子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

おうちで水族館・動物園を楽しもう!おすすめYouTubeアカウント6選

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

休園中の全国の水族館や動物園が、SNSを活用していろいろな情報を発信しています! えさやりの光景や、産まれたばかりの赤ちゃんたちなど、普段は見られない貴重な映像や画像も盛りだくさん。見るほどに実際に行ける日が待ち遠しくなる、親子で楽しむのにおすすめのYouTubeアカウントを厳選しました!

美しい大水槽の眺めやイルカショーが家でも!【水族館編】

各水族館のアカウントでは、ペンギンの赤ちゃんの成長過程や、海の生き物の生態を解説した動画など様々な情報を配信しています。ここでは特色ある3つのYouTubeアカウントをご紹介します。

1:大水槽の映像にうっとり…海洋博公園・沖縄美ら海水族館

【公式】海洋博公園・沖縄美ら海水族館 YouTubeより

美ら海水族館からは、大水槽「黒潮の海」の映像を2時間ひたすらに流すライブ動画などを配信。マンタやジンベエザメがゆったりと泳ぐ画像は癒し効果抜群! テレビなどの大きい画面でただただぼーっと眺めていたくなります。

【公式】海洋博公園・沖縄美ら海水族館 YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCXjkj8-HaOvX7o-fzhOu7Ng

2:無観客イルカショーが話題に!京都水族館

【公式】京都水族館 YouTubeより

GWにTwitterでイルカショーをライブ配信し、好評だった京都水族館。現在はYouTubeにアップされた動画で見ることができます。やる気満々のイルカたちが元気に飛び跳ねる姿にワクワク!

【公式】京都水族館 YouTube
https://www.youtube.com/user/AquariumKyoto

3:ジュゴンのモグモグ風景は貴重!鳥羽水族館

鳥羽水族館 YouTubeより

日本で唯一ジュゴンやアフリカマナティが見られる鳥羽水族館。ジュゴンのセレナのモグモグ動画やセイウチのショーなど、ここでしか見られない楽しい動画がたくさん公開されています。

鳥羽水族館 YouTube
https://www.youtube.com/user/TobasuiChannel

飼育スタッフさんたちのこだわりが光る!【動物園編】

動物たちの元気な動画が多数上がっている各動物園のアカウント。モフモフ好きにはたまらない動画ばかりですが、それ以外にも、飼育スタッフさんが動物の生態についてじっくり語ってくれたり、ちょっと意外な豆知識が得られたりする、個性的なアカウントを3つご紹介します。

1:カバのえさやり動画で話題!長崎バイオパーク

長崎バイオパーク公式 YouTubeより

昨年、カバが丸ごとスイカをバリバリ食べる動画が再生回数1億回を突破して話題になった長崎バイオパークのYouTube。その後もカバの様々な食事風景が追加されています。360°カメラでえさやり体験が味わえる! など、ほかにも気になるコンテンツが多数。

長崎バイオパーク公式 YouTube
https://www.youtube.com/user/biopark

2:飼育スタッフの動物への愛が伝わる!アドベンチャーワールド

アドベンチャーワールド公式チャンネル YouTubeより

日本で最も多くのパンダを飼育している和歌山県のアドベンチャーワールド。ひたすらにかわいいパンダの動画がたくさんアップされているのはもちろん、飼育スタッフによる詳細な解説が魅力の「ミライSmile教室」シリーズも必見。

アドベンチャーワールド公式チャンネル YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCVEmpbL5VzfXsULPFeRsj4Q

3:じっくり学べる動物解説が好評!よこはま動物園ズーラシア

よこはま動物園ズーラシア YouTubeより

動物たちの生態により近い展示方法にこだわりのあるズーラシア。飼育スタッフがそれぞれの動物について教えてくれる「とっておきタイム」シリーズは、生き物の勉強にぴったり。また、実際に園内を歩きながらガイドツアーをしてくれる動画もあります。

よこはま動物園ズーラシア YouTube
https://www.youtube.com/user/zoorasia424/videos

遊びに行ける日までSNSで水族館・動物園を応援しよう!

休園でも毎日生き物たちのお世話をし、情報を発信してくれている水族館や動物園の飼育スタッフの皆さん。動画を再生したり、コメントをするのもそんな方たちの応援につながります。

また、いまじっくり動画を見て予習しておけば、実際に行ったときには何倍も楽しめるはず!

ここではYouTubeのアカウントをご紹介しましたが、Twitterで積極的に情報発信しているところも多いので、ぜひ気になる水族館や動物園のアカウントをチェックしてみてくださいね。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
kufura members募集中
連載・特集
人気の記事