子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

もらって使わなかった「割り箸」みんなは何に使ってる?様々な用途が集まりました

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

スーパーやコンビニ、出前などでもらうことのある割り箸は、使わずに済むことも少なくありません。とはいえ捨てずに取っておいている人も多いようですが、溜め込んでしまった割り箸はその後どうしていますか?
今回『kufura』では女性500名を対象に、もらった割り箸を無駄にしない上手な活用法を調査。普段何気なくもらっている割り箸は、意外にもさまざまな場面で活躍してくれるのです。

隅々まで美しく!「掃除に使う」

「掃除のときに窓のサッシなど指も届かないような細かいところに便利です」(30歳/その他)

「半分に割って片方ににティッシュを輪ゴムで巻き付けて隅っこの掃除に活用します」(56歳/主婦)

「割り箸を取っておいて、隙間やドアの溝の掃除に使う」(33歳/その他)

「ティッシュやクイックルシートを巻いて、細かいところの掃除」(35歳/その他)

「窓の滑車部分などのくぼみの掃除にティッシュなどをつけた割り箸で掃除する」(24歳/営業・販売)

「掃除の道具として使っています。焦げ落としやサッシなどのみぞの掃除。ですが今は貰わないようにしています」(51歳/主婦)

細かいところの掃除をするときに、割り箸が大活躍。割り箸の先にティッシュを巻き付けるだけで掃除用具ができあがるので、手間もお金もかかりません。普段の掃除から大掃除まで、溜め込んだ割り箸で家を隅々まできれいにしましょう。

箸は箸でも…「菜箸として使う」

「卵料理の時に使うと洗わなくていいかららく。普通のはしだとくっついて洗うのが大変だから」(34歳/主婦)

「炒めものや焼き肉を作るときの焦げても良い箸として使っている」(27歳/総務・人事・事務)

「調理で、魚などを扱う時に使います。菜箸として使い捨てられます」(73歳/主婦)

「大皿からの取り分け用に、割りばしを使用したりしています。 今はコロナであまり無いですが、前は誕生日パーティーの際などによく使用していました。汚れたら換えやすいし、普通の箸より小綺麗な気がするので」(38歳/主婦)

「肉類の料理をするときに使って捨てる」(70歳/主婦)

使い捨てができる割り箸は、料理中の菜箸として使うと便利です。捨てることを前提にして使うので、肉のドリップや焦げ付きなどを気にすることなく使用でき、洗う手間を省くこともできます。大皿など他人と食事をシェアする際にも、各お皿の取り分け用に使うとお互い気兼ねなく使えそうです。

万が一の事態を想定して「災害時の備えにする」

「停電断水など非常時のためにためておく」(42歳/主婦)

「震災用バッグに入れる」(36歳/主婦)

「来客や災害の時用に貯めています。古くならないように定期的に使うようにもしています」(44歳/主婦)

「災害用に保管している」(58歳/主婦)

「元から『いらない』と断る。自分以外の人がもらってきた場合は、災害に備えて、持ち出し用リュックにいくつか入れておく」(47歳/主婦)

災害などで水が使えなくなると、使ったお箸を洗うことができません。その点、割り箸なら使い捨てができるため、短期間の備えとして利用できそうです。また、災害で避難所に異動する際にも食事用のお箸が必要。すぐに持ち出せる災害用バッグに入れておけば、安心できますね。

直接触れたくないから…「ゴミを拾う」

「排水溝のゴミ取り用に」(67歳/主婦)

「割りばしで風呂や洗面所のシンクに流れた髪の毛を拾って捨てる」(49歳/主婦)

「手で触りたくないものを捨てる時に使う」(38歳/総務・人事・事務)

「害虫を取るのに使う」(47歳/主婦)

日々の掃除でも、直接手で触りたくないものはあるものです。そんなときの割り箸は、まさに救世主。割り箸でつかんで捨てることができるため、不快な思いをせずに済みます。いつでも手の届く場所に置いておくと、使い勝手がよさそうです。

もはや必需品?「ガーデニングに使う」

「すだれのようにつなげて、鉢植えの下に敷いて水切りに使います」(31歳/デザイン関連)

「園芸用の支柱に使う」(60歳/主婦)

「一回使って、植木鉢の添え木にしている」(72歳/主婦)

「野菜の苗の支えにしています」(64歳/主婦)

「普通に使った後に植木などの庭いじりに使う」(36歳/その他)

「園芸にめちゃくちゃ使うから、不要だと思った事がない。しかし、コンビニも出前も使わないので、無料で入手できずわざわざ買ったのをつかっている」(48歳/総務・人事・事務)

家庭菜園やガーデニングなど、家で植栽を楽しんでいる人にとって、割り箸は重要な役割をもちます。支柱や添え木として使ったり、鉢植えの水切りにしたりと、さまざまな用途に対応。これから土いじりを始めようとしている方は、割り箸を残しておくと有効利用できそうです。

趣味や子どもの授業に「工作に使う」

「絵の具や粘土を使って趣味の作品作り」(23歳/主婦)

「保育現場での廃材工作」(31歳/総務・人事・事務)

「カントリー雑貨を作る時に使っている」(47歳/その他)

「子どもが工作が好きなのでとっておいています」(39歳/主婦)

「子供の工作や理科の実験に持たせている」(48歳/主婦)

割り箸はモノづくりにも役立ちます。子どもの工作の道具にはもちろん、自分自身で何か作るときに使うという人も。割り箸を無駄にすることなく作品の一部としていかせるのは嬉しいですね。

使ったあとは燃やせばゴミが減らせる「バーベキューに使う」

「我が家では毎週末バーベキューをするので、その時用の箸として使っている。使い終わったら燃やしてしまえるので重宝している」(45歳/主婦)

「バーベキューの時やお弁当の時に使う。バーベキューの時は使い終わったら一緒に燃やしている」(41歳/主婦)

「バーベキューをする時の炭の焚き付けに使います。燃えやすいのでありがたいです」(39歳/その他)

割り箸はバーベキューなどアウトドアの際に使っているという人も多かった今回のアンケート。バーベキュー時のお箸として利用しているという声が多数あがりました。本来の用途として使用し、そのあとは燃やしてしまえばゴミが減らせるので、最初から最後まで無駄なく使えています!

 

もらった割り箸をそのまま捨ててしまうのは、罪悪感もつきまといます。もらったけど用途がないものは、日常においてほかにもまだまだありそうです。これを機に上手な活用法を見出していきたいですね。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
人気の記事
連載・特集