてくれたんだと伝わったので嬉しかった」(45歳/主婦)

「猫が好きなので猫柄の可愛いケースに入ったお菓子をもらいました」(41歳/主婦)

甘いものを食べるとホッと幸せな気分になりますよね。お気に入りの店のケーキや、可愛らしいパッケージなど、好みに添った一品に気分があがった方は多いよう。ゴディバのチョコやピエール・エルメのマカロンなど、名店スイーツをもらったという方も多くいました。うらやましい!

おいしさ倍増!「手作り料理・スイーツ」

「自宅で豪華コースディナーを作って、仕事が終わる私を待ってくれていたこと」(27歳/営業・販売)

「私の好きなお酒を買ってきてくれて、夕飯を作ってくれたことがとてもうれしかった」(32歳/主婦)

「いちごの手作りアイスがおいしかった」(32歳/主婦)

「美味しいクッキーを作ってくれた」(31歳/その他)

「毎回、手作りでリクエストしたものを作ってくれる」(24歳/総務・人事・事務)

手作りの豪華コースディナーやスイーツをふるまってくれた、との素敵な声も。夫が手間暇かけて作ってくれた食べ物は、味わい深そうです。これが食べたい!とリクエストするのもアリかも!?

美食や非日常のひと時に満足!「外食・旅行」

「ご飯を食べに連れて行ってくれたことです。食事を作る手間が省けて、美味しいものが食べられて最高でした」(48歳/主婦)

「焼肉に連れて行ってくれたこと。料理をしなくて良くて嬉しかった」(34歳/主婦)

「外食にしてくれました。『今日はゆっくりしてください』と言ってくれました」(48歳/主婦)

「家族みんなとの日帰り旅行。運転もせず贅沢三昧させてもらいました」(50歳/主婦)

「これが一番うれしい」という人もいたのが、外食。自分で用意・片付けすることなく美食がいただけて、ダブルでおいしい!との声が多く聞かれました。また、非日常のひと時が過ごせる旅行をプレゼントされた方も。普段の頑張りをこうして労ってくれるのはうれしいですね。

家事や子どもの世話を任せて「休息タイム」

「1日家事や料理をすべてやってくれたので、何もしないゆっくりした日になった」(31歳/主婦)

「家事をやって楽をさせてくれたのがうれしかった」(40歳/主婦)

「子どもの世話を1日ずっとしてくれて、おやつにおいしいスイーツを買ってきてくれました」(37歳/主婦)

夫が家事や育児を担当してくれて、くつろげる時間が取れたという人も。共働きだったり、お子さんがまだ小さく手のかかるうちは、ゆっくりできる時間ほど貴重なものはありません。物をもらうのも嬉しいものですが、こうした心遣いも沁みますね。

女性らしさアップ!「服・アクセサリー・美容アイテム」

「プラチナの指輪。自分では買えないから嬉しかった」(46歳/総務・人事・事務)

「夫と付き合っていた時に時計を買ってくれました。とても可愛い時計だったのですごく嬉しかったです」(38歳/その他)

「欲しかったワンピースを買ってくれてトキめきました」(33歳/学生・フリーター)

「靴を買おうとレジに持って行ったところ『俺が出すよ』とホワイトデーのお返しということで買ってくれました。こちらが値段を気にしなくていいようにレジに持って行ってから言い出してくれた優しさに感動しました」(26歳/営業・販売)

「エステのチケットを買ってくれた。現金ではもったいなくて使えないがチケットならエステでしか使えないので、心置きなく使えた」(37歳/デザイン関係)

「いい香りのハンドクリームをもらった。つけるたび香って癒される」(33歳/主婦)

服やアクセサリーは、女性にとってしびれるギフトのひとつ。値の張るものが多いので、その分、愛情の深さが感じられるのかもしれません。欲しいものをセレクトした後に、「お返しに買うよ」なんて優しさもキュンポイントですね! エステのチケットや、香りのいいハンドクリームなど、リラックス効果のあるものも喜ばれたようです。

妻のツボを押さえたこんな物も!

「好きなジャニーズのDVD」(35歳/主婦)

「その当時リラックマが好きでグッズを集めていたので、まだ持っていなかった商品をいくつか買って貰って、とても嬉しかったです」(47歳/その他)

「大好きなキャラクターの大きな抱き枕を、サプライズで買ってきてくれたこと。恥ずかしかっただろうなぁと思いましたが、本当に嬉しかったです」(38歳/主婦)

「お洒落なお香のプレゼント。お香を焚いてリラックスする時間を2人でも楽しめるのが良かった」(26歳/主婦)

「高い日本酒を、買ってきてくれました」(53歳/主婦)

「腰痛用のマッサージ機です。効き目が良くて重宝しています」(56歳/主婦)

ハマっているものや収集しているグッズ、お酒などの嗜好品、あったら重宝するマッサージ機など、好みのツボを押さえたピンポイントなアイテムが印象に残っているという方もいました。自分の好みに合わせてセレクトしてくれたことが何よりも最高のプレゼントですよね。

 

サプライズや豪華な物ももちろんうれしいですが、やはり好みに寄り添ったプレゼントにときめいた方が多いようです。

今回のアンケートでは、「夫にバレンタインを贈ってもお返しがない……」という方もいました。一方的ではちょっと寂しいかも……。さりげなくおねだりしてみるのもいいかもしれませんね。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
人気の記事
連載・特集